デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.07.21 広島対ヤクルト 公式戦11回戦 苦手小川の前に沈黙
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.07.21 広島対ヤクルト 公式戦11回戦 苦手小川の前に沈黙

2014年7月21日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦11回戦の試合結果

広  島 000 000 020|2
ヤクルト 030 000 00×|3

勝 小川 4勝2敗1S
負 野村 4勝4敗
S バーネット 0勝2敗3S

【本塁打】エルドレッド30号

神宮でのヤクルト戦で後半戦開幕を迎えることになるが、最近の野村の調子からすればとにかく点を取るしか勝利はない。
そういう面では、オールスターで躍動した菊池、丸、エルドレッドを中心に点を積み重ねていきたいところだが、ヤクルト先発は苦手の小川。

骨折明け初戦はKOされたが、調子を整えての2試合目とくれば、決して油断の出来る相手ではない。
立ち上がりは、ボールが真ん中付近に集まり、決して本調子とは思えなかったが、守備陣が小川を助けた。

また、2回に早くも野村が捉り3点を失うが、全体的にヤクルト打線の振りは鋭く、少しでも甘いコースは見逃してくれない。

小川のピッチングも決して万全というわけではなさそうだが、勝負所でのアウトコースへのコントロールが、今日の生命線だった。

8回にリリーフのカーペンターからエルドレッドがストレートを狙い打ってツーランを放ち、1点差まで詰め寄ったものの、やはり小川から無得点というのが大きく響いた。

また、神宮での試合はもつれるというのは、事前の予想通りとはいえ、競った展開に持ち込めたのは、7回から2イニングを何とか無得点で抑えたフィリップスの投球があったからこそ。
しかし、フィリップスは、明日予想先発のバリントンとの入れ替えになるだろから、中継ぎ勝負となった場合の不安は解消されない。
一岡がどの段階で調子を上げてくれるかが、次のポイントになってくる。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター