デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2014 > 【カープ情報】2014.03.08 広島対ヤクルト オープン戦の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.03.08 広島対ヤクルト オープン戦の結果

2014年3月8日に行われた、広島対ヤクルトのオープン戦の結果

ヤクルト 103 100 100|6
広  島 000 000 031|4

【本塁打】畠山1号、田中1号

カープの先発は、先発ローテーション争い真っ只中の篠田。
初回はとにかく低めにボールを集め、高めに浮くボールはなく、ストレート、カーブ、スライダーを駆使して抑えようという投球を見せた。
ただ、丁寧に投げようという意図のためか、ピンチを招く前から、かなり球数が嵩んでいるという印象。
抑えて結果を残さなければ先発起用はないという状況ではあるが、初回から35球という球数だと、長いイニングを投げ切ることには不安もあり、とても先発確定とはいえない投球だったように思う。
(1回からのイニングごとの投球数35、11、20、26球、4イニング計92球)

特に、初回のミレッジのタイムリー、3回のミレッジの2本目のヒットと畠山のスリーランは低めのストレートを弾き返されてのもの。
また、ヤクルト打線は2回以降、カーブ、スライダーは見逃すケースも多くなったように思う。
カーブ、スライダー、ストレートの組み合わせで長いイニングを打ち取っていくためには、何かが足りないと思わざるを得ない。
(打球が篠田の左脚に直撃したことや、ファーストライナーの打球がエルドレッドのファーストミットの網の部分が破れて捕球できないという不運な面はあったが)

二番手の今村は、先頭のミレッジにはストレートが低く外れ、2-0からカウントを取りに行くスライダーがワンバウンドになるという悪い投球パターン。
結局ストレートの四球のあと、畠山にはストレートは全てファールにされ、代走の上田が盗塁を決めた後は、簡単に進塁打を一二塁間を抜けようかという辺りに転がされた。
ここは菊池のファインプレーでライト前に抜けるのを防ぎ、中継プレーで一気に本塁を狙った上田を刺したが、そのあともコントロールが定まらず1イニングで四球3つを出してしまい、結果は無失点に抑えたが、内容は物足りない投球になった。

三番手の福井は球威があった。
地方球場でスピードガン表示はなかったが、直前に登板した今村よりも速さ、威力とも勝っているように感じる。
先頭の山田にはレフト前に落とされそうな打球を廣瀬がスライディングキャッチで助けたが、球威に押され、若干バットの先だったことで力勝負で抑え込んだという方が近いと思う。

ただ2イニング目には、やはり篠田同様ストレートを狙い打たれるケースが目立った。
畠山のサードゴロを小窪が下がりながら捕球しようとして、ボールに触ることができずにヒットになったのはかわいそうな面もあるが、菊池の守備範囲の広さで2つアウトを稼いでいることを考えると、やはり長いイニングを抑えていくには何かが足りない。

一方の打線は、丸、菊池、梵、キラ、廣瀬、エルドレッド、堂林、白濱、ロサリオという並びで、開幕スタメンが有力視されるメンバーが多い。
しかし、ヤクルト先発の石川からは、ヒットは出るものの繋がりに欠け得点を奪うまでは至らない。
2回の2アウト2,3塁、3回の2アウト満塁のチャンスで得点できていれば試合の流れは変わっていたと思うが、ロサリオの盗塁失敗などは練習の意味合いもあるため、一概に打線が繋がらなかったとも言い難い。
このあたりは、勝負に徹したいケースと練習のケースのタイミングが重なってしまったということになるのだろう。

8回に田中の本塁打と、堂林、木村のタイムリーで3点を返したが、3人ともコースに逆らわない逆方向への打球だった。
中盤には早いカウントから引っ張って良い当りをしていてもアウトになっており、中盤の凡打が少しは活かせたのかなと思う。

最終回には田中が2安打目となるタイムリーを放つが、この打球の鋭さを見る限り、開幕一軍はほぼ決まったのではないだろうか。



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター