デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014交流戦 > 【カープ情報】2014.05.21 広島対ソフトバンク 交流戦2回戦 九里好投も惜敗
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.05.21 広島対ソフトバンク 交流戦2回戦 九里好投も惜敗

2014年5月21日に行われた、広島対ソフトバンクの交流戦2回戦の試合結果

広    島 000 000 010|1
ソフトバンク 000 001 01×|2

勝 岡島 4勝1敗
負 永川 1勝1敗
S サファテ 1勝0敗15S

【本塁打】なし

カープのスタメンには、左腕の帆足に対し、左の木村、松山の名前があり、現在の調子を優先に起用された感じ。
スタメン野手8人中6人が3割超の打率を残しており、3割を切っている小窪にしても.286と見た目の数字は、近年のカープからは考えられないラインアップとなっている。

ただ、機能するかどうかとなれば別の話で、まずは九里がソフトバンク打線に対し、どこまで粘れるかというのがポイントとなる。
その九里は、先頭打者を2イニング連続で四球で歩かせ、初回から3回まで、毎回スコアリングポジションにランナーを進められる。
しかし、今日の九里は、縦のカーブとカットボールが特に有効で、完全に真で捉えられる打球は少なかった。

これだけの安定感のあるピッチングは、初先発初勝利となった中日戦以来に思える。
ソフトバンク打線をここまで危なげなく抑えるシーンは、非常に頼もしい。

ただ、残念ながら帆足の前にランナーが出せない。
特に序盤は、変化球が低め、コーナーぎりぎりに決まっており、あえて左打者を並べた打線が仇になった格好。
昨日との違いは、簡単に凡退しない打席が多く、粘り強く攻める姿勢が見られた点。
中盤にようやく効果が見られ、少しずつ帆足を捉えかけ始めるが、なかなかあと一本が出ない。

お互いに1点ずつを取り、終盤のリリーフ勝負へと移るが、カープは永川が誤算。
左脚ふくらはぎに打球を受けて降板して以来の登板となるが、間隔が開いていた影響もあるのだろう、ボールが高めに入り、甘いコースが多く、3連打で決勝点を与えてしまった。

力負けではなく、惜敗という試合であり、九里の投球は、今後の交流戦でも期待できるものを見せてくれた。
永川も、1失点後はしっかりと切り替えてピンチを切り抜けており、次回登板持には調子を取り戻せていることだろう。

さて仕切り直しで、オリックス戦へと向かっていこう。





関連記事
スポンサーサイト
あまりいい思い出のない交流戦
こんばんは。
今日の試合、惜しかったですね。
永川に対して立腹しておりましたが、デタスポさんのおかげで落ち着くことができました笑

まだ2試合ですし、悲観するのは早いですが、例年同様になりそうで心配です。
次のカードは金子とディクソンのオリの勝ち頭が予想されていて更に恐ろしいですがどうなるやら。。

次回更新楽しみにしております!
[ 2014/05/21 23:24 ] [ 編集 ]
Re: あまりいい思い出のない交流戦
おはようございます。
昨日の試合は、紙一重のプレーの連続だったと思います。
丸がグラブに当てながら捕球できず三塁打、木村のショートゴロでの三塁進塁、赤松の三塁への走塁、明石のレフト前ヒットに小窪のグラブが触れていなければ、勢いが落ちず城所の三塁進塁はなかった可能性もある。
どれか一つでも結果が違っていたら、試合結果が違っていたかもしれません。

お互い、ギリギリのプレーの応酬が、1対2という接戦になった要因と受け取りました。
エルドレッドの併殺など、打てなかったのが響いていますが、決して悪い試合内容ではなかったと思います。

ただ、Dyson13さまのおっしゃられる通り、金子とディクソンは嫌な相手となりそうです。
こちらも大瀬良、バリントン(orマエケン)だと思うので、今度は紙一重のプレーが、カープに流れが傾いてくれることを期待します。
[ 2014/05/22 06:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター