デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 2013年11月
スポンサードリンク

【中日】アンダーソン・エルナンデス内野手の成績

中日が、2014年の新外国人選手として獲得を目指すと発表したアンダーソン・エルナンデス内野手(31)の成績
(12月5日契約合意)

身長175cm、体重86キロ。右投げ両打ち。

セカンド、ショートを主なポジションとし、スイッチヒッターで脚も速い打者で、タイプとすれば上位打線向きの選手には違いない。

メジャーでも6年間プレー経験があり、実績は十分積んできている。

3Aでの通算盗塁数が106個となっているが、最近来日した外国人選手の中でマイナー通算盗塁数が100個以上を記録していたのは、ヘルマン、ルイス、ロッティーノ、ルナ、モーガンなど。
(モーガンはメジャーでも100盗塁以上)

ただし、徐々に盗塁数は減少してきており、今季はメキシコ3Aで主に3番を打っているように、1シーズン通して1番打者として起用するほどの走力ではなくなってきているように思う。
体調面を考慮しながら、1~3番打者としての起用が中心になるのではないかと思う。

もっとも長打力に関してはあまり期待できないため、主軸の前でランナーを貯める役割が求められるように思う。

守備に関しては、セカンド、ショート共に、可もなく不可もなくという数字が残っており、少なくとも守備が弱点となり出場機会が限られるということはなさそう。

両打ちという事もあるが、特に右投手左投手のどちらかを苦手にしていることもなく、打順 については融通が効きそう。

今季は3Aで11本塁打を放っているが、ドミニカのウインターリーグの成績を見る限り、こちらの本塁打数が本来の長打力を現しているのではないだろうか。



 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2001(Rk)552165751101834813380.264 0.303 0.389 6920.342 0.176
2001(A+)7214010100080.190 0.190 0.286 4760.000 0.381
2002(A+)1234101061372421614331020.259 0.310 0.339 6490.324 0.249
2003(A+)1063808711422815727690.229 0.278 0.295 5730.391 0.182
2004(A+)371394363014808310.309 0.342 0.396 7380.258 0.223
2004(AA)10139410819352917626890.274 0.326 0.376 7010.292 0.226
2005(AA)662738914172411914580.326 0.360 0.462 8210.241 0.212
2005(AAA)66261796423024922460.303 0.354 0.379 7330.478 0.176
2006(A+)291000000010.111 0.111 0.111 2220.000 0.111
2006(AAA)10241410311402315521700.249 0.285 0.295 5800.300 0.169
2007(AAA)12855416728554216931820.301 0.339 0.397 7360.378 0.148
2008(AAA)1254799721753611838950.203 0.262 0.307 5680.400 0.198
2009(AAA)140000000000.000 0.000 0.000 00.000 0.000
2010(AAA)5420047501184413290.235 0.278 0.275 5530.448 0.145
2011(AAA)136510153254652211253770.300 0.366 0.400 7660.688 0.151
2012(AAA)10536999951393418580.268 0.301 0.328 6290.310 0.157
2013(AAA)6624472110114112129360.295 0.368 0.475 8440.806 0.148
マイナー通算1280487713121845947437207963468890.269 0.317 0.360 6770.389 0.182
AAA通算78330358171162931281106522254930.269 0.319 0.357 6760.456 0.162
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
20056181000001140.056 0.105 0.056 1610.250 0.222
20062566101113001120.152 0.164 0.242 4070.083 0.182
2007431000000010.333 0.333 0.333 6670.000 0.333
200828812740017001080.333 0.407 0.383 7891.250 0.099
2009123366921543377533630.251 0.312 0.339 6510.524 0.172
2010541092450033010190.220 0.286 0.266 5520.526 0.174
メジャー通算240643155255460106551070.241 0.300 0.314 6140.514 0.166
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
200625101294109329130.287 0.351 0.347 6980.692 0.129
2007281121940011414230.170 0.198 0.205 4030.174 0.205
200850211772061296315310.365 0.406 0.531 9370.484 0.147
200932112293205929160.259 0.320 0.321 6410.563 0.143
20104818446830225215280.250 0.300 0.326 6260.536 0.152
20114819058822182319230.305 0.367 0.400 7670.826 0.121
201250190561321224119280.295 0.355 0.400 7550.679 0.147
20133111727431121310160.231 0.301 0.342 6430.625 0.137
WL通算31212173416419512834171001780.280 0.362 0.376 7380.562 0.146












スポンサーサイト

【西武】グレッグ・レイノルズ投手の成績

西武が、2014年の新外国人選手として獲得を目指すと発表したグレッグ・レイノルズ投手(28)の成績

身長201cm、体重102キロ。右投げ右打ち。

メジャーでは計3年プレーしているが、主に先発投手として通算6勝を挙げている。
今季も先発して1勝しており、これは8回を投げ3失点だったが、無四球と持ち味を発揮している。

マイナーでの成績からも、コントロールに不安があるタイプではなさそう。
最高球速は151キロのようだが、球速で押すというよりは持ち球であるカーブ、スライダー、チェンジアップ、ツーシームなどで打たせて取る投球をしているようだ。

3Aでは2012~2013年の2連連続で2ケタ勝利を記録しており、2013年の12勝はリーグ2位、3A全体でも3位タイの数字となっている。(ソフトバンクがテストを行っているブルース・ビリングス投手が3Aで13勝を記録している)

この2年で調子を上げてきており、また先発投手としても長いイニングを投げることも問題なさそうで、先発ローテーション入りは有力だろうと思う。

投球フォームは違うが、カープのバリントンに近いタイプではないだろうか。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2006(A+)11112103.33 48.2 1851114291.34 2.59 5.36
2007(AA)884101.42 50.2 83229350.81 1.60 6.22
2008(AAA)13131304.26 63.1 3084422371.67 3.13 5.26
2009(AAA)1100010.38 4.1 560332.08 6.23 6.23
2010(A+)221000.82 11.0 1131261.36 1.64 4.91
2010(AA)17177605.22 89.2 521051015451.34 1.51 4.52
2011(AAA)19196706.81 109.2 831601032651.75 2.63 5.33
2012(AAA)272711905.30 163.0 962082246691.56 2.54 3.81
2013(AAA)232112302.42 156.1 42139626971.06 1.50 5.58
マイナー通算121119443004.33 696.2 335798561693861.39 2.18 4.99
AAA通算8381302204.64 496.2 256597421292711.46 2.34 4.91
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
200814132808.13 62.0 56831426221.76 3.77 3.19
20111333006.19 32.0 2240610181.56 2.81 5.06
2013651305.52 29.1 183756131.47 1.84 3.99
メジャー通算332161107.01 123.1 961602542531.64 3.06 3.87






【阪神】呉昇桓(オ・スンファン)投手の成績

阪神が、2014年の新外国人選手として獲得を発表した呉昇桓(オ・スンファン)投手(31)の成績

身長178cm、体重92キロ。右投げ右打ち。

韓国での9年間のプレー期間の内、5度の最多セーブを記録している韓国最高のクローザー。
故障歴があるのが気になるが、抑え投手としてコントロールに不安がないのは、かなり期待が高い。
チーム状況にも左右されるが、日本でも1年目からいきなり最多セーブを記録しても何ら不思議はない。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
200561 101161.18 99.0 13465201150.67 1.82 10.45
200663 43471.59 79.1 14431121090.71 1.36 12.37
200760 44401.40 64.1 1041617690.93 2.38 9.65
200857 11391.40 57.2 934215510.87 2.34 7.96
200935 22194.83 31.2 1728717511.42 4.83 14.49
201016 0044.50 14.0 71345191.29 3.21 12.21
201154 10470.63 57.0 427211760.67 1.74 12.00
201250 21371.94 55.2 1233113810.88 2.10 13.10
201348 41281.74 51.2 1033410540.83 1.74 9.41
韓国通算444 28132771.69 510.1 96298321206250.82 2.12 11.02

【ロッテ】チャッド・ハフマン外野手の成績

ロッテが、2014年の新外国人選手として秋季キャンプでテストを行い、合格したと発表したチャッド・ハフマン外野手(28)の成績

身長185cm、体重98キロ。右投げ右打ち。

2010年にメジャーデビューを果たしているが、2009年から2013年は3Aでレギュラー的な立場にある。
打率もそこそこ、長打力もそこそこという印象が強く、選球眼もまずまずだが、その他では三振が若干多いのが気になるくらい。
3Aでは主にレフトまたはライトを守っており、標準レベルの守備力がありそう。
走力もそこまで悪いとも思えない。

今季は3番を打つことが多かったようだが、打点はあまり稼げていないようだ。

これまでの成績から受ける印象は、あまり穴がなく、大きく成績を落としそうな感じはないが、どの数字をとってみても平均点という選手のように思える。



 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2006(A-)54198681719402325340.343 0.439 0.576 10140.735 0.172
2006(A)5143010001220.214 0.312 0.357 6701.000 0.143
2007(A+)843169719215760142560.307 0.402 0.522 9240.750 0.177
2007(AA)4916745417280022440.269 0.362 0.431 7930.500 0.263
2008(AA)1194371243019581167830.284 0.383 0.419 8020.807 0.190
2009(AAA)135469126302206885571150.269 0.361 0.469 8300.496 0.245
2010(AAA)10436810120010450240810.274 0.353 0.410 7630.494 0.220
2011(AAA)124431106302135851671070.246 0.351 0.415 7660.626 0.248
2012(AAA)67234662206331023580.282 0.350 0.453 8030.397 0.248
2013(AAA)1083098718113552047700.282 0.379 0.472 8520.671 0.227
マイナー通算84929438231901110246119143926500.280 0.373 0.456 8280.603 0.221
AAA通算53818114861205622591682344310.268 0.359 0.443 8020.543 0.238
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
20109183000200250.167 0.286 0.167 4520.400 0.278
メジャー通算9183000200250.167 0.286 0.167 4520.400 0.278








【ソフトバンク】ブルース・ビリングス投手の成績

ソフトバンクが、2014年の新外国人選手として秋季キャンプでテストを行うと発表したブルース・ビリングス投手(27)の成績

身長183cm、体重95キロ。右投げ右打ち。

2011年にメジャー初昇格しているが、制球を乱し、打ち込まれ結果を残すことは出来なかったが、7イニングで7奪三振、奪三振率9.00と実力の片鱗は見せていた。

最速153キロのストレートが最大の武器で、持ち球はスライダー、カーブ、チェンジアップといったところで、本格派の投手と言っていいと思う。

プロ入りして以降は、先発で多くの経験を積んできており、特に2012年と2013年の数字は優秀となっている。 2013年の13勝はPCLのリーグトップで、3A全体としても2位の勝ち星を挙げている。

コントロールも程よく纏まっており、全体的にレベルが高い投手のように思え、ここ2年間先発ローテーションを守っていることから、当然先発での起用が有力になりそう。

これまでの成績からは、テストの必要があるのかとさえ思える。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2007(A-)15154202.97 78.2 2659816890.95 1.83 10.18
2008(A)272791104.13 161.1 7416311421441.27 2.34 8.03
2009(A+)212061004.17 99.1 469110381221.30 3.44 11.05
2010(AA)341411613.28 109.2 40866441011.19 3.61 8.29
2011(AAA)4427214.46 76.2 3880534721.49 3.99 8.45
2012(AA)202003.18 5.2 240431.41 6.35 4.76
2012(AAA)25257603.98 133.1 5912615391171.24 2.63 7.90
2013(AAA)282613804.31 148.1 7114017511351.29 3.09 8.19
マイナー通算196129594523.95 812.0 356749722687831.25 2.97 8.68
AAA通算9753271614.24 357.0 168346371243241.32 3.13 8.17
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
20114000010.29 7.0 8131672.71 7.71 9.00
メジャー通算4000010.29 7.0 8131672.71 7.71 9.00






【楽天】ルーク・ファンミル(ローク・バンミル)投手の成績

ソフトバンクが、2014年の新外国人選手として秋季キャンプでテストを行うと発表したルーク・ファンミル(ローク・バンミル)投手(29)の成績
(ソフトバンクのテスト不合格後、楽天のテストへ参加)
(3月3日、楽天との育成選手契約発表)
(3月25日、支配下選手登録発表)

身長216cm、体重118キロ。右投げ右打ち。

まず216センチという長身が特徴となるが、これまでの成績はメジャー経験なしで、マイナーでの成績も特に目立つものはない。

ボールの角度から考えれば、打者が打ちにくいのは間違いないと思うのだが、リリーフ専門の投手としては奪三振率が物足りない。

コントロールにも難がありそうで、まずはストライクが取れないことには起用方法が難しそう。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2006(Rk)1081203.30 43.2 1651317241.56 3.50 4.95
2007(Rk)1302202.63 24.0 714017231.29 6.38 8.63
2008(A)2802233.22 44.2 1636525421.37 5.04 8.46
2009(A+)2500052.86 34.2 1129317231.33 4.41 5.97
2009(AA)801112.45 7.1 270651.77 7.36 6.14
2010(A+)300104.50 4.0 240060.00 0.00 13.50
2010(AA)2401206.16 30.2 2140123212.05 6.75 6.16
2011(AA)3013502.04 66.1 1553423461.15 3.12 6.24
2012(AA)2701101.94 46.1 1034211400.97 2.14 7.77
2012(AAA)1401006.38 18.1 132421291.96 5.89 4.42
2013(AA)4800983.38 61.1 2353628321.32 4.11 4.70
2013(AAA)300106.75 2.2 270223.37 6.75 6.75
マイナー通算23391226173.23 384.0 138352261812731.39 4.24 6.40
AAA通算1701106.43 21.0 1531214112.14 6.00 4.71

【西武】ポーフィリオ・ロペス投手の成績

西武が、2014年の新外国人選手として秋季キャンプでテストを行うと発表したポーフィリオ・ロペス投手(23)の成績
(育成選手として契約)

身長178cm、体重91キロ。左投げ左打ち。

これまでマイナー経験のみの若手投手で、どちらかと言えば小柄な体型のようだ。
あまり目立った成績は残せていないが、数字から見れば、力押しで三振を奪いに来るタイプではないかと思う。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2011(A)1962423.37 56.0 2149421511.25 3.37 8.20
2011(A+)1202105.16 22.2 1323211181.50 4.37 7.15
2012(A)1422305.30 35.2 2134327351.71 6.81 8.83
2012(A+)1202112.22 28.1 72129181.06 2.86 5.72
マイナー通算5788933.90 142.2 6212711681221.36 4.28 7.68

ギャレット・モック投手の成績

西武が、2014年の新外国人選手として秋季キャンプでテストを行うと発表したギャレット・モック投手(30)の成績
(契約見送り)

身長193cm、体重104キロ。右投げ右打ち。

ストレートの最速は154キロで、持ち球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、ツーシーム。
特にチェンジアップは決め球として有効で、メジャー、マイナー問わず比較的奪三振率は高い。

一方でコントロールに関しては、あまり精度が良くないようで、年度によってかなりばらつきがある。
動画からは、真ん中付近から適度に変化させて打ち取り、きわどいコースを狙うと外れてしまうような投球のように見えてしまう。
好不調の波が大きそうな感じで、一旦調子を崩すと立て直すのが容易ではなさそうな印象を受ける。

先発とリリーフのどちらでも起用できる便利さがあり、ロングリリーフも可能ではあるが、2013年のシーズンでは、先発時には序盤ノックアウトという試合も多くみられ、先発するとなれば谷間的な起用に限られるのではないだろうか。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2004(A-)552001.54 23.1 41814140.94 1.54 5.40
2004(A)883203.00 54.0 1849212371.13 2.00 6.17
2005(A+)282814704.18 174.1 8120219331601.35 1.70 8.26
2006(AA)23234804.95 131.0 7214414501171.48 3.44 8.04
2006(AA)4404010.26 16.2 19292592.04 2.70 4.86
2007(Rk)320204.70 7.2 4113181.57 1.17 9.39
2007(A+)111000.00 6.0 030150.67 1.50 7.50
2007(AA)11111505.79 51.1 3366528411.83 4.91 7.19
2008(AAA)19176303.01 104.2 3598925961.18 2.15 8.25
2009(AAA)1385122.65 51.0 1536213480.96 2.29 8.47
2010(A)110000.00 3.0 010130.67 3.00 9.00
2010(A+)220104.50 8.0 4121090.00 0.00 10.13
2010(AA)110107.20 5.0 461201.60 3.60 0.00
2010(AAA)221104.09 11.0 5110361.27 2.45 4.91
2011(Rk)701104.91 7.1 4110080.00 0.00 9.82
2011(A+)110000.00 6.0 040261.00 3.00 9.00
2011(AA)2201013.50 7.1 11123352.05 3.68 6.14
2011(AAA)1640306.28 28.2 2024224321.67 7.53 10.05
2012(AAA)1200015.54 13.0 81515151.54 3.46 10.38
2012(AAA)3503253.33 48.2 1849523531.48 4.25 9.80
2013(AAA)33118706.72 75.0 56941138541.76 4.56 6.48
マイナー通算227131494984.44 833.0 411895812737261.40 2.95 7.84
AAA通算13042231784.24 333.0 157327301313041.38 3.54 8.22
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
20082631304.17 41.0 1937423461.46 5.05 10.10
2009281531005.62 91.1 57114944721.73 4.34 7.09
2010110005.40 3.1 242532.70 13.50 8.10
メジャー通算551941305.20 135.0 7815515721211.68 4.80 8.07








【日本ハム】マイケル・クロッタ投手の成績

日本ハムが、2014年の新外国人選手として獲得を発表したマイケル・クロッタ投手(29)の成績

身長198cm、体重107キロ。右投げ右打ち。

メジャーへは2011年に初昇格しているが、リリーフ登板のみで結果は残せなかった。
マイナーでは先発も多く経験しているが、3Aに昇格以降は徐々に勝てなくなっている。

マイナー通算の与四球率が2.02と一見コントロールに不安はなさそうだが、最速154キロのストレートがある投手にしては奪三振率が物足りない。

打たせて取るタイプだとして、どのボールが有効かということになると、持ち球がスライダー、ツーシーム、カーブあたりということだが、ストレートに比べるとコントロールのばらつきが大きいように思う。

これにより勝負球としては使い難く、投球の幅が狭くなっているのが原因ではないかと思う。

リリーフ専門となった2013年シーズンも、先発時の過去の成績と比べて大幅に良化したとも思えず、勝ちパターンでの起用となれば、変化球の精度がどの程度のものか見極める必要がありそう。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2006(A-)1171302.68 43.2 134314281.08 0.82 5.77
2006(A)4412010.38 17.1 20361272.19 1.04 3.63
2007(A)262510504.39 137.1 671671028741.42 1.83 4.85
2007(AA)1101010.12 2.2 360203.00 6.75 0.00
2008(A+)282891004.67 146.1 76171825971.34 1.54 5.97
2009(AA)27277804.76 143.2 76181733971.49 2.07 6.08
2010(AA)442001.78 25.1 51403160.67 1.07 5.68
2010(AAA)242451004.93 131.1 721601037891.50 2.54 6.10
2011(AA)100000.00 1.0 010010.00 0.00 9.00
2011(AAA)1100005.91 10.2 7112251.22 1.69 4.22
2013(AAA)5106743.57 58.0 2359025441.45 3.88 6.83
マイナー通算188120414644.54 717.0 362849391614581.41 2.02 5.75
AAA通算8624111744.59 200.0 10223012641381.47 2.88 6.21
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
20111500109.28 10.2 11202572.34 4.22 5.91
メジャー通算1500109.00 11.0 11202572.27 4.09 5.73






【日本ハム】ルイス・メンドーサ投手の成績

日本ハムが、2014年の新外国人選手として獲得を発表したルイス・メンドーサ投手(30)の成績

身長191cm、体重111キロ。右投げ右打ち。

2012年にはメジャーで先発ローテ入りし、8勝を記録している。
最速155キロのストレートに加え、ツーシーム、スライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜてくる投球スタイル。
持ち球の中でも、特にスライダーは絶対的な決め球として、高い三振奪取率を誇る。

コントロールも纏まっており、自滅するタイプの投手ではないが、追い込んでからのスライダーに繋ぐ前の組み立てで適度にストライクコースに散らせるため、相手打者にやや早打ちの傾向があるのか奪三振率はあまり高くない。

ツーシームも150キロ超を記録しており、ツーシームでファールなどカウントが稼げるようだと、日本では奪三振数が増える可能性がある。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2002(Rk)13103414.21 57.2 277638211.46 1.25 3.28
2003(Rk)220000.00 5.0 040030.00 0.00 5.40
2003(A)13113302.26 59.2 1546114291.01 2.11 4.37
2004(A+)25258703.74 137.0 571331254511.36 3.55 3.35
2005(A+)220109.28 10.2 11181432.06 3.37 2.53
2005(A+)23224906.34 119.1 841451736601.52 2.72 4.53
2006(A+)13135403.14 63.0 2267414461.29 2.00 6.57
2006(AA)772407.75 38.1 3355211211.72 2.58 4.93
2006(AA)991506.38 48.0 3473414291.81 2.63 5.44
2007(AA)262515403.93 148.2 651451148931.30 2.91 5.63
2008(AA)110006.75 1.1 110212.25 13.50 6.75
2008(AAA)882305.14 35.0 204318191.46 2.06 4.89
2009(AAA)25186704.53 111.1 56130450781.62 4.04 6.31
2010(AAA)242210904.10 131.2 601451332591.34 2.19 4.03
2011(AAA)331812522.18 144.1 35126554811.25 3.37 5.05
マイナー通算224193716534.21 1111.0 5201207783495941.40 2.83 4.81
AAA通算9066302423.65 422.0 171444231442371.39 3.07 5.05
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2007631002.25 16.0 4131471.06 2.25 3.94
200825113818.67 63.1 6197725351.93 3.55 4.97
20091000036.00 1.0 421103.00 9.00 0.00
20104001022.50 4.0 10104313.25 6.75 2.25
2011222001.23 14.2 2110571.09 3.07 4.30
2012302581004.23 166.0 7817615591041.42 3.20 5.64
201322152605.36 94.0 561061043541.59 4.12 5.17
メジャー通算9056162515.39 359.0 215415381402081.55 3.51 5.21




【阪神】マウロ・ゴメス内野手の成績

阪神が、2014年の新外国人選手として獲得を目指すと発表したマウロ・ゴメス内野手(29)の成績
(11月22日獲得発表)

身長188cm、体重104キロ。右投げ右打ち。

メジャーには2012年に初昇格しており、本塁打2本を放つなど打撃面ではまずまずの数字を残したが、定着には至らなかった。

3Aでの打撃成績からは、長打力を見せつけている半面、三振が多く四球を選ぶタイプではないようだ。
気になるのは、2013年は再び3Aで1シーズンプレーしているが、これまで以上に本塁打狙いに徹したためか三振率が高くなり、打率も自己ワーストとなっている点。

3Aでの通算三振率0.270は、2011年以降の外国人選手の中では、元中日のビクトル・ディアス、広島のエルドレッドに次ぐ数字となる。
来日前年または同年に三振率が0.30を超えるのも前述の2人のみとなっている。

少なくとも三振の多さには目を瞑って、長打力を期待する起用方法になりそう。

また守備については、ファーストとサードでの守備機会が多くなっているが、基本的にはファースト専門のようで、サードの守備に関してはまず1シーズンレギュラーとして守るには心もとない数字が残っている。
もっともファーストの守備についても、あまり信頼のおける数字は残っていない。



 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2004(Rk)3412631921160210330.246 0.301 0.3736740.303 0.262
2005(Rk)4135201400320.385 0.471 0.76912401.500 0.154
2006(Rk)1144183031411550.409 0.480 0.68211621.000 0.114
2006(A+)5921355142425106710.258 0.279 0.3996780.085 0.333
2007(A)132497130280217423231150.262 0.316 0.4457610.200 0.231
2008(A+)80316771308410014930.244 0.281 0.3616410.151 0.294
2009(A+)124501143353289410311410.285 0.333 0.5358680.220 0.281
2010(AA)133495139422168012461220.281 0.349 0.4718200.377 0.246
2011(AAA)135506154342249062381310.304 0.356 0.5228780.290 0.259
2012(AAA)10038712034124741035880.310 0.371 0.5899600.398 0.227
2013(AAA)110405101211297322431310.249 0.322 0.5218430.328 0.323
マイナー通算92235039732351315958515122549320.278 0.333 0.4888210.273 0.266
AAA通算345129837589477237941163500.289 0.350 0.5428910.331 0.270
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2012371022852217008260.2750.3240.4227460.308 0.255
メジャー通算371022852217008260.2750.3240.4227460.308 0.255








【ロッテ】ルイス・クルーズ内野手の成績

ロッテが、2014年の新外国人選手として獲得調査を行っていると発表したルイス・クルーズ内野手(29)の成績
(11月27日獲得発表)

身長185cm、体重95キロ。右投げ右打ち。

マイナーではキャッチャーを除く全ポジション、メジャーでも内野は全ポジションを守っており、ユーティリティプレーヤーとして重宝されている選手。

打撃についてはあまり好成績を残していなかったが、2010年以降は打撃の向上が見られる。
早打ちの傾向があるようで、三振が少なく、四球も少ない。
走力についてはあまり期待できず、2011年の3Aでは83試合で16本塁打を放っているのがシーズン最多で、中距離タイプの打者だろうと思う。

守備については、ショートが主なポジションとなっており、次いでセカンド、サードの順に守備機会が多い。
基本的にどのポジションでも平均的に守れるが、飛び抜けた守備力を誇っているという数字ではない。



 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2001(Rk)531975190318147170.259 0.285 0.350 6350.412 0.086
2002(Rk)217221400922360.292 0.329 0.347 6760.500 0.083
2002(A)582023871315029300.188 0.221 0.277 4980.300 0.149
2003(A)1294811112418532230550.231 0.279 0.335 6130.545 0.114
2004(A+)1245121423538723724560.277 0.310 0.404 7140.429 0.109
2005(AA)44151242136019310.159 0.215 0.245 4600.290 0.205
2005(AAA)61226641534234110260.283 0.314 0.429 7430.385 0.115
2006(AA)13049913035312658429620.261 0.301 0.415 7160.468 0.124
2007(AA)69238601004193013200.252 0.293 0.345 6380.650 0.084
2007(AAA)4515526101517009240.168 0.216 0.342 5580.375 0.155
2008(AA)105375992416463319340.264 0.303 0.381 6850.559 0.091
2008(AAA)3212039100315243140.325 0.347 0.483 8300.214 0.117
2009(AAA)6622958150323336260.253 0.274 0.358 6320.231 0.114
2010(AAA)12948813729310680015560.281 0.309 0.414 7230.268 0.115
2011(AAA)(通算)8333910118116522215430.298 0.342 0.499 8410.349 0.127
2012(AAA)74289923138461213340.318 0.348 0.529 8770.382 0.118
マイナー通算122345731193278219654734372145340.261 0.296 0.394 6900.401 0.117
AAA通算490184651712811492441212712230.280 0.310 0.441 7510.318 0.121
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2008226715300311320.224 0.278 0.269 5461.500 0.030
2009277015100200670.214 0.282 0.229 5110.857 0.100
20107174010100020.235 0.235 0.353 5880.000 0.118
20127828384200640219340.297 0.322 0.431 7530.265 0.120
2013(通算)611732530111106330.145 0.179 0.179 3580.182 0.191
メジャー通算1956101432717574224780.234 0.272 0.316 5890.308 0.128










【ソフトバンク】バーバロ・カニザレス内野手の成績

ソフトバンクが、2014年の新外国人選手として獲得を目指し、秋季キャンプでテストを行うと発表したバーバロ・カニザレス内野手(33)の成績(11月10日獲得発表 当初表記バーバロ・カニサレス)

身長191cm、体重109キロ。右投げ右打ち。

メジャーには2009年に初昇格し、5試合の出場のみと結果が残せなかったが、3Aでの実績は豊富。
2011年~2013年はメキシコ3Aでプレーしており、今季は打率8位、本塁打3位、打点3位という打撃成績を残している。
メキシコでの打撃成績はもちろんだが、それ以前の3Aでの成績も優秀で、2007年から2010年の4年間で打率3割以下だったのはわずか1回で、それも.294というもの。

また、3A通算BB/Kが非常に高く、三振率も低いことから穴の少ない打者に思える。
(メキシコ3Aを除く3A通算BB/K0.674、三振率0.136)
BB/Kが0.9を超え、三振率が0.15以下の選手となると、2011年以降に来日した外国人選手の中では西武ヘルマン(3A通算BB/K0.982、三振率0.141)が当てはまる。

メキシコでプレーする以前のシーズン最多本塁打は13本に留まる。
とは言え、縦の変化には弱点がありそうな感じは受けるが、潜在的なパワーはかなり秘めていそうなバットスイング。

この長打力も踏まえ、広島カープのキラ(3A通算BB/K0.975)と楽天のマギー(3A通算三振率.162)がカニサレスと近いタイプではないだろうか。

守備に関しては、ほぼ一塁手専門の選手だが、守備率、レンジファクターの数字からは、標準をやや下回る守備力ということになりそうで、指名打者との併用が現実的ではないだろうか。



 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死