デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】試合結果 > 【カープ情報】2014公式戦 > 【カープ情報】2014.04.02 広島対ヤクルト 公式戦2回戦 堂林、内容も良化のサヨナラ本塁打
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.04.02 広島対ヤクルト 公式戦2回戦 堂林、内容も良化のサヨナラ本塁打

2014年4月2日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦2回戦の試合結果

ヤクルト 000 002 001 0|3
広  島 110 000 100 1|4

勝 中田 1勝0敗
負 バーネット 0勝1敗
S -

【本塁打】エルドレッド3号、バレンティン2号、堂林1号

カープはルーキーの大瀬良がプロ入り初先発、ヤクルトはプロ入り3年目で通算1勝の古野が先発。
古野は一軍では与四球率が高くなっているが、ファームではコントロールに苦しんでいるような数字は残っていない。
打たせて取るというピッチングスタイルのようで、自滅するということはなさそうな印象。

ただ、カープ打線がはっきりと苦手としているタイプの投手ではなく、何とか大瀬良を援護していきたい。
ポイントとしては、完全に抑えきるという投球ではないことから、塁上に出てかき回すという攻撃が出来ればと言ったところ。
もちろん丸と菊池がその候補筆頭になるが、昨日のプロ入り初ヒットでようやく自分のペースで打席に入れるようになった田中が、7番という打順で機能できれば、下位打線まで気が抜けない打線となり、相手へのプレッシャーも大きくなる。

まずは大瀬良の立ち上がりは、ストレートで押していく自身のスタイルを貫き、バレンティンに対しても交わそうとするピッチングはしなかった。
コントロールも問題なく、ストレートと緩いカーブで緩急をつけるピッチングは安定感抜群。

打線も大瀬良を早めに援護し、菊池の盗塁直後にキラのタイムリーが飛び出すなど、脚を絡めた攻撃も有効だった。
ただ、エルドレッドの本塁打で追加点を奪った後、大瀬良の初打席は送りバントのケースかと思いきや、バスターを選択し、結局送りバントは決めることができなかった。
また、あと一本が出ていれば古野をKOできそうな3回裏の1アウト1、3塁のチャンスで梵が併殺打に倒れ追加点を奪えずにいると、試合の流れが落ち着いてしまった。

古野が立ち直り、ヤクルト打線も落ち着きを取り戻し、じっくりと大瀬良に対してくると、6回にバレンティンにアウトコースのストレートを右中間に運ばれる同点ツーランを浴びる。
これは真っ向勝負を挑んで、そのボールを弾き返されての本塁打で、大瀬良を責めることはできない。

試合の流れからして、ここを同点で凌いだことで、次の1点を奪った方が試合の主導権を再度握ることになる。
大瀬良は6回以降ボール球が目立ち始め、ファールで粘られるケースも増えた。
試合の勝敗を考えるならば、そろそろ継投の準備が必要となってくる状態。
7回裏の攻撃はピッチャーからの打順で、おそらく代打が出されるという思いがあったのだろう、大瀬良は慎重に7回のヤクルトの攻撃を凌ぎ切った。
状況を冷静に判断しての投球も見せ、勝ち投手にはなれなかったが、7回2失点というピッチングは十分プロで通用する内容を示せたと思う。

さて試合の方は、古野もマウンドを降り、リリーフ勝負へと移っていく。
まずはカープの攻撃で、ヤクルトの石山が全くコントロールが定まらず2者連続フォアボールでチャンスを掴むと、松山を敬遠して、久古を投入し満塁でキラとの勝負を選択。
キラのあたりは引っかけてのボテボテのセカンドゴロとなったが、この間にランナーが生還して勝ち越し。
しかも大瀬良に勝ち投手の権利が付いた。

勝ち越しての8回のマウンドには一岡が上がる。
開幕前にはセットアッパーとして一岡の名前が挙がっていたが、実際に永川ではなく一岡が登板したことで、この投球内容如何で名実ともにセットアッパーとして認められることになる。
その一岡は2アウトからミレッジに四球を与え、バレンティンを打席に迎える。
四球でランナーを出して4番を迎えるという投球は、結果によっては大袈裟にいえば一岡の今後を左右しかねない場面。
しかしバレンティンを打ち取り、完璧とは言えないまでも自身の仕事を成し遂げた。

続いてのリリーフ勝負は、カーペンター対ミコライオ。
ここでもカーペンターが先頭打者に四球を与え、田中の犠打の後、石原の打席でボークがあり労せずランナーは三塁に進む。
ただ、後続が倒れ無得点となったことで、最後は守護神の投球に全てを託すのみとなった。

しかし、ミコライオもピンチを背負う。 先頭の川端には巧く打たれたが、畠山には力押し一辺倒でライト線に弾き返された。
これは不用意に映る。
今日のミコライオは、先頭打者を出したことでツーシームを有効に使えなかったことが響いてしまった格好だ。
何とか1失点で収まったものの、大瀬良の勝ち投手の権利は消滅。

延長勝負となっても西原、中田、永川、久本が残っており、決してリリーフ勝負でも不利ではないが、今週はまだ始まったばかりで、できれば延長に突入する前に勝負を決めたい。
特に、カープが松山とキラをベンチに下げているのに対し、ヤクルトはミレッジとバレンティンが退いていない。
打撃力だけで考えれば、先に点を取られてると苦しくなってしまう。

と心配要素が多い延長戦だが、永川が菊池のファインプレーでミレッジを打ち取り、昨日の借りを返すバレンティン斬りで無失点。
中田も前回登板と同じようなピッチング。
1イニング目の投球は、とてもではないが勝ちパターンでは起用できない。
しかし2イニング目はコントロール、球威とも別人のようなボールが投げられる。
前回と同様のコメントになるが、早く安定感を出して欲しい。

冒頭の話に戻るが、下位打線が繋がれば相手にかけられるプレッシャーも大きくなる。
田中はこの試合でも好守備があり、犠打も決めきっちりと仕事はしている。
一方で、10回に代打で出た堂林もボール球に手を出さなくなっており、若干ではあるが内容が良くなって来ているように見えた。
ただ、どちらの選手が7番に座るとしても、まだ上昇余地はある。
競い合って、怖い7番打者が誕生することを明日の試合での見どころとしたい。

と、ここまで書き込みながら試合を見ていると堂林のサヨナラホームランが飛び出した。
もう、編集しなおすと文章が繋がらないので、このまま更新します。
これで2年連続のサヨナラホームラン、それもヤクルト戦での本塁打ということになる。
相性というものはあるのだと感じる打席だった。

また、永川、大瀬良がバレンティンに2日続けて本塁打を浴びている。
そして明日の先発はエース前田健太。
九里と大瀬良の新人投手2人の好投を目の当たりにして、先輩投手の意地を見たい。
その上で、バレンティンはこうして封じるんだという圧倒的なピッチングも見たい。







関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター