デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014交流戦 > 【カープ情報】2014.06.08 広島対オリックス 交流戦3回戦 中田、一岡の投球を見習うべき
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.06.08 広島対オリックス 交流戦3回戦 中田、一岡の投球を見習うべき

2014年6月8日に行われた、広島対オリックスの交流戦3回戦の試合結果

オリックス 122 012 000|8
広   島 000 001 000|1

勝 ディクソン 6勝4敗
負 バリントン 7勝5敗
S -

【本塁打】ヘルマン4号、糸井8号

エルドレッドが欠場し(家族の体調不良とのこと)、一発に頼る攻撃は端から捨ててかかる必要のある試合。
松山が4番に入る時点で、キラの調子は推して知るべしというのは、考えすぎだろか。

ともあれ、今のカープは守備から崩れていくケースが目につくだけに、打線というよりはまずは守りが気になるところ。
先発のバリントンは、ストライク先行というのはどのチームにも知れ渡っているはずで、オリックス打線もファーストストライクから積極的に振ってきている。
初回はストライクコースからボールになる変化球を多く使い、的を絞らせないピッチングが出来ていたが、ヘルマンにはカウントを悪くして、狙い球を絞られての先制ホームランを浴びる。
2アウトを取って、逆に慎重になり過ぎるというのはよくあるパターン。

本塁打の後も、糸井にヒットを打たれ、盗塁警戒でウエストを要求したボールが逆球になり、盗塁を決められると、坂口にはライト方向へ鋭い当たりを打たれるが、松山がスライディングキャッチで、まずは懸念の守備でいいプレーが見られた。

2回には、1アウトからペーニャ、安達、山崎勝に三連打を浴びるが、いずれも追い込んでからのボールが甘く入ってしまっている。
もったいない攻めという思いはもちろんあるが、まだ試合が崩れるような展開でもない。
ここで粘れるかという状況で、3回に糸井のツーランで、ここで勝負あり。

打線の方も、1、2回はディクソンから粘りの攻めを見せ、あと一本は出なかったが、そこまで調子が良いようにも思えなかった。

ただ、3回で5点差となれば、余裕をもった投球ができるようになり、次第にディクソンが立ち直っていった。

バリントンがKOとなったあとは、左打者が3人続く場面で戸田が登板してくるが、糸井に四球を与えた打席もそうだが、投げ急ぎという感じで、自分のリズムで投球できていない。
これは場数の問題もあるので、経験を積むためにどんどん投げていく必要はあるが、そういう状況ということはチームが苦戦していることになり、このあたりからもチーム状態の悪さが見えてくる。

終盤には、ゲッツーコースの打球を木村が弾くエラーの後、戸田のワイルドピッチで失点という、いつものプレーも見られ、いつになれば落ち着くのだろうと、残念な気持ちにもなった。

今日の一番の見どころは、8回に登板の中田と、9回に登板の一岡のピッチング。
両者とも点差があるからと、決して油断したような投球は見せず、隙を与えないように細心の注意を払っている。
決して結果だけ見て簡単に抑えた、という内容ではなかったことを、他の投手は見ておくべきだと思う。





関連記事
スポンサーサイト
今年最初の谷
こんばんわ。
今季で一番苦しい時期ですね。
ここまでニュースが楽しみじゃない日がないくらいだったのでガッカリです。
まあ今年に限ったことではありませんが、ここまで完全にできないのも良すぎた反動かもしれませんね。

個人的に気になっているのは監督の「調子がいい人を使う」発言と「毎日のオーダー弄り」です。
前者には賛成ですが、後者は選手の刺激の意味がある一方、落ち着いてプレーできない悪い意味もあると思うので反対です。

首脳陣も焦っているでしょうが、チーム一丸で頑張ってほしいものです。

長文失礼しました…
[ 2014/06/09 00:00 ] [ 編集 ]
Re: 今年最初の谷
何をやっても上手くいく時期の後に、何をやっても上手くいかない時期が訪れたという感じが強いです。
キラのファーム降格が決まったようですが、ロサリオはまだ登録期間の条件を満たさないので登録できず、このあたりも上手くいかない象徴のようです。

前向きに考えてみれば、連敗中も早打ちの傾向は変わりませんでした。
打てないからと受身になって、甘いボールを見逃すという状況ではないだけに、打つ方はまた状態が上がってくると思います。

となると、後は守備ということになると思います。
サードでスタメンの梵は、速い打球に対しては左右の動きの悪さが目立ってしまっています。
普段試合に出ていない選手で、守備のセンスが高いのは個人的には上本かなと思っていますので、スタメンかどうかはともかく、菊池上本の二遊間も見てみたい気はします。

交流戦期間中にチーム状態を立て直すのは、現実的には難しいでしょうから、ペナントレース再開時に、どういった方針で戦うのかを明確にしていくのが、まずは立て直しの第一歩になるのではないでしょうか。
[ 2014/06/09 09:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター