デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 2015年02月
スポンサードリンク

【カープ情報】2015.02.28 広島対日本ハム 練習試合の結果

2015年2月28日に行われた、広島対日本ハムの練習試合の結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

広   島 000 002 010|3
日本ハム 003 101 210|8

【本塁打】西川、渡邉、中田、石川(日)

カープ先発の大瀬良は、ストレートの走り自体はそこそこだったが、変化球のコントロールがいま一つだったこともあり、変化球の後のストレートを狙われるケースが目立った。
3回には、美間の落球でランナーを許した後に、ほとんどど真ん中のスライダーをライトスタンドに運ばれるなど、3回で3失点というピッチングとなってしまった。
ただ、前回登板時よりは若干良化の兆しは見られる。
昨シーズンのオープン戦でも、ストレートで空振りを取れず、ファールで粘られるシーンは良く見られていた。

ボールになる変化球に手を出してもらえないことも含め、ボールにキレが出てくるまでは、どうしても苦しいピッチングに映ってしまう。

2番手の野村は、3回2失点という結果だったが、内容はずいぶん良くなっている。
大瀬良と野村という、2人のローテーションピッチャーとしての比較として見れば、野村の方が内容は良かった。

飯田は右打者の渡邉にツーランを浴びてしまうが、風に乗って伸びた打球ということもあり、多少考慮しないといけない部分もあるが、やはり先頭の左打者西川にツーベースを打たれてしまったことの方がケアしないといけない。
特に簡単に追い込んでから、フルカウントになるまで勝負を決められなかったことに、改善の余地があると思う。

後は、ランナーを出さない時の今井の安定感には、やはり魅力がある。

それよりも、守備面、走塁面のミスというのがこの試合でも解消されない。
日本ハムにはフリーパス状態で盗塁を許し、また、2アウト2、3塁という状況で、カープ投手陣の武器であるセカンド牽制を逆手に取られるサインプレーで、三塁ランナーを生還させてしまうなど、格好の練習台となってしまった。

死球退場のグスマンの代走で出た美間は、すぐさま牽制死しており、またファースト守備では送球を落球してしまい、そろそろ初の一軍でのキャンプで怖さを感じ始めているかもしれない。

打線の方は、先頭の野間がツーベースを放った6回に、1番から3番が繋がって点が入ったというのは、カープの得点力が上がってくる兆しと見たい。

成績表は速報版です。成績が確認でき次第修正します。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。



   打率
1野間3100.167
2菊池2000.381
 8鈴木将1000.333
33120.222
 4安部0010.267
4グスマン0000.583
 R3美間3000.313
5田中3000.381
6鈴木誠4000.333
7會澤3100.333
 2磯村1000.455
8堂林3100.450
9DH下水流2000.313
 HD小窪1000.067
  合計29430.303
       
投手 防御率
大瀬良3 14413.86
野村3 13425.14
飯田1 6229.00
小野 1/3 1003.38
佐藤 2/3 3113.86
今井1 3002.57
合計     5.01


スポンサーサイト

【カープ情報】2015.02.26 広島対KIA(起亜) 練習試合の結果

2015年2月26日に行われた、広島対KIA(起亜)の練習試合の結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

KIA 000 0|0
広島 100 1|2

【本塁打】-

4回裏、カープ攻撃中に降雨のため試合中止。(当ブログでは、成績を通算成績に組み込みます)

実戦初登板のジョンソンが、持ち味である打たせて取るピッチングを見せ、2番手福井はランナーを出してからも落ち着いて投球できた。
2日前、同じくKIAとの試合に登板した今井と戸田は共に2失点というピッチングだっただけに、おそらくこれで先発ローテの6人目の争いも、ほぼ終結したと見ていいだろう。

前田健、黒田、ジョンソン、大瀬良、野村、福井という6人が、これから開幕に向けて調整していくことになりそうで、後は黒田の初登板が待ち遠しい。

またロサリオが虫垂炎の手術を行ったということで、これでザガースキーの離脱も踏まえると、よほどの不調がない限り、開幕一軍は、ジョンソン、ヒース、エルドレッド、グスマンというメンバーで決まり。
と思いきや、試合中にエルドレッドが右ひざの半月板損傷とのこと。
とりあえずは様子見になると思うが、軽症であることを祈りたい。

そこで気になるのは守備力について。
グスマンのレフトはかなり不安が残り、エルドレッドとグスマンの守備位置の入れ替えが現実的なところ。

昨季の公式戦ではエルドレッドのスタメンは、ファーストよりもレフトの方が多く、問題はないと思う。
またエルドレッドのファースト守備は、特に守備固めを必要とするレベルでもなく、終盤になっても主砲をベンチに下げる必要がないことからも、昨季同様レフトでスタメン出場し、試合展開を見ながらファーストへ回る、というプランの方が慣れているとも言えるのではないだろうか。




   打率
1野間2000.148
2菊池2100.421
32100.200
4エルドレッド2010.100
 7鈴木誠0000.412
5⑦3グスマン2100.583
62100.400
7會澤2100.333
8堂林2110.471
9DH天谷0000.200
  合計16620.320
       
投手 防御率
ジョンソン2 7100.00
福井2 8100.00
合計     4.75


【カープ情報】2015.02.25 広島カープ紅白戦の結果

2015年2月25日に行われた、広島の紅白戦の試合結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

白 100 0|1
紅 200 0|2

【本塁打】なし

実戦初登板となる、前田健とヒースがともにまずまずのピッチングを見せた。
主力の二人だけに、開幕に向けてこれから徐々に調子を上げていってくれるだろう。

また、一岡、中崎、永川の勝ちパターンでの登板が予想される三人も揃って好投している。
この中で、永川については前回登板で調整途上という感じを受けただけに、徐々に調子が上がってくれれば問題ないと思う。



成績表は速報版です。成績が確認でき次第修正します。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。

白組  打率
1野間2000.160
22100.375
32100.154
4グスマン2000.600
5松山1000.294
6DH小窪2000.071
7美間2000.385
8石原1000.000
9安部1000.267
  合計15200.317
       
投手 防御率
九里2 9219.00
中崎1 3000.00
永川1 4004.50
合計     5.18
紅組  打率
1鈴木誠2100.412
2菊池2100.412
3DH新井1000.500
4エルドレッド2000.125
5田中1110.444
6會澤2000.308
7堂林2000.467
8下水流1000.357
9天谷1000.200
  合計14310.317
       
投手 防御率
前田健2 9100.00
一岡1 4100.00
ヒース1 3000.00
合計     5.18

【阪神】マリオ・サンティアゴ投手の成績

阪神が2015年の新外国人選手として、契約合意間近と報じられた、マリオ・サンティアゴ投手(30)の成績
(2015年3月16日契約発表)

188cm、95kg、右投げ右打ち。

2013年のWBC、対日本の登板中に故障して以降、公式戦でのプレー実績が見当たらない。
ただ、2014年のプエルトリコウインターリーグで実戦復帰しており、10試合で先発起用されている。

これまでメジャー経験はなく、マイナーの最高位は3A。

故障前の最後のシーズンは韓国で、主に先発として登板していることも含め、キャリアのほとんどで先発起用されている。

ストレートの最速は140キロ中盤で、持ち球はスライダー、チェンジアップ、ツーシーム。
コントロールもまずまず纏まっており、上手く打者のタイミングをずらし、打たせて取るタイプの投手。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2005(Rk)1280407.27 34 2/32845320211.87 5.19 5.45
2006(Rk)110000.00 4    040041.00 0.00 9.00
2006(A)1283615.37 60 1/33678514381.52 2.09 5.67
2007(A)262051013.74 132 1/3551251339701.24 2.65 4.76
2008(A+)27278803.43 141 2/354155939861.37 2.48 5.46
2009(A+)252461304.30 136    65159834971.42 2.25 6.42
2010(AA)18176603.56 93 2/33797625601.30 2.40 5.77
2011(AA)1675102.23 64 2/31656317491.13 2.37 6.82
2011(AAA)1943325.70 47 1/33049828331.63 5.32 6.27
2012(韓国)18186303.40 95 1/33688639491.33 3.68 4.63
マイナー通算156116365144.04 714 2/3321768552164581.38 2.72 5.77
AAA通算1943325.70 47 1/33049828331.63 5.32 6.27
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2008(PRWL)1010003.12 17 1/361645121.21 2.60 6.23
2009(PRWL)1173202.49 47    134508331.13 1.53 6.32
2010(PRWL)10106202.66 50 2/31547014501.20 2.49 8.88
2011(PRWL)443000.78 23    218014171.39 5.48 6.65
2011(DOWL)992002.62 44 2/31340212351.16 2.42 7.05
2012(PRWL)551308.64 16 2/3163108122.34 4.32 6.48
2014(PRWL)10104405.47 51    3155613281.33 2.29 4.94
WL通算5946191103.45 250 1/39625212741871.30 2.66 6.72


※マイナー通算成績に、韓国での成績は含みません。
※PRWL・・・プエルトリコウインターリーグ、DOWL・・・ドミニカウインターリーグ



【カープ情報】2015.02.24 広島対KIA(起亜) 練習試合の結果

2015年2月24日に行われた、広島対KIA(起亜)の練習試合の結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

KIA 201 101 100| 6
広島 010 106 524|19

【本塁打】-

ちょっと評価しにくい試合内容となってしまった。
前回の試合で脚を滑らせてしまった菊池と、脚の張りを伝えられていたエルドレッドがスタメンで姿を見せ、まずは一安心。
丸と小窪が実戦での初安打を放ったことも含め、これまで当りのなかった打線にとって、きっかけになればいいかなという試合だった。

投手では岩見が三者連続三振を奪っているが、三振を奪う能力についてはファームでは屈指の存在。
いつも期待はしているのですが・・・



成績表は速報版です。成績が確認でき次第修正します。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。

   打率
1野間7120.174
2菊池3000.400
 46安部3110.286
32100.091
 8下水流3210.385
4エルドレッド2000.167
 3松山3200.313
 H白濱1000.000
5グスマン2200.750
 R7鈴木誠2200.400
6新井1100.600
 5小窪1120.083
7田中5460.412
 4上本1110.500
8磯村3220.500
 2會澤3200.364
9DH鈴木将2000.375
 HD堂林2220.538
 HD美間2100.455
  合計4825170.332
       
投手 防御率
今井2 9423.00
戸田2 93210.50
岩見1 3001.80
小野2 11423.60
佐藤1 4102.25
デヘスス1 3103.60
合計     5.55


【カープ情報】2015.02.22 広島対ロッテ 練習試合の結果

2015年2月22日に行われた、広島対ロッテの練習試合の結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

ロッテ 100 402 003|10
広 島 000 000 000| 0

【本塁打】なし

カープ先発の野村は、2アウトからツーベースを浴びてバタバタとしてしまい、そこから四死球3つと不安定さを見せてしまった。
スライダーが抜け気味のため、チェンジアップをカウント球に使ってしまったことで、追い込んでからの決め球に苦労していた。

2番手の大瀬良は、ボールの威力、コントロールもまずまずのピッチングを見せていたが、投手強襲の内野安打、詰まらせても野手の間に落ちるヒット、タイムリーエラー、パスボールなど、すっかりリズムの悪い内容となってしまった。
とは言え、ボール自体は悪くなかったので、良い練習になったと思えばいいのではないだろうか。

菊池がタイムリーエラーの際に脚を捻って途中交代しており、こちらは気になるところ。
ただ、脚を捻った後もプレーを続けて後の交代だったので、大事をとっての交代と思いたい。

さらに気になるのは打線の調子。
エルドレッド、新井、會澤不在の打線では、あまりに迫力不足。
その迫力不足の要因の一つに、紅白戦、練習試合通じてノーヒットの丸の状態が挙げられる。
もちろん勝敗度外視の現状で、責任を負うとか調子云々とかいう段階ではないが、丸の出塁が少ないと、どうも繋がりに欠けて映る。



成績表は速報版です。成績が確認でき次第修正します。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。

   打率
1⑨8野間4100.188
2菊池1000.500
 H4上本3100.455
32000.000
 7天谷1000.222
4グスマン2100.667
 R6田中2000.250
52100.333
 3松山2000.231
6⑦9鈴木誠3100.308
7美間3200.444
8石原1000.000
 2白濱2000.000
9DH下水流2000.300
 HD堂林1000.455
  合計31700.287
       
投手 防御率
野村2 11214.50
大瀬良2 11524.50
岩見1 3002.25
飯田1 6226.00
佐藤1 4103.00
九里2 94310.50
合計     5.47






【カープ情報】2015.02.21 広島対巨人 オープン戦の結果

2015年2月21日に行われた、広島対巨人のオープン戦の試合結果

広島 001 001 000|2
巨人 021 010 00×|4

【本塁打】會澤1号、野間1号

エルドレッドが脚の張りで出場を見合わせ、グスマンが4番でスタメン。
初回はレフト線の飛球に対しスライディングキャッチを見せるが、強風ということもあり打球の追い方はあまり良いとは思えなかった。
その他の守備機会を見ても、あまり守備では期待できそうもないなというのが、正直なところ。
ただ打つ方では、2打席目までの打つ気なしという感じの打席を経て、3打席目にはアウトコースのストレートを、コースに逆らわないバッティングでセンター前に運ぶ、良い内容のヒットも出た。

野間は、3打席目に真ん中高めのストレートを弾き返し、低い弾道の本塁打を放つ。
守備では補殺もあったが、2度の盗塁死などもあり、いろいろ経験を積ませようという首脳陣の意図は感じた。

打者では、會澤が菅野の高めのストレートに対し、打ち上げるのではなく、上から叩いての本塁打を放っており、良い打ち方だったように思う。

久保対美間では、美間は軽くあしらわれてしまった感が強く、また野間の後に打席に立った安部は、比較としてスイングスピードの鈍さ、泳がされて軸がぶれてしまっている姿が目立ってしまっている。

投手では、福井、戸田、デヘスス、今井、小野が登板してきたが、福井はコントロールがいま一つ。
好意的に見れば、自滅する様子を見せなかったのは成長と言えるのかなと思う。

戸田は、左打者へのスライダーを解禁したことで、紅白戦よりは打者の打ち取り方が良くなった。
ただ、所々甘く入るボールが見られ、巨人打線にはしっかりと捉えられていた。
正直、失投と呼べるボールだと思うので、まずは短いイニングに集中して、少ない球数の中で失投を減らすということが必要となるのではないか。

デヘススは、紅白戦と比べて、特に内容が良くなったということはなかった。
ランナーを出さずに、自分のペースで投球できるときは十分通用しそうに思うが、ランナーを出した際の打ち取り方に引き出しがないように思う。
ストレートで空振りが取れないので、そういう印象になってしまうのだろう。

今井は、低めに制球出来ており、内容は悪くなかった。
ランナーが出た途端に、低めに外れるボールが多くなるのは、これまでのシーズン同様の傾向で、性格的なものなのだろうか。

小野もまずまずのピッチングだったと思うが、紅白戦で見せていたような力を抜いたようなピッチングフォームではなく、力が入っているようなフォームだったのは気になるところ。

7回には、堂林がサードゴロスルーで出塁を許してしまっており、これは修正して欲しい。
この試合の最後の見どころとして、代走のスペシャリスト鈴木尚を磯村が刺したのは自信を持っていいと思う。





【カープ情報】2015日南キャンプ 紅白戦の通算成績(~2月15日)と総括

キャンプの前半(~2月15日)の紅白戦の通算成績と総括。

野手陣で、特に目立ったのは、グスマン、菊池、上本、新井。
走攻守の総合的に、まずまず順調に見えたのが、鈴木誠、丸、堂林、下水流。

逆に、少しアピール不足を感じさせたのは、小窪、安部、白濱、磯村、美間。
その他の選手は、沖縄キャンプでどこまで調子を上げてこられるか、という状態に見える。

投手陣で、特に目立ったのは福井、大瀬良、飯田。
まずまず順調に見えたのが、野村、一岡、中崎、小野、今井、江草。
この中で今井については、目標である先発ローテ入りは厳しそうだが、リリーフの中田の離脱で手薄になっているリリーフでの一軍入りを目指していくことになるのではないだろうか。
江草もエラーがなければ、という思いはあるが、調子自体は悪くなさそう。

逆に、少しアピール不足を感じさせたのは、九里、戸田、今村、中村恭、池ノ内、岩見、デヘスス。
この中では、先発ローテ争いから後退した九里と戸田が、リリーフとして一軍に残るのか、あくまで先発として調整するのかにもよるが、次の登板がラストチャンスに近いのではないかと思う。

その他では、永川は沖縄キャンプでどこまで調子を上げてこられるか、佐藤は、自身の調子もあるが、飯田との左腕リリーフ枠争いに勝たないと一軍入りは難しいのではないだろうか。



【打撃成績】
 打率
グスマン4310.750
菊池11620.545
堂林10510.500
鈴木将6330.500
上本8420.500
新井4210.500
磯村7310.429
下水流8330.375
美間6210.333
鈴木誠10330.300
安部11300.273
松山11320.273
會澤8210.250
天谷8220.250
4100.250
エルドレッド4100.250
田中10200.200
野間12200.167
7010.000
木村5000.000
小窪11000.000
白濱7000.000
石原1000.000
合計17350240.289


【投手成績】
投手防御率
小野311200.00
今井414200.00
福井516100.00
飯田27100.00
大瀬良27000.00
一岡15200.00
中崎13000.00
池ノ内15200.00
岩見313213.00
デヘスス419524.50
佐藤27114.50
野村28214.50
江草16219.00
九里420749.00
永川14219.00
戸田42310511.25
今村162218.00
中村恭1127654.00
合計4218650245.14


【カープ情報】2015.02.15 広島カープ紅白戦の結果

2015年2月15日に行われた、広島の紅白戦の試合結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

紅 000 101|2
白 110 300|5

【本塁打】なし

今日は、いきなりサード小窪の一塁悪送球でゲームがスタートする。 小窪はキャンプ序盤は好調を感じさせていたが、紅白戦ではここまでノーヒットで、守備でもやや精彩を欠くシーンも見られ、当面のライバル新井が好調なこともあり、小窪といえども開幕一軍が安泰という状況ではなくなっている。

また、紅白戦を通じて、多くの選手が積極的な走塁を試している。

サインプレーということもあり、ランダンプレーやダブルスチールのようなプレーも見せ、若い磯村はダブルスチールであっさりと本塁を許すシーンもあった。

福井は、前回登板同様、内容も伴った好投を見せ、今井は前回登板時よりも低めにボールが集まり、内容が良化していた。

戸田はリリーフで登板してきたが、前回は先発で初回失点。
この日は1イニング目は抑えたが、2イニング目につかまった。
ストレートを打たれるケースが多く、対左打者への攻め方で、持ち味である体の近くからアウトコースへ曲がるスライダーを投げないことで、ここまで投球の幅が狭くなってしまうのかと感じた。

逆に飯田はアウトコース中心の配球でも、縦の変化を混ぜることで左打者の田中を打ち取っている。
この差は大きい。

打者で目立ったのは、グスマン、下水流、上本。

グスマンは力任せに引っ張るような姿は見られず、追い込まれた後のボールの見逃し方も余裕を感じる。
それでいて、軽く合わせた打球は鋭く伸びる。
現段階では、かなり期待を持たせる内容となっている。

下水流は変化球を貯めて打ってのツーベースに、ストレートを弾き返してのツーベース。
内容は悪くない。
上本は、右打席でも左中間へライナーが飛んでいる。
以前も書いたが、昨年までの右打席、バットを短く持って、フルスイングしても外野に力のないフライが飛ぶという打球とは全く違って見える。

成績表は速報版です。成績が確認でき次第修正します。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。



紅組  打率
1鈴木誠2000.300
22100.250
 6上本1110.500
32000.000
4エルドレッド2000.250
 3木村0000.000
5堂林2100.500
6天谷2000.250
7會澤2000.250
8安部2000.273
9DH鈴木将2000.500
  合計19310.289
       
投手 防御率
九里2 10329.00
戸田2 126311.25
飯田1 3000.00
中崎1 3000.00
合計     5.14
白組  打率
1野間4100.167
2菊池3110.545
3③7松山3100.273
4グスマン2210.750
 35美間1000.333
5DH新井2000.500
 HD白濱1000.000
6田中2100.200
7⑤3小窪3000.000
8石原1000.000
 2磯村2100.429
9下水流3230.375
  合計27950.289
       
投手 防御率
福井3 10100.00
今井2 7100.00
佐藤1 4114.50
合計     5.14

【カープ情報】2015.02.14 広島カープ紅白戦の結果

2015年2月14日に行われた、広島の紅白戦の試合結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

紅 011 210 1|6
白 000 071 0|8

【本塁打】新井1号

今日は先発ローテーション投手の野村と大瀬良の対戦となり、お互いに1回は素晴らしい立ち上がりを見せていた。
しかし、2回に野村の真ん中高めのストレートを、新井がレフトスタンドへ運び、紅組が先制する。
新井はここまでベストコンディションで調整出来ており、いきなりの弾丸ライナーでの本塁打は、開幕スタメンを目標に仕上げてきている証明にもなっただろう。

大瀬良のピッチングは、コントロールも良く、低めにボールが集まっており、安定感のあるものだった。

永川については、やや不安な点もあり、野間、菊池には低めのストレートを簡単に弾き返されていた。
開幕に照準を絞っている立場の投手だとは思うが、まだ球威不足を感じる内容だった。

今村は、かつての姿とは程遠く、ストレートで押すというピッチングは見られなかった。
良いボールと、そうでないボールの割合は、2対8くらいの感じで、今日の内容では、正直なところ勝ちパターンでの登板は難しそう。

一岡は、ランナーを出してからが本領発揮という感じで、ピンチの場面で二者連続三振という投球を見る限り、当然勝ちパターンでのリリーフ起用は当確といったところ。

岩見は相変わらずという評価に変化はなく、江草、小野はまずまず。
池ノ内は、ストライクとボールがはっきりしすぎていた。
中村恭は、おそらく沖縄への帯同はないだろう。

打者では、新井の打球は力強く素晴らしかった。
野間にようやく実戦での初ヒットが飛び出し、しかも特徴である俊足も披露する三塁打を放った。
グスマンは、アウトコースの甘めの球を、軽く払ったようなバッティングで、それでいてレフトフェンス直撃のツーベースとなっており、今日出場した打者の当りの中では新井の次に鋭い打球だったように思う。

ただ、今日の試合では全般的に拙い守備が多く見られた。
珍しく菊池がエラーしてしまったのを皮切りに、美間がファーストゴロを弾くエラーに、中村恭のカバーリングの遅れが加わるダブルエラー。
安部のタッチの甘さでアウトのタイミングの盗塁がセーフになり、安部はさらに本塁への野選もあった。
併殺が間に合わないタイミングでセカンドに送球した木村の野選、堂林のファールフライ落球、盗塁のセカンド悪送球など、これだけ拙いプレーが重なれば、こういう乱戦になってしまうのも、当然ともいえる。

もっとも、勝敗度外視だからこそ、無理目のプレーを狙ったと思えるシーンもあるにはあったので、こういうプレーが出てしまった後に、しっかり修正していければ問題ない。

成績表は速報版です。成績が確認でき次第修正します。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。



紅組  打率
1野間4100.125
2菊池4310.625
3田中4000.125
4グスマン2100.500
 3美間2000.400
5DH新井2211.000
 HD2磯村2210.400
6小窪4000.000
7天谷3110.333
8下水流3100.200
9②D白濱3000.000
  合計331140.299
       
投手 防御率
大瀬良2 7000.00
一岡1 5200.00
岩見1 3103.00
中村恭1 127654.00
デヘスス2 8214.50
合計     5.40
白組  打率
1鈴木誠4220.375
22000.000
 6木村2000.000
32010.000
4エルドレッド2100.500
 7鈴木将2230.750
5⑦3松山4110.250
6會澤4100.333
7堂林4210.500
8④D安部4200.333
9DH4上本3100.429
  合計331280.299
       
投手 防御率
野村2 8214.50
永川1 4219.00
今村1 62218.00
江草1 6219.00
小野1 4100.00
池ノ内1 5200.00
合計     5.40


【カープ情報】2015.02.11 広島カープ紅白戦の結果

2015年2月11日に行われた、広島の紅白戦の試合結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

紅 000 0|0
白 001 0|1

【本塁打】なし

紅組先発の福井は、立ち上がりは逆球も多く見られたが、この時期とすれば十分の球威。
落ち着きがあり安定感のあるピッチングを見せ、先発ローテ入りに向けて、いいスタートが切れたのではないかと思う。
やはり昨シーズンの投球が自信になっているのだろう。

対する白組先発の今井も、ピッチングスタイルは福井と似ており、球威自体は悪くなさそうに見えた。
ただ、福井との違いは決め球のボールの高さにある。
安部には強い当たりのセカンドゴロを打たれるが、これは菊池が何気ないプレーにすら見えるファインプレーで、ヒットを阻んだ。

福井と今井は、互いに2回を無失点投球だったが、内容では福井の方が勝っていたように思う。

白組2番手で登板した新加入の佐藤は、右打者のインローへのボールが有効的だった。
今日の登板では、ベルトの高さより上にいくボールがなかったこともあり、結果以上に投球内容としても合格点だった。

そして今日もっとも注目の投手、デヘススが紅組の2番手で登板。
ストレートの角度もあるし、球速も出ている。
しかし、テーマをもって臨んだのかは分からないが、鈴木将、上本にはストレートを連打されて1点を失った。
この1失点後に、ようやくインハイのボールや、スライダーを織り交ぜて、鈴木誠、安部から空振り三振を奪った。
このピッチングが出来れば、確かに面白い存在になりそうで、後は捕手とのコミュニケーションが増えればいいのではないかと思う。

ストレートでファールが取れるようなピッチングが出来ると、安定感も増してくると思うのだが、サイン見落としを含め、現時点ではまだそこまでではないのかなというピッチングだったように思う。

白組の3番手は、ルーキーの飯田。
低めを丁寧に突くピッチングを貫く姿勢は見て取れた。
持ち味である変化球も織り交ぜ、実戦派という印象が強く残った。

打つ方では、菊池、上本、會澤、美間のバッティングが良く見えた。
その中でも上本は、左打席で左中間へライナーを飛ばしており、昨シーズンまでの右打席での力のない打球を見てきた方からすれば、別人が打っているのではないかとさえ思える。

成績表は速報版です。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。



紅組  打率
1野間2000.000
2菊池2100.500
3田中2000.250
4小窪2000.000
5下水流1000.000
6天谷1000.333
7美間1000.667
8DH2磯村1000.000
9②D白濱1000.000
  合計13100.246
       
投手 防御率
今井2 7100.00
デヘスス2 11314.50
合計     3.38
白組  打率
1鈴木誠2000.250
2④D安部2000.200
32000.000
4松山2100.250
5會澤1100.500
6堂林2000.500
7木村2000.000
8鈴木将1100.500
9DH4上本2110.500
  合計16410.246
       
投手 防御率
福井2 6000.00
佐藤1 3000.00
飯田1 4100.00
合計     3.38


【カープ情報】2015.02.10 広島カープ紅白戦の結果

2015年2月10日に行われた、広島の紅白戦の試合結果(特別ルール)
成績表の打者、投手の合計欄の打率及び防御率は、紅白戦・練習試合のチーム通算の数字となっています。

紅 200 1|3
白 300 0|3

【本塁打】なし

今季初実戦ということもあり、まずは元気に動いている選手を見られただけで一安心。
その中では、初の一軍を目指す美間が2安打と結果を残したが、まさに長距離打者のスイングと呼べるくらい形になって来ていて、楽しみが増えた。

また、上本の左打席もあまり違和感がなく、開幕までにどこまで仕上げてくるかに注目したい。

投手は、この時期は仕上がり途上であまり結果は重要視されないと思うが、戸田の2イニング目のピッチングと、小野のピッチングは上出来に見えた。

岩見は相変わらずという感じで、開幕まで好投を続けたとしても、今日のようなピッチングが一度でもあれば、開幕一軍は厳しいと思ってしまう。

成績表は速報版です。
公式記録ではないため、数字が異なることもあると思います。
ポジション変更も全て把握できていないこともあると思いますが、その際はご容赦ください。



紅組  打率
1鈴木誠2110.500
2④D安部3100.333
31000.000
4松山2010.000
5會澤1010.000
6堂林2201.000
7木村1000.000
8鈴木将1000.000
9DH4上本2100.500
  合計15530.313
       
投手 防御率
戸田2 11429.00
小野2 7100.00
白組  打率
1野間2000.000
2菊池2100.500
3田中2100.500
4小窪2000.000
5下水流1000.000
6天谷2110.500
7美間2211.000
8DH2磯村2000.000
9②D白濱2000.000
  合計17520.313
       
投手 防御率
九里2 10429.00
岩見2 10114.50


王躍霖(オウ・ヤクリン)投手の成績

阪神が2015年の新外国人選手として、育成枠での獲得を検討と報じられた、王躍霖(オウ・ヤクリン)投手(23)の成績
(2015年3月16日テスト不合格通知)

183cm、82kg、右投げ右打ち。

2010年から2014年までマイナーでプレーしているが、最高位はA+となっている。
先発、リリーフ、抑えを経験しているが、どのポジションでも適性を発揮したとは言い難い成績。

ストレートの最速は150キロ超で、持ち球はスライダー、カーブ、チェンジアップ。
それなりにコントロールは纏まっているような数字が残っているものの、ストライクゾーンの周辺にボールは集まるが、細かな制球があるようには見えない。

先発投手としてみれば、突如として乱れ、低めを突くコントロールがないのは、あまり良い傾向とは言えない。
勢いで押すという点で、やはりリリーフ向きの投手ではないかと思う。

抑えも経験した2012年のシーズンでは、7試合連続セーブも記録しており、調子のよい時は十分通用する力がありそう。

課題はセットポジションにありそうで、ランナーが塁に出ている時ほど制球が甘くなりがちなのか、マイナー5シーズンのうち、4シーズンでランナーが塁にいる時の被打率が高くなっている。
これを改善しない限り、勝ちパターンでの登板を勝ち取ることは難しいのではないかと思う。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2010(Rk)821102.12 17    42206191.65 3.18 10.06
2010(A-)430206.43 14    101907101.86 4.50 6.43
2011(A-)14144403.22 67    2464720771.25 2.69 10.34
2012(A)37945123.92 78    3472727821.27 3.12 9.46
2013(A+)2483443.42 71    2758429641.23 3.68 8.11
2014(A-)200000.00 3    020050.67 0.00 15.00
2014(A+)24114705.57 64 2/34069524481.44 3.34 6.68
マイナー通算113471623163.98 314 2/3139306231133051.33 3.23 8.72






【カープ情報】2015年広島カープ試合日程および結果・野球中継~インターネット動画配信&テレビ一覧

2015年の広島カープの試合日程および試合結果、野球中継(インターネット動画配信と地上波・BSテレビ)一覧表です。
放送日時は分かり次第、更新したいと思います。
NHK総合サブチャンネルの視聴方法
BS1、BS日テレなどの無料BSについては、地上波の欄に記載します。

【スポンサードリンク】


対戦チーム球場試合開始結果・動画TV(地上波)TV(BS・CS)ネット中継
3月27ヤクルトマツダスタジアム18:00結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
28ヤクルトマツダスタジアム14:00結果・動画RCCJ SPORTS 1 
29ヤクルトマツダスタジアム13:30結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
30       
31DeNA横浜18:30結果・動画 TBS ch 2ニコニコ
対戦チーム球場試合開始結果・動画TV(地上波)TV(BS・CS)ネット中継
4月1DeNA横浜18:00結果・動画RCC・BS1TBS ch 2ニコニコ
2DeNA横浜18:00結果・動画 TBS ch 2ニコニコ
3中日ナゴヤドーム18:00結果・動画NHK総合J SPORTS 2 
4中日ナゴヤドーム15:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 2 
5中日ナゴヤドーム14:00結果・動画 RCCJ SPORTS 2 
6       
7巨人マツダスタジアム18:00結果・動画 テレ朝ch 2 
8巨人マツダスタジアム18:00結果・動画RCCTBS ch 1 
9巨人マツダスタジアム18:00結果・動画 BSスカパー 
10阪神甲子園18:00中止BS1 スカイ・A sp+ 
11阪神甲子園14:00結果・動画TV新広島・BS1GAORA 
12阪神甲子園14:00結果・動画 GAORA 
13       
14ヤクルト松山18:30中止RCCフジテレビONE 
15ヤクルト松山18:30結果・動画RCCフジテレビONE 
16       
17中日マツダスタジアム18:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 1 
18中日マツダスタジアム14:00結果・動画NHK総合J SPORTS 1 
19中日マツダスタジアム13:30結果・動画ホームJ SPORTS 1 
20       
21巨人前橋18:00結果・動画 日テレG+ 
22巨人宇都宮18:00結果・動画 日テレG+ 
23       
24       
25阪神マツダスタジアム13:00結果・動画RCCJ SPORTS 1 
26阪神マツダスタジアム13:00結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
27       
28DeNAマツダスタジアム18:00結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
29DeNAマツダスタジアム14:00結果・動画NHK総合J SPORTS 1 
30DeNAマツダスタジアム18:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 1 
5月
対戦チーム球場試合開始結果・動画TV(地上波)TV(BS・CS)ネット中継
5月1ヤクルト神宮18:00結果・動画 BS1フジテレビONE 
2ヤクルト神宮18:00結果・動画 フジテレビONE 
3ヤクルト神宮18:00結果・動画 フジテレビONE 
4巨人マツダスタジアム17:00結果・動画テレビ新広島フジテレビONE 
5巨人マツダスタジアム14:00結果・動画広島テレビ日テレG+ 
6巨人マツダスタジアム13:30結果・動画RCCTBS ch 1 
7       
8阪神甲子園18:00結果・動画NHK総合スカイ・A sp+ 
9阪神甲子園14:00結果・動画NHK総合GAORA 
10阪神甲子園14:00結果・動画 GAORA 
11       
12巨人東京ドーム18:00結果・動画BS日テレ日テレG+ 
13巨人東京ドーム18:00結果・動画広島テレビ日テレG+ 
14巨人東京ドーム18:00結果・動画BS日テレ日テレG+ 
15DeNAマツダスタジアム18:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 1 
16DeNAマツダスタジアム14:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 1 
17DeNAマツダスタジアム13:30結果・動画ホームJ SPORTS 1 
18       
19中日浜松18:00結果・動画 J SPORTS 2 
20中日豊橋18:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 2 
21       
22ヤクルトマツダスタジアム18:00結果・動画NHK総合J SPORTS 1 
23ヤクルトマツダスタジアム14:00結果・動画ホームJ SPORTS 1 
24ヤクルトマツダスタジアム13:30結果・動画ホームJ SPORTS 1 
25       
26ロッテ尾道18:00結果・動画ホームJ SPORTS 1 
27ロッテマツダスタジアム18:00結果・動画RCCJ SPORTS 1 
28ロッテマツダスタジアム18:00結果・動画BS1J SPORTS 1 
29オリックス京セラドーム18:00結果・動画 J SPORTS 3 
30オリックス京セラドーム14:00結果・動画広島テレビJ SPORTS 3 
31オリックス京セラドーム13:00結果・動画RCCJ SPORTS 3 
6月
対戦チーム球場試合開始結果・動画TV(地上波)TV(BS・CS)ネット中継
6月1       
2日本ハムマツダスタジアム18:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 1 
3日本ハムマツダスタジアム18:00結果・動画RCCJ SPORTS 1 
4日本ハムマツダスタジアム18:00結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
5楽天マツダスタジアム18:00結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
6楽天マツダスタジアム14:00結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
7楽天マツダスタジアム13:30結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
8       
9西武西武プリンス18:00結果・動画ホームテレ朝ch 2 
10西武西武プリンス18:00結果・動画RCCテレ朝ch 2 
11西武西武プリンス18:00結果・動画 テレ朝ch 2 
12ソフトバンクヤフオクドーム18:00結果・動画 FOXスポーツニコニコ
13ソフトバンクヤフオクドーム14:00結果・動画広島テレビFOXスポーツニコニコ
14ソフトバンクヤフオクドーム13:00結果・動画ホームFOXスポーツニコニコ
15予備日      
16予備日      
17予備日      
18予備日      
19DeNA横浜18:00結果・動画 TBS ch 2ニコニコ
20DeNA横浜13:30結果・動画NHK総合TBS ch 2ニコニコ
21DeNA横浜13:00中止広島テレビTBS ch 2ニコニコ
22       
23阪神長野18:00結果・動画 J SPORTS 1 
24阪神富山18:00結果・動画 J SPORTS 1 
25       
26中日マツダスタジアム18:00中止NHK総合J SPORTS 1 
27中日マツダスタジアム14:00結果・動画RCCJ SPORTS 1 
28中日マツダスタジアム13:30結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
29       
30巨人東京ドーム18:00結果・動画 日テレG+ 
7月
対戦チーム球場試合開始結果・動画TV(地上波)TV(BS・CS)ネット中継
7月1巨人東京ドーム18:00結果・動画 日テレG+ 
2巨人東京ドーム18:00結果・動画広島テレビ日テレG+ 
3ヤクルトマツダスタジアム18:00結果・動画NHK総合J SPORTS 1 
4ヤクルトマツダスタジアム14:00中止テレビ新広島J SPORTS 1 
5ヤクルトマツダスタジアム13:30結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
6       
7DeNAマツダスタジアム18:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 1 
8DeNA三次18:00結果・動画RCCJ SPORTS 1 
9       
10中日ナゴヤドーム18:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 2 
11中日ナゴヤドーム15:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 2 
12中日ナゴヤドーム14:00結果・動画RCCJ SPORTS 2 
13       
14阪神甲子園18:00結果・動画 スカイ・A sp+ 
15阪神甲子園18:00結果・動画 スカイ・A sp+ 
16       
17オールスター東京ドーム     
18オールスターマツダスタジアム     
19(予備日)      
20中日マツダスタジアム18:00結果・動画テレビ新広島J SPORTS 1 
21中日マツダスタジアム18:00結果・動画広島テレビJ SPORTS 1 
22中日マツダスタジアム18:00中止 ホームJ SPORTS 1 
23       
24巨人マツダスタジアム18:00結果・動画広島テレビ  
25