デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 闘病日記 > 鼻中隔湾曲症の手術体験記-経過観察・花粉症シーズン編-【2014】
スポンサードリンク

鼻中隔湾曲症の手術体験記-経過観察・花粉症シーズン編-【2014】

鼻中隔湾曲症の手術、退院、そして通院も終わり、はや半年以上が経過しました。
今回は術後の経過について記事にしてみたいと思います。

通院は約2ヶ月行いましたが、傷跡の掃除、消毒などは思いの外痛みがありました。
かさぶたを無理やり引き剥がすという処置で、術後にガーゼを抜くよりもこちらの方がよっぽど痛かったです。

1ヶ月もすれば簡単にかさぶたが取れるようになってきましたが、普段の生活中に大きな塊(かさぶた)が喉の奥に落ちてきて、思わず咳き込むということもありました。

完治となり通院をしなくなってからも、時折大きな塊(といっても10mm弱くらいですが)が喉の奥に落ちてくるという状態は3~4ヶ月くらいは続いていたと思います。

さすがに半年ほど経つと、こういった現象も落ち着いています。

さて、現在の状況ですが、世間は花粉症シーズン真っただ中です。
ただ、鼻中隔湾曲症、慢性副鼻腔炎、肥厚性鼻炎という3つを同時に手術したおかげか、花粉症の症状の一つである鼻水に関しては、ほとんど出ていません。

花粉症対策としてアレグラを飲んでいることもありますが、昨年までであれば、服用中でも(花粉の体内への蓄積量?が)限界を超えると鼻水が止まらなくなっていました。
しかし、今年は止まらなくなるような鼻水は出ていません。

これは肥厚性鼻炎の手術により、慢性的に肥大化した鼻の粘膜をごっそり取り払ったことにより、アレルギー反応で腫れる粘膜そのものがなくなったのためではないかと思います。

鼻水が出なくなった代わり(?)に、目は例年以上にかゆみがあるため、花粉症が治ったという可能性はなさそうです。

鼻水の出ない花粉症シーズンを過ごせるのは、非常に気分が楽です。
これまでは、外出するにはマスクが必須で、鼻水が出始めると抗ヒスタミン系の鼻炎薬を飲むまで止まりませんでした。 当然眠気がきつく、一日中寝込むことも多かったのですが、今シーズンは一度もお世話になっていません。
と言うよりも、手術以降ハウスダストなどに起因する鼻炎も起きていません。

もちろん肥厚性鼻炎は再発する可能性もありますが、現時点では手術をして良かったかどうかと問われれば、間違いなく良かったと言えます。

1.手術を受けるまでの経緯
2.鼻中隔湾曲症の手術・入院生活について(その1)
3.鼻中隔湾曲症の手術・入院生活について(その2)

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/27 17:55 ] 闘病日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター