デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【全球団新外国人選手】 > 【2012年全球団新外国人】 > 【巨人】スコット・マシーソン投手の成績
スポンサードリンク

【巨人】スコット・マシーソン投手の成績

巨人が、守護神候補として獲得を目指していたフィリーズのスコット・マシーソン(スコット・マシソン)投手と、ほぼ合意に達した模様だ。

(2010年シーズン終了後、楽天が獲得か?という話もあったみたいです。記事はこちら

スコット・マシーソン投手のこれまでの3Aでの成績だが、2006、2010、2011年の3シーズンしか登録されていない。というのも右ひじの故障により2007~2009年のシーズンは2A以下で過ごしている。

2006年は、3Aで先発投手として登板し、5試合で3勝1敗、防御率3.93とう成績でメジャーに昇格。
メジャーでも2006年シーズンは先発として1勝4敗、防御率7.47という数字を残している。

マシーソン

故障から完全に復活した2010年には、3Aでクローザーに定着。
3勝6敗26セーブ、防御率2.80、WHIP1.13、与四球率3.36、奪三振率11.61とまずまず数字を残した。

この2010年シーズンの成績は、カープの守護神、サファテの来日直前のシーズンの3Aでの成績に匹敵する。
(サファテ:2勝2敗20セーブ、防御率2.73、WHIP1.05、与四球率4.34、奪三振率11.57)

ただし、2011年のシーズンは3Aで再び先発に転向し、クローザーと先発の両方をこなし、2勝2敗5セーブ、防御率3.28、WHIP1.47、与四球率5.47、奪三振率9.07を記録している。

2011年シーズンは、全般的に成績が下がったが、故障後投球回数が最多となったことで、故障の影響が少なくなってきたと見ることは出来るだろう。

クローザー専門としての2010年の3Aでの成績は、素晴らしい数値であったことからクローザーとしての適性は高いものと思われるが、2011年に先発に配置転換し、再度2012年は守護神として配置される予定という起用方法で調整が成功するかどうかが、当面の課題になるだろう。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター