デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014交流戦 > 【カープ情報】2014.05.26 広島対西武 交流戦2回戦 交流戦初の先制攻撃もあり連勝
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.05.26 広島対西武 交流戦2回戦 交流戦初の先制攻撃もあり連勝

2014年5月26日に行われた、広島対西武の交流戦2回戦の試合結果

西武 010 010 000|2
広島 200 003 01×|6

勝 中田 3勝0敗
負 藤原 0勝1敗
S  -

【本塁打】丸7号、田中2号

カープは昨日と全く同じスタメンで臨んできたが、打たせて取るタイプの篠田が先発のこの試合、広い三次きんさいスタジアムで、両翼にロサリオと松山が配置される外野は、非常に不安を感じさせる。
ホームグラウンドであれば慣れもあり、そこまで気にする必要もないのだが、昨日は木村の良い守備も見られての交流戦初勝利だっただけに、拙守で流れを手放すことは避けてほしいところ。

初回はいきなり4連打で2点を先制することに成功したが、ノーアウト1、2塁とさらに点を取るチャンスがありながら後が続かなかったことが、もつれた試合を演出する。

交流戦に入って初めて先制できたことで、主導権を握って試合を進められるかと思いきや、冒頭の不安が現実になり、ロサリオがレフト前ヒットを後逸し、ピンチを拡大し、あっさりと1点を返されてしまう。

西武先発の藤原が立ち直り、カープは守備の乱れもあり徐々に追い上げられてしまうが、篠田は淡々と粘り強く投げ抜いた。
5回途中で2失点、同点でマウンドを降りるが、今季の篠田はこういうピッチングができれば十分責任を果たしていると言える。
試合を作ったのが篠田なら、試合の流れを引き寄せたのは、2番手で登板した中田。
5回2アウトのピンチからマウンドに上がり、2回1/3を無失点という文句なしの投球内容。
今季は、勝ちパターンの試合で2イニングを投げるケースも多く見られるが、非常にありがたい存在。

この中田の投球が、丸の勝ち越しスリーランを呼び込み、試合の流れを決定付けた。

3番手の永川も、怪我明けの前回登板からしっかりと立て直し、こちらも三者凡退で打ち取り、最後は一岡も三者凡退で締めて、西武戦連勝。

中田、永川、一岡で4回1/3を被安打1という安定感は、やはり先制して相手に主導権を握らせないことで活きてくる。 明日は試合がないので、眺めのイニングを投げた中田、連投の一岡はしっかり体調を管理し、次カードのロッテ戦に向かって欲しい。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター