デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.06.28 広島対DeNA 公式戦11回戦 バリントン4試合連続KO
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.06.28 広島対DeNA 公式戦11回戦 バリントン4試合連続KO

2014年6月28日に行われた、広島対DeNAの公式戦11回戦の試合結果

広島  100 002 010|4
DeNA 005 020 00×|7

勝 モスコーソ 4勝5敗
負 バリントン 7勝6敗
S 三上 0勝0敗12S

【本塁打】後藤4号、グリエル3号、筒香9号、田中4号

苦手の交流戦で2勝1敗という成績を残したが、ここ3試合連続KO中のバリントンが先発。
さらにすっかり相性が悪いイメージの定着したデーゲームでの登板とあって、まずはバリントンの投球内容に注目の集まる試合。

また、骨折により一軍登録を外れていた堂林がこの試合から復帰している。
田中が好調のため、即スタメンという状況ではないが、昨日本塁打を放っている岩本と共に、左右の代打の切り札的な選手がベンチにいるのは戦略的に幅が広がる。

一方、DeNAも筒香が復帰し即スタメン起用となっており、昨日よりさらに気を使う打線になっている。
当然、早めに点を取ってカープのペースに持ち込みたいところで、初回の攻撃はノーアウト満塁のチャンスを作るものの、得点はエルドレッドの併殺の間の1点のみ。

この試合では、昨日と違いDeNA側にエラーが出ず、なかなか追加点を奪うことが出来ない。
そして逆にカープ側にエラーが出て1点を返されてしまう。
こうなると歯止めが効かず、一気に崩れるのがバリントン。
連打の締めくくりは、後藤のスリーランで一挙5失点。
ただ、これも先頭打者のモスコーソへの四球がきっかけになっており、原因がエラーだけとも言えない。

前回KOされた試合でも述べたが、白濱とのコンビで突発的に1イニング大量失点というのが続いている訳で、強制的に冷静さを取り戻させる術を、第三者(ベテラン捕手、内野手リーダー)に求める必要はあるだろう。
あとヒット一本少なく終わらせることができれば、試合の流れはまだ分からないという状況にもなるだけに、結果的に大量失点をしないことは、バリントン自身のためにもなる。
一旦ファームで調整するか、もう一試合バッテリーを変更して様子を見るかは分からないが、4試合連続KOという事実は受け止めないといけない。

余談だが、完全な走塁ミスを二度もしてしまったモスコーソが、まったくピッチングに影響する様子を見せないのは、ある意味投手のあるべき姿かもしれない。

さて、3回を終えて1-5と点差は違えど、序盤でひっくり返されたのは、交流戦最終戦と同じ展開。
その試合はロサリオのサヨナラスリーランが飛び出したが、逆転されても早めに追い付くという、ある意味勝つためのセオリー通りの攻撃が出来ていた。

この試合でも逆転を狙うには、当然同じようなパターンが求められる。
ただ、この試合に関しては勝負の分かれ目が早めに訪れ、4回の攻撃でロサリオのゲッツーの後、田中のヒット、木村のサードライナーをグリエルが弾くエラーでもらったチャンスで、勝負手代打岩本が不発となったことで、試合の流れがDeNAに傾く。
さらに4回裏の守備で、小野が送りバントをセカンド悪送球してピンチを広げ、こういうプレーが出た時点で、勝負あり。 その後、DeNAに走塁ミスが出ても、流れは変わらない。

グリエル、筒香に2者連続本塁打を献上し、完全な負けパターンとなり、完敗となった。
田中の攻守にわたる奮闘と、当りは良くなかったがエルドレッドとロサリオに揃ってヒットが出たことがプラス材料。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月18日・・・25%
9月17日・・・25%
9月16日・・・20%
9月21日・・・15%
9月14日・・・5%
9月22日・・・3%
9月13日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月23日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター