デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2014 > 【カープ情報】2014.03.18 広島対DeNA オープン戦の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.03.18 広島対DeNA オープン戦の結果

2014年3月18日に行われた、広島対DeNAのオープン戦の結果

広 島 000 020 000|2
DeNA 001 000 000|1

【本塁打】なし

カープ先発の野村は、徐々に投球内容が良化してきており、この試合ではストライクを取るのに苦労する姿はなくなっていた。
時折甘い球はあるが、そこそこコースにも決まっており、後はもう少しボールにキレが出てくれば文句なし。

2番手の中田は、ブランコを詰まらせてのレフトフライに打ち取ったシーンに象徴されるように、とにかく逃げの姿勢を見せず、腕を振ってインコースに投げることで、相手打者を押し込めている。

一岡は少しバタバタしながらも無失点で抑えているが、内容は良かった。
ストレートのスピード、キレとも十分で、フォークも低めからよく落ちていた。

ミコライオは、オープン戦序盤からツーシームの動き具合が半端ではない。
特に対右打者では威力抜群で、真ん中付近から体付近まで食い込んでいくボールは、まともに前に飛ばされることも少ないだろう。

永川もほぼ心配ない仕上がり。
1点差の9回裏にブランコを迎え、当たり前のように真っ向勝負で打ち取る姿は、かつての守護神としての投球スタイルとは違っているが、安定感は上回っている印象すらある。
筒香から見逃し三振を奪ったインコースのスライダーは、昨シーズンから使用しているスライダーが完全にものになっていると感じさせる。

さて、問題なのは河内。
対左打者へのワンポイントで登板し、四球を与えたところで交代。
いよいよ開幕一軍が厳しくなってきた。

打線は、菊池と丸を入れ替え、3番に梵を入れる機動力重視のオーダー。
好調キラの前にランナーを貯めるという意図もあるのだろうが、この試合に関してはDeNA先発の久保の前にキラが沈黙。
阪神時代の久保との対戦でも、キラは3打数ノーヒットで2三振で、特にフォークには合わなかった印象があったが、この試合でもやや苦手にしているのかもという雰囲気があった。

それでも少ないチャンスを活かして2点を奪い、特に1番に入った菊池にタイムリーが出たことで、今シーズンでも引き続き、調子如何によっては菊池と丸の入れ替えはありそう。

クリーンアップがノーヒットとなると、やはり得点能力の低下は免れない。
しかし、ほぼベストメンバーのDeNA打線を終盤まで封じた投手陣の仕上がり具合に手応えがあった試合だと思う。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター