デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.04.25 広島対巨人 公式戦4回戦 篠田無欲の勝利!?ロサリオ初本塁打
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.04.25 広島対巨人 公式戦4回戦 篠田無欲の勝利!?ロサリオ初本塁打

2014年4月25日に行われた、広島対巨人の公式戦4回戦の試合結果

巨人 003 000 000|3
広島 102 011 20×|7

勝 篠田 2勝1敗
負 杉内 1勝2敗
S -

【本塁打】丸5号、ロサリオ1号

カープ先発の篠田は、登板するごとに投球テンポが悪くなってきており、特に前回登板ではコントロールに苦しむ場面も見せており、仕切り直せるかどうかに注目したい。

また、2013年の杉内との対戦成績は、比較的好相性と言っていい。
2013年の杉内との対戦で6打数ノーヒットだったエルドレッドも、今年2月の練習試合では、本塁打を放っており、今最も頼りになる打者への期待も高まる。

5回終了時点で1点でもリードしておくのが、現状のカープの必勝パターン。
今季のカープは、ここまで三連戦で負け越したのは巨人だけという状況。
ホームで勝ち越こすことが第一目標になる。

早速エルドレッドのタイムリーで先制するが、3回に篠田が崩れる。
ワンバウンド気味に外れるボールが目立ち、特にスライダーは急にキレを感じなくなる。
カーブを使わないのが気になるが、これは前回登板から感じていた。
長いイニングを投げるために、初回から3回までの序盤の投球と、4回から6回の中盤の投球とを分けるため、とにかく3回まではストレート中心で試合に臨んでいるように感じる。

打線を信じて6回を3失点で纏めようとしている投球なのか、想像の域は出ないが、結果的に3回以外はすんなりと投げ切っている。
ある意味、自分に勝ちは付かなくてもチームが勝てる投球をしようという、無欲のなせる業かもしれない。

そして投手の期待に応えるのが、今のカープ打線。
丸のツーランで同点、エルドレッドの犠牲フライで勝ち越し。

そして試合の流れを左右したのが、6回の篠田の続投と丸のファインプレー。
ロペスの当りが右中間を破っていればノーアウト2、3塁で阿部を迎えるというピンチとなるところが、1アウト1塁でとなれば状況は大きく違う。

これで試合の流れを引き寄せたことで、押せ押せのムードの中、ロサリオに来日初ホームランが飛び出す。
ライトスタンドへ飛び込む弾道は、将来性、可能性を感じさせる。

試合の大勢は、ここで決したと言っていい。
篠田が100球を目途に交代し、あとは中田、一岡が登板してくるが、二人ともピリッとしない内容ながら、結果的に無失点で抑えるのは、勝利の方程式として信頼を得ている投手として必要な項目だろうと思う。

内容の伴った、良い勝利となった。

昨年のマツダスタジアムでは、リードを奪われた中盤以降、スタメン野手がことごとく若手に交代し、戦力の温存に近い采配もされていたこともあり、今季は余裕を持たせない戦い方を続けていって欲しい。

明日の先発は、九里対大竹。
FAで移籍した大竹の穴は、大瀬良と九里で埋めてもらいたいと、かつて首脳陣が直々に名前を出した投手の直接対決となる。
結果はどうあれ、九里は自分のピッチングをするだけで十分、という位の気持ちで臨めばいいのではないかと思う。

【スポンサーリンク】




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター