デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2014 > 【カープ情報】2014.03.22 広島対ソフトバンク オープン戦の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.03.22 広島対ソフトバンク オープン戦の結果

2014年3月22日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の結果

広島 000 001 010| 2
SB  105 210 300|12

【本塁打】イ・デホ1号

昨日の前田健太の投球が、ソフトバンク打線を抑える見本とするなら、九里がどういった投球で抑えていくか、非常に興味深い。
ところが、先頭の中村に対してはボールが上ずるケースが目立ち、初回からピンチを背負う。
2アウトまでは漕ぎ着け、イ・デホに対しても追い込みながらレフト前にタイムリーヒットを打たれてしまう。
初回は球速以上に伸びを感じるストレートなどボール自体は悪くなかったが、一球たりとも油断できない打線というのを肌で感じたことだろうと思う。

こうなってしまうと、ランナーを出すと必要以上に「警戒しなければ」と萎縮してしまう可能性が出てくる。
初回の1点が後々効いてくるのか、割り切って投球できるかに注目していきたいところ。

2回は先頭の柳田に四球を与え、またもピンチを背負ってしまうが、丁寧なピッチングで何とか後続を断つ。
3回にも先頭の内川に右中間を破られ、3イニング連続で得点圏にランナーを背負う。
やはり初回の攻撃が効いてきており、徐々に集中力を削がれてきた印象。
4番のイ・デホにファーストストライクをスーッと真ん中付近に投じたり、サインミスもあり、失点後に四球を与えたり、2回に盗塁を決められている柳田がランナーにいても牽制球を一球も投げないまま再度盗塁を決められたりと、プロの洗礼を浴びてしまった感が強い。

本来ならば、次回登板でこの日の反省を踏まえた投球を見せてもらいたいところではあるが、次回は開幕2戦目での先発が内定している模様。
シーズンであれば3回の途中で交代だったと思うし、100球を目途に投げる目標があっての続投の中、4回のイ・デホのツーランを浴びたともいえる。
変化球は見極められ、勝負球にストレートを選択するしかなく、その勝負球がことごとく高めに浮いてしまっていたこともあり、本来のピッチングをできるよう割り切って開幕を迎えてもらいたい。

この展開では、少ないチャンスを活かしていくというスタイルのカープ打線では沈黙もやむなし。
前日とはガラッと並びを変えたスタメンも、オプションの一つを試したに過ぎない。
一方で、スタメン打者がなかなかヒットが出ない中、代打で出た田中がレフトフェンス直撃のツーベースを放つあたり、開幕スタメンが濃厚な選手も最後まで気が抜けないという刺激は与えられたのではないかと思う。

序盤の大量失点後に登板してくるリリーフ陣が勢いを止めることに成功できれば、まだ見所の一つもあったのだが、西原がソフトバンク打線の流れにのまれてしまう。
丸のファインプレーがなかったら1失点でおさまっていたかは分らない。

河内は先日失敗していた対左打者を抑えたが、横山は縦のカーブなどの変化球が真ん中付近に集まり集中打を浴びてしまう。
ただ、最後に登板したミコライオだけは別次元の投球を見せた。
コースは甘いがストレートの威力十分、ツーシームもよく動き、特にフルスイングしてきた柳田を完全に詰まらせた投球は説得力抜群だった。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター