デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014交流戦 > 【カープ情報】2014.06.15 広島対ロッテ 交流戦4回戦 エルドレッド逆転満塁本塁打で久々のミコライオ締め
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.06.15 広島対ロッテ 交流戦4回戦 エルドレッド逆転満塁本塁打で久々のミコライオ締め

2014年6月15日に行われた、広島対ロッテの交流戦4回戦の試合結果

広 島 101 000 420|8
ロッテ 000 131 000|5

勝 小野 1勝1敗
負 益田 4勝1敗
S ミコライオ 0勝0敗12S

【本塁打】天谷1号、角中3号、エルドレッド21号、中東1号

この試合が始まる前までの1番打者の打率は.240となっており、打順別では8番打者の.184に次ぐ低打率ということになる。(9番打者は投手が多いため除外)
少なくとも、トップバッターがチームに勢いをもたらすことが出来ていないという数字の証明とも言える。

今シーズン1番打者としての出場が多いのは、丸、梵、堂林の3人。
このうち、交流戦19試合中13試合で丸と梵が1番打者としてスタメンで出場しており、丸が打率.190、梵が打率.206と苦しんでいる。
(交流戦中の1番打者の打率.224)

昨日も書いたが、1番打者としての経験を買われてスタメン起用された天谷が、僅かな期間でも1番打者として機能してくれれば、打線の勢い回復に一役買っても不思議はない。

その天谷は先頭打者本塁打で、いきなりバリントンに1点の援護。
今度こそ連敗脱出なるか、まずは幸先のいいスタートを切れた。

ただ、バリントンはコントロールが定まらず、立ち上がりは結果的に抑えはしたものの、1点のリードだけでは心もとない投球内容。
それでも、丁寧なピッチングで最少失点で抑えていくが、5回に三振ゲッツーのタイミングで、セカンド送球を木村が落球。 これでセカンドにランナーが残ったことで、一挙に逆転まで持っていかれた。

この展開は昨日の逆のパターン。
取られてもすぐに追いつくことができれば、まだ試合の流れは分らないのだが、逆転されると「またか」という雰囲気が球場全体を覆ってしまう。

逆に小野が追加点を奪われ、試合の流れは完全にロッテ。

これを覆すのだから、4番の一発の威力に頼らざるを得ないのは、今季のカープの戦い方から切り離すことはできない。
7回に天谷が四球を選び、トップバッターとしての仕事をし、菊池、丸の連打の後、久々のレッドコンボ炸裂。
エルドレッドの逆転グランドスラムで、昨日同様逆転に成功。

このリードを、中田が2イニングをパーフェクトリリーフで流れを引き寄せ、昨日のリベンジを果たす。
打のヒーローがエルドレッドなら、投のヒーローはこの中田だろう。
この間にも、連敗中はなかなか取ることのできなかった追加点を奪うこともできたが、落球を取り戻すべく木村の猛打賞でチャンスをつかみ、白濱が犠打をしっかり決め、攻撃のリズムを作ったことで中東の一発が飛び出した。
交流戦前に見られた終盤の逆転劇が久々に見られた。

そしてリリーフ最後の砦であったミコライオが3人で締め、ようやく連敗脱出。
いい形でホームに戻って、少しでもこれまでの借りを返していきたい。





関連記事
スポンサーサイト
やっと…
おはようございます。
ようやくこれで6月、2勝目…ですね
久しぶりにスポーツニュースを見ました笑

私の中で天谷は今季で解雇、と思っていたので昨日今日の活躍に正直驚いております。
松山のけがで外野の駒が足りないかなと思っていたところだったので良いタイミングで出てきましたね。

中田は怪我をしたと言う情報がありますが、どうなんでしょうかね~

どうあれ勝ってよかったです。
エルドの活躍も大きいですが、ここにきて丸が5出塁してくれたのも勝利に繋がったと思ってます。

では。
[ 2014/06/16 07:32 ] [ 編集 ]
1番打者
おはようございます
天谷の起用は、ファームのチーム事情も絡んでの昇格だったように思います。
今季はほぼ安部と鈴木誠が1番打者として起用されていますが、鈴木誠は堂林骨折時にすでに試して機能せず、安部は内野手。
松山の代わりのポイントゲッターはロサリオが担うとして、では、ファームから外野手の1番打者候補を上げるとなれば、天谷の一択だったのかもしれません。

昨日もエルドレッドは直前までスタメン落ち構想だったと聞きましたし、何をやっても上手くいかない時期を我慢で乗り越えられた、と前向きになってみます。

中田の情報は少ないですが、負傷したとされる左腕も、捕手からの返球を普通に捕球しているので、打撲という感じでしょうか。
何にせよ、中田の疲労を考えると2日間試合がないのも助かるでしょう。

最終カードの日本ハム戦は7連敗中と言うことで、この連敗を止めることを交流戦中の目標としてもらいたいです。

残り4戦の先発予想は、野村、前田健、大瀬良、バリントンかと思いますが、この4人は開幕時の先発4本柱です。
ペナントレース再開に向けて、まずは先発陣が調子を取り戻して欲しいですね。
[ 2014/06/16 08:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日予想
2017年セ・リーグ
優勝決定日予想

9月18日・・・25%
9月17日・・・25%
9月16日・・・20%
9月21日・・・15%
9月14日・・・5%
9月22日・・・3%
9月13日・・・2%
その他・・・5%

2017年8月23日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター