デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.07.13 広島対中日 公式戦11回戦 投手陣総崩れで逆転負け
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.07.13 広島対中日 公式戦11回戦 投手陣総崩れで逆転負け

2014年7月13日に行われた、広島対中日の公式戦11回戦の試合結果

広島 040 001 100|6
中日 000 223 01×|8

勝 又吉 5勝1敗
負 今村 1勝1敗
S 岩瀬 0勝2敗15S

【本塁打】和田14号

この試合は、2回の先制点の取り方が非常に良く、下位打線で1点を取った後、その1点で終わることなく追加点を奪ういい攻めを見せたように思う。
1番起用の堂林は、自分が出塁してあとの打者に任せるという1番打者像ではなく、自身の一振りで打点を稼ぐというイメージに近い。
2回4点というのは、1番堂林の起用が嵌った。

ただ、中日の後の粘りを感じさせるシーンは、3回裏の攻撃で見て取ることが出来た。

2回で4点という点差で、3回裏の攻撃では、8番谷繁のヒットの後、ピッチャーの濱田には送りバントを指示。
早い回で交代させるでもなく、早い回で1点でも返せば、今日の野村のピッチングなら何とかなると、中日ベンチが感じ取っていたのだろう。
この回の送りバントは点には結びつかなかったが、結局4回に2点を取られ、連続四球となったところで野村をあきらめざるを得なくなった。

こうなると、後の投手リレーが非常に苦しくなる。
フィリップスは1イニング目は抑えたが、2イニング目には和田のツーランで同点に追いつかれると、あとは勝ちパターンの投手の投入が出来ない展開となる。

今村、河内、今井がことごとく捉ってしまい、完全に勢いを持っていかれた。

中盤以降、唯一勝機があったとすれば、6回表に1点を勝ち越した後に、2イニングを前提に中田を投入できていれば、という場面。
しかし中田、ミコライオという2人が勝ちパターンのリリーフなので、1イニング足らない以上、6回を別の投手で、と考えるのは当然と言えば当然。

その起用に応えられなかったが故の逆転負けだろうと思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター