デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014交流戦 > 【カープ情報】2014.05.24 広島対オリックス 交流戦2回戦 守備の乱れ・覇気のなさを解消すべき
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.05.24 広島対オリックス 交流戦2回戦 守備の乱れ・覇気のなさを解消すべき

2014年5月24日に行われた、広島対オリックスの交流戦2回戦の試合結果

広   島 010 000 000|1
オリックス 120 050 00×|8

勝 マエストリ 1勝0敗
負 大瀬良 5勝2敗
S -

【本塁打】T-岡田4号

カープは、ロサリオを前倒しで一軍登録し、即スタメン起用してきたが、この作戦は焦りが見える。
連敗の要因の一つに、守備の綻びがあり、打線の強化よりも守備を締め直す方が先かと思う。
何をやっても上手くいかないときは、選手の起用方法を変えたところで状況は変わらない。

ロサリオ起用自体は本拠地に帰ってからと思われていたので、いずれ試す作戦だったにしても、これまで3試合連続で大瀬良が連敗ストッパーという役割を担ったこともあり、そのまま大瀬良に託すだけでも良かったと思う。

やはりこの試合でも、ツーアウトから四球を与えた後に、キャッチャーのセカンド悪送球の間に三塁まで進まれ、ポテンヒットで1点を先制される悪い流れ。
また2回の失点は、先日から捕手がインコースに構えると、甘く入って痛打さえるケースが多いように感じるが、まさにこのケース。

そして、4回には懸念の守備の乱れが連発し、ロサリオがライト前ヒットの当たりを後逸、キラが菊池からの送球を後ろに逸らし、この回3失点目。
さらにこの後、T-岡田のツーランが飛び出すが、この流れでは大瀬良は責められない。

攻撃面では、オリックス先発の八木が、ほとんどのボールが高めに入っていたように、調子が悪いと見るや、直ぐさまエストリに交代させる作戦は、エースから抑えに直結する投手リレーで初戦を取っているチームならではの継投。
久しぶりに、先制されても早い回に追いつけたが、オリックスの戦い方が上回った。

ソフトバンク、オリックスというパ・リーグのチーム防御率トップツーのチームに、完全とまではいかないが抑え込まれるのは、ある程度予想通り。
ただ、この4連敗中全ての試合において先制され、拙い守備があった。
4試合目には、ついに大量失点での敗戦となり、目を覚ますきっかけにしてもらいたい。

本拠地に戻り、しっかりと守る形を取り戻せないままでは、いい流れも訪れない。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター