デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.04.06 広島対DeNA 公式戦3回戦 これぞエースの投球
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.04.06 広島対DeNA 公式戦3回戦 これぞエースの投球

2014年4月6日に行われた、広島対DeNAの公式戦3回戦の試合結果

DeNA 000 000 000|0
広島  001 000 00×|1

勝 前田 1勝0敗
負 モスコーソ 0勝1敗
S ミコライオ 0勝0敗3S

【本塁打】-

前田健対モスコーソは、事前の予想通り投手戦となった。
前田健は中2日の影響なのか、初回はボールが高めに浮いたり、ボールが先行したりと抜群の投球ではなかった。
2回も連打でノーアウト1、3塁のピンチを背負うが、ブランコのバットはへし折ったし、筒香のライト前ヒットもチェンジアップを巧く打たれてのもの。
球速も150キロを超すボールがあり、2回のピンチの後はコースに決まり始め、徐々にペースアップ。
スタメンのサード田中の躍動感あるプレーもあって、無失点で切り抜けると、あとは全く危なげないピッチングに変わった。

モスコーソは、先頭の丸の打球を筒香のファインプレーで救われてから落ち着いた印象。
球速は140キロ中盤を記録し、コースにきっちりと投げ分ける投球で、変化球は低めに制球され、キレもあった。
大崩れのなさそうなタイプで、やはりカープ打線にとっては厄介な存在となりそう。

両チームとも得点のチャンスは1回ずつ訪れ、そこで得点できたかどうかで勝敗が分かれた。
カープの得点のきっかけは、3回先頭の石原のファールフライをブランコが落球したことにある。
初回にもバルディリスがファールフライに追い付けないというシーンがあったが、エラーが失点に結びつくというのは昨日の試合で見たばかり。
ただ、送りバントの失敗もあり、この時点ではまだ流れが来ているという状況でもなかったが、丸、菊池の連打で真っ向勝負で1点をもぎ取った。

また長打力を警戒しないといけない打者を、両投手とも本塁打だけは避ける投球が出来たことが、ロースコアの試合を演出した。
お互いのリリーフ陣も無失点で抑え切り、まさに好勝負と言える試合だった。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター