デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.06.27 広島対DeNA 公式戦10回戦 前田健ビジターで今季初勝利
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.06.27 広島対DeNA 公式戦10回戦 前田健ビジターで今季初勝利

2014年6月27日に行われた、広島対DeNAの公式戦10回戦の試合結果

広島  001 012 020|6
DeNA 000 000 000|0

勝 前田健 7勝4敗
負 井納 8勝4敗
S -

【本塁打】倉1号、岩本2号

ペナントレース再開初戦の試合で、共に交流戦中にメンバーの入れ替わりや配置転換があった。
カープはロサリオが一軍定着、天谷が主に対右投手用の1番打者として一軍登録。
DeNAはグリエルが対セ・リーグ初顔合わせとなり、山口が先発転向となっている。

前田健の立ち上がりは、ボールの走りはまずまずだったが、コントロールにややバラつきが見られる。
グリエルとの初対決では、スライダーでタイミングを外して三振を奪うが、最後は逆球だった。
そのグリエルのスイングスピードを見る限り、失投は命取りになりかねない。
次回対戦以降も気の抜けない相手となりそう。

一方のカープ打線は、交流戦終盤に見せた攻めとは違い、またもや早打ちに戻っている。
井納のコントロールも決していいとはいえない中での早打ちは、相手が立ち直るきっかけを与えることになる可能性もあったが、DeNA守備陣の自滅に助けられた。

天谷の先制タイムリーも、エラーの直後に飛び出しており(自責点あり)、今日の試合に関しては倉の本塁打以外はエラー絡みの得点ということになる。

もちろんエラーでもらったチャンスをものにできること自体、少なくともチーム状態が悪くないことは伺える。
ただ、ロサリオの犠牲フライはあったものの、クリーンアップで1安打と中軸に当りが出なかった中での6得点は、相手に助けられたという側面も大きいのも事実。

完璧な投球内容ではないながらも、粘って無失点で抑えた前田健の投球や、完封リレーを達成した中田、今村のリリーフ陣。
その中田の無失点をアシストした菊池の守備など、チーム全体として見れば(細かなミスはあったが)隙のない野球は出来た結果なのかなと思う。
一応は投打のかみ合った勝ち方だと思うが、日程の都合上昨日まで交流戦を戦っていたチームとのコンディションの差が出たのかなという試合だったように思う。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月17日・・・30%
9月16日・・・20%
9月18日・・・20%
9月14日・・・10%
9月21日・・・10%
9月13日・・・3%
9月22日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月22日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター