デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014交流戦 > 【カープ情報】2014.06.19 広島対楽天 交流戦4回戦 前田健も復活白星で続く
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.06.19 広島対楽天 交流戦4回戦 前田健も復活白星で続く

2014年6月19日に行われた、広島対楽天の交流戦4回戦の試合結果

楽天 000 001 001|2
広島 002 111 01×|6

勝 前田健 6勝4敗
負 松井裕 0勝4敗
S -

【本塁打】なし

昨日の試合では、勝敗云々以前に、9連敗していたという重苦しさが感じられず、雰囲気は良かった。
その上での勝利だっただけに、この試合も勢いに乗って行きたいところ。

カープのスタメンは昨日と全く同じで、対戦するルーキー松井は、昨日の川井と比べればコントロールに難があるのは間違いない。
昨日は初球攻撃ではなく、粘った攻撃が出来ていただけに、同じような姿勢が出せれば攻略が近付くはず。

その松井対カープ打線は、やはり松井のコントロールの乱れに付け込んで、四球からチャンスを広げていく。
しかし、右打者がアウトコースにボールになるチェンジアップを空振りするケースが目立ち、なかなか点が奪えない。
確かにコントロールは良いとは言えないが、キレのあるストレートと同じ腕の振りでチェンジアップを投げ込むため、攻略に苦労していた。

今日の試合は、前田健が故障明けを感じさせないピッチングで、相手打線を抑え込んでいたために、あまり受け身にならずに済んでいたが、もし相手に先制されて追いかける展開だったとしたら、もっと苦戦していた可能性もある。

とは言え、先制点を許さず、じっくりと攻撃に集中することができたことで、じわじわと松井裕を追い詰め、久々に本塁打なしで先制、中押し、ダメ押しといい攻撃が出来た。

楽天の攻撃を抑えたという表現も正しいが、守備で相手の得点を防いだという表現も正しい。
前田健自身のフィールディングも、広瀬の守備も流石というプレーを見せてくれた。
これこそホームゲームでの守りという感じだった。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター