デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014交流戦 > 【カープ情報】2014.05.29 広島対ロッテ 交流戦2回戦 エルドレッド2発でエースを援護
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.05.29 広島対ロッテ 交流戦2回戦 エルドレッド2発でエースを援護

2014年5月29日に行われた、広島対ロッテの交流戦2回戦の試合結果

ロッテ 000 010 002|3
広島 310 010 00×|5

勝 前田健 5勝3敗
負 成瀬 4勝5敗
S -

【本塁打】エルドレッド16号、17号、石原2号

カープ先発の前田健は、前回のオリックス戦の金子に続き、この試合は成瀬とのエース対決に臨む。
何度もエース対決で負けるわけにはいかない、という意地の投球に期待したいところ。

それだけの投球を期待しているからこそ、初回のエルドレッドの先制スリーランで勝利を確信できたと言ってもいい。
暴論かも知れないが、これで抑えられないようだとエースとは呼べない。

勝てる展開でしっかり勝つことが重要なので、今日の試合に関しては、前田健の投球内容には触れないでおこうと思う。

この試合で、触れるべきはエルドレッドのアンダーストッキングと一岡の登板について。
前者は冗談だが、後者について。

5対1というセーブのつかない状況で、一岡が9回のマウンドに上がるが、これは中田の投球回数がここ最近嵩んでいることと、永川が昨日リリーフに失敗したことで、4点差とは言えリードしている場面で登板できる投手が一岡しかいなかったため。
さらには、昨日は9回のマウンドに上がる準備をしていたが登板機会がなくなり、明日は移動日ということで点差があっても投げるケース。

ただ、今季初自責点という結果が出てしまうが、これも昨日の永川の投球と同様、年間を通してすべての登板で完全に抑えることは出来ない。
楽な展開で投げられ、このタイミングで失点してしまったのも、今日で良かったと思えばいいのではないか。
次回はしっかり抑えてくれれば何の問題もない。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター