デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】 > 【カープ情報】2014 > 【カープ情報】2014.03.01 広島対日本ハム 練習試合の結果
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.03.01 広島対日本ハム 練習試合の結果

2014年3月1日に行われた、広島対日本ハムの練習試合の結果(特別ルール)
広島カープの成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

広  島 000 010 000|1
日本ハム 200 000 001|3

【本塁打】なし

カープは先頭の丸が、止めたバットにボールが当たり、打球がサードベースに当たる内野安打の後、盗塁を決める。
2番の菊池はフルカウントの後、ファールで粘るものの空振り三振。
この菊池と岩本は大谷のストレートに力負けしている感じで、4番のキラにしても差し込まれての内野フライに打ち取られた。

カープ先発の野村も、先頭の陽に四球を与える立ち上がり。
1-2と投手有利なカウントからの四球で、もったいない攻め方。
大引には同じく1-2から、新球のシュートでファールを打たせ、続くインコースへのスライダーがボールになった後、再びシュートで空振り三振を奪った。
しかし3番のミランダのセカンドゴロを、菊池が行き過ぎてボールを捕球できず、中田のファーストゴロで本塁へ送球したキラの送球は一塁側へ逸れた。

拙いプレー2つで失点してしまえば、投手のリズムが崩れてしまうもの。
ボールが先行し、ファーストストライクをことごとく捉えられ、稲葉、谷口とジャストミートされるケースが続く。

野村は試合前の練習でも首を捻るシーンが多く、コントロールに苦しむ立ち上がりとなってしまった。

2点を失った後も、1アウト満塁、カウント3-2というピンチが残った。
しかし、外のボールになるスライダーを谷口が振ってくれ、やや立ち直ったものの、相手に助けられて大量失点は免れた。
2回以降もコントロールに苦しむピッチングが続き、陽には2打席連続で四球を与えるなど、フルカウントになるケースが目立った。
とは言え、野村は2013年のオープン戦でも同じようなピッチングをしており、調子を上げていく過程と見れば、そこまで心配しなくてもよさそう。(3月16日の楽天戦で3イニング目に7失点という試合がある)
もっとも、2013年は状態が上向かないまま開幕を迎え、さらには右肩を故障してしまったので、調子が上向かないことに焦り、故障の再発だけは避けてもらいたい。

一方の大谷の出来は、すっぽ抜けがあったりで抜群の投球とは言えないものの、ストレートの威力はあるため、スライダーが有効に決まり、特にエルドレッドにはスライダー3つで空振り三振という危なげない攻めを見せた。

予定の5イニング目に、2アウト満塁から岩本の投手強襲のタイムリーで1失点となり、打球が当たったことで降板となった。

野村の後を受けた投手では、西原は簡単にストライクを取れるなという印象で、九里は少しボールがばらついている印象はあるが、粘り強く投げ抜いた。
さらに、河内が対左打者のワンポイントで登板し、さすがの空振り三振でベテランらしい投球を見せた。
簡単に自分の仕事をこなす投球を見せられると、カープの中で河内を凌ぐリリーフ左腕はそう多くないなと感じさせる。

この西原、九里、河内のピッチングを見た後に久本のピッチングをみると、何とか抑えるものの1イニングに四球2をだしたり、最後は2アウト満塁から3-2というカウントから、数球ファールの後ようやく打ち取るというハラハラさせる投球で、ベテランの味と言えばいいのか、正直よくわからない投球だった。

6人目に登板の中田は、8回を3者連続三振という文句なしの投球。
ストレートの角度が、かなりいい感じに来ている。

最後に登板した一岡も、先頭打者にヒットを打たれたあと、盗塁と進塁打で1アウト三塁というピンチで、三振を取りたい場面で落差の小さいフォークを拾われてセンター前にタイムリーを浴びた。
ワンバウンドするくらいのフォークで三振を取りに行くくらいのボールでも良かったかもしれない。

打者では、丸がこねるバッティングが多く調子の悪さがうかがえる点と、ロサリオの右打ち、岩本の打球の鋭さがよかった点かと思う。



【最終版掲載。成績表は速報版です。間違いの訂正を含め、翌日午前に最終版を掲載予定です。

   打率
13100.348
 H7ロサリオ1100.200
2菊池4100.273
3⑨3岩本4110.320
4キラ3000.167
 79鈴木誠1000.353
5DH小窪2000.300
 HD栗原2000.250
6エルドレッド3000.286
 98鈴木将1100.235
7田中4100.222
8白濱3100.353
 2會澤1000.200
9堂林3000.273
  合計35710.272
       
投手 防御率
野村2 13426.75
西原1 3106.75
九里2 2/3 9201.59
河内 1/3 1000.00
久本1     6107.20
中田1 3000.00
一岡1 4214.50
合計     5.04


   打率
1220
 R8村田100
2⑥45大引421
3ミランダ110
 R3200
 H3鵜久森100
4中田311
 4西川100
5DH稲葉310
 HD市川100
6谷口111
 7杉谷310
7④6金子300
 6中島100
8近藤300
 H2石川100
9310
  合計34103
       
投手 防御率
大谷4 2/3 2131
矢貫 1/3 100
武田久1 410
増井1 410
クロッタ1 410
宮西1 410
合計     
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター