デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.04.15 広島対阪神 公式戦1回戦 阪神の長打攻勢に屈す
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.04.15 広島対阪神 公式戦1回戦 阪神の長打攻勢に屈す

2014年4月15日に行われた、広島対阪神の公式戦1回戦の試合結果

阪神 001 041 200|8
広島 010 001 000|2

勝 藤浪 1勝2敗
負 野村 2勝1敗
S -

【本塁打】エルドレッド4号、新井良2号、藤浪1号

打線好調の阪神との今季初対決となるが、ホームでの試合というのを最大限利用したいところ。
というのもマツダスタジアムでの試合は、7試合で6勝1敗、1試合の平均得点が4.1点、防御率は1.72と理想的な試合ができている。

野村の立ち上がりは四球2つでピンチを背負うが、阪神打線の好調さを十分考慮し、慎重にコースを狙ってのもの。
初回からかなりのプレッシャーを掛けられたが、ここを凌ぎ切るのが野村のピッチング。

決してコントロールに苦しんでいる様子でもなく、調子自体はそこまで悪くなさそう。

藤浪の投球も威力十分で、適度に荒れるためなかなか狙い球を絞れない。
エルドレッドの一発で先制こそすれ、かなり手こずりそうな投球を見せる。

3回にはゴメスにタイムリーを打たれ同点に追いつかれるが、シュートの曲がりが甘く、ハーフスピードでインコースの甘めに入ってしまった。
3回までの攻防は、どちらかと言えば阪神ペース。

特に野村は相当神経を使いながらのピッチングで、とてもではないが長いイニングは持たない投球内容。
新井良のスリーランは、逆球にはなったが、低めのコースを右中間に弾き返されており、所謂飛ぶボールの影響とは言えないまでも、あのコースを打たれては野村の投球が成り立たない。

5回で124球を投げさせられており、現状の阪神の強打に屈してしまった。

さらにはリリーフで登板の九里が、藤浪に右中間へホームランを打たれてしまうが、これも打球が伸びていった。
ボールの影響云々より、まずは昨年の阪神打線のイメージを捨てて、とにかく長打警戒で臨む必要が出てきた。

今日の試合は完敗となったが、明日は大瀬良が先発。
柔の野村から、剛の大瀬良へと投手が変わり、阪神打線を球威で抑えられるかに注目したい。
もっとも、ここまで2試合連続被弾中の大瀬良だけに、甘いコースやコントロールミスは命取りになりかねない。
プロ入り以来最高の投球が見られるといいのだが。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター