デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.04.03 広島対ヤクルト 雨天中止
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.04.03 広島対ヤクルト 雨天中止

2014年4月3日に行われる予定だった、広島対ヤクルトの公式戦3回戦は1回終了時で降雨のため中止

ヤクルト 0
広  島 2  雨天中止

勝 -
負 -
S - 

【本塁打】-

カープの先発はエース前田健太、ヤクルトの先発は近年不振が続く中澤。
過去5年間のカープ打線対中澤の打撃成績は、
丸2-1、菊池8-2、キラ1-0、エルドレッド5-1、梵12-7、廣瀬6-3、堂林5-2、石原9-2
となっており、特に梵の数字が目立つ。
その他の野手では、赤松11-4が好相性。※(打数-安打)

ヤクルトとの2試合で、ここまでノーヒットの梵に当りが戻ってくれば中澤攻略も不可能ではない。
後は、昨日の記事でも述べた7番打者に起用された打者、この試合では堂林が最低限の仕事さえできれば、相手投手へのプレッシャーは相当なものになるはず。

前田健は文句なしの立ち上がりを見せたのに対し、中澤は1イニングに四球3つと大荒れ。
押し出しと犠牲フライで2点を先制したが、まだまだ中澤の出来からすれば点が入っていても不思議ではなかった。
堂林に一本出ていれば、と思わずにはいられない。
ただ、これはより良い打線を目指すには、という意味合いもあり、まずは先制できたことが大きい。

しかし、早速雨男の本領を発揮し始めた前田健。
2回には降雨のため長い中断となってしまう。
これは、結果が出るかどうかは別にしてヤクルト側へ有利に働く面もある。
中澤の初回の乱調ぶりからすれば、インターバルが長くなれば冷静さを取り戻せる可能性も出てくる。

一方の前田健は、いつ再開するか分からない状態で、緊張の糸は切らせない。

しかし中断時間が1時間に迫ろうかという状況でも雨脚は弱まらず、中止となった。

明日の先発予定は、カープが篠田、DeNAが三浦。
篠田対DeNAの過去5年間の対戦成績は、15試合に登板し、うち7試合に先発、4勝0敗2ホールド、防御率2.12、奪三振率6.88、与四球率2.82、WHIP1.16と好相性と言える。
(2013年は登板なしなので2008年から2012年までの5年間の通算)
ただDeNA打線は2013年から強化されており、破壊力を増したDeNA打線との対決は初となる。

三浦との過去5年間の対戦成績は、11試合でカープの4勝2敗、防御率5.70、奪三振率4.80、与四球率2.25、WHIP1.47と決して苦手としている投手ではない。
ただコントロールは流石の数字が残っており、昨年の5月6日の対戦ではのらりくらりと交わされた。

篠田のピッチングが最注目ポイントだと思うが、打ち合いと言う展開も十分考えられる。





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター