デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 2012年03月
スポンサードリンク
-別アーカイブ  [ 2012-03- ] 

<< 前- |  2012-03-  | 翌- >>

【カープ情報】2012.03.31 広島対中日 公式戦第2戦 バリントン炎上【ハイライト動画】

2012年3月31日に行われた、広島対中日の公式戦の結果

広島 000 000 000|0
中日 104 020 02×|9

勝 川上 1勝
負 バリントン 1敗
S  -

【本塁打】ブランコ1号

【広島】バリントン-中崎-岸本-今村
【中日】川上-鈴木-田島-浅尾

中日先発の川上は球威が不足気味もギリギリのコースに投げ込み、打てそうで打てないベテランの味を発揮した。

一方のカープ先発のバリントンは、球威こそまずまずだが、初回から球が高めに集まり1点を失う。
2回3回になってもコントロールミスが多く、ヒットを打たれた球のほとんどが真ん中から高めに集まっていた。
結局最後まで修正ができず、4回を投げて被安打8、失点5(自責点4)と中日打線の餌食となってしまった。

2番手の中崎は2日続けての登板だが、リリーフ陣の中では一番長いイニングを投げていることを考えると、順番がどうかなという気がする。
カットボールが全くと言っていいほど変化しておらず、持ち味が出せていない状態に見えた。

ブランコにツーランを浴びた今村は、ほぼど真ん中のスライダーを打たれており、どの投手もいつものコントロールが出来ていなかった印象だ。


カープの打者で期待が出来そうなのは、ニックと松山。ニックは開幕戦こそ吉見の前にノーヒットだったが、低めの球をレフトフェンス際まで運んでおり、打球の角度はいい感じ。
川上に対しても、バットの先端だがライト前に運び来日初ヒット。
松山も、体の前でボールを捌く打球で初ヒットが出た。やはりヒットの打ち方はカープの打者の中でも上位に位置しそう。

開幕戦と同様に中日相手には後手に回った段階で勝つチャンスがほとんどなくなる。
とは言っても中日は開幕直後から打線が好調で、特に6番井端と7番平田が絶好調。先制を許さないようにするだけでも一苦労しそうだ。

どちらにしても、無得点では勝てないわけだが・・・

せめて、チアドラゴンズのVダンスで癒されよう、うん・・・

[高画質で再生]

20120331carp001 [映画]



[高画質で再生]

20120331carpv [アクセスカウンター]
スポンサーサイト

【プロ野球】2012年公式戦結果・ハイライト動画リスト・一覧表【3月】【4月】

2012年、プロ野球公式戦の試合結果及びハイライト動画、ニュース動画のリストです。
掲載サイトは、youtube、ニコニコ動画、FC2動画などです。
広島カープの試合結果・ハイライト動画は、【カープ情報】2012公式戦 のカテゴリー内にも掲載しています。



25262728293031
     巨 0 - 4 ヤ巨 3 - 6 ヤ
中 4 - 2 広中 9 - 0 広
神 5 - 5 デ神 3 - 2 デ
日 9 - 1 西日 4 - 3 西
楽 3 - 5 ロ楽 3 - 5 ロ
ソ 3 - 1 オソ 5 - 2 オ
1234567
巨 4 - 2 ヤ ヤ  中止  神ヤ 5 - 5 神ヤ 1 - 3 神デ 0 - 2 広デ 0 - 1 広
中 2 - 2 広  中止  デ 0 - 4 中デ 0 - 3 中中 1 - 0 ヤ中 1 - 2 ヤ
神 2 - 6 デ広 4 - 0 巨広 2 - 1 巨広 2 - 0 巨神 3 - 0 巨神 1 - 0 巨
日 0 - 1 西日 4 - 5 オ日 2 - 4 オ日 3 - 1 オ西 2 - 4 ソ西 2 - 4 ソ
楽 2 - 4 ロ楽 5 - 0 ソ楽 6 - 5 ソ楽 6 - 7 ソロ 3 - 6 日ロ 0 - 4 日
ソ 5 - 1 オ西  中止  西 0 - 2 ロオ 2 - 2 楽オ 2 - 3 楽
891011121314
デ 2 - 5 広 巨 6 - 6 中巨 5 - 1 中巨 3 - 2 中デ 0 - 6 巨ヤ 10 - 1 広
中 1 - 3 ヤヤ 2 - 1 デヤ 0 - 7 デヤ 0 - 4 デ神 3 - 1 中デ  中止  巨
神 1 - 5 巨広 2 - 10 神広 1 - 4 神広 1 - 1 神日 1 - 2 楽神 4 - 7 中
西 5 - 7 ソ楽 0 - 4 西楽 中止  西ロ 1 - 3 オソ 1 - 1 ロ日 2 - 1 楽
ロ 1 - 3 日ロ 2 - 1 オロ 中止 オソ 4 - 0 日 西 中止 オ
オ 2-  0 楽ソ 3 - 1 日ソ 14 - 0 日  ソ 1 - 4 ロ
15161718192021
ヤ 1 - 0 広西 0 - 13 日中 1 - 4 巨中 5 - 2 巨中 4 - 1 巨ヤ 2 - 1 巨ヤ 2 - 0 巨
デ 3 - 1 巨 神 4 - 0 ヤ神 2 - 3 ヤ神 4 - 3 ヤデ 3 - 1 神デ 4 - 3 神
神 0 - 3 中 広 3 - 0 デ広 8 - 1 デ広 6 - 1 デ広 0 - 2 中広 1 - 6 中
日 4 - 3 楽 西 3 - 2 日ロ 7 - 3 楽西 2 - 3 日ロ 0 - 1 西ロ 3 - 2 西
西 2 - 6 オ ロ 中止  楽オ 6 - 4 ソロ 3 - 6 楽オ 0 - 5 日オ 1 - 8 日
ソ 1 - 5 ロ オ 0 - 2 ソ オ 11 - 9 ソ ソ 11 - 1 楽
22232425262728
ヤ 3 - 2 巨 ヤ 4 - 1 中巨 中止 デ巨 15 - 3 デ 巨 2 - 7 神
デ 3 - 11 神神 0 - 1 広ヤ 1 - 1 中ヤ 4 - 2 中中 3 - 1 デ
広 2 - 3 中日 1 - 2 ロ神 5 - 0 広神 0 - 1 広広 4 - 6 ヤ
ロ 6 - 4 西楽 4 - 0 オ日 5 - 1 ロ日 2 - 1 ロ楽 3 - 3 日
オ 0 - 1 日ソ 1 - 0 西楽 7 - 4 オ楽 4 - 5 オロ 2 - 3 ソ
ソ 0 - 1 楽 ソ 1 - 3 西ソ 3 - 5 西オ 4 - 8 西
2930     
巨 2 - 0 神巨 0 - 0 神
中 3 - 0 デ中 1 -  0 デ
広 3 - 0 ヤ広 1 - 7 ヤ
楽 0 - 4 日楽 2 - 1 日
ロ 2 - 1 ソロ 4 - 3 ソ
オ 1 - 3 西オ 5 - 4 西


【プロ野球】2012年公式戦結果・ハイライト動画リスト・一覧表【5月】
【プロ野球】2012年公式戦結果・ハイライト動画リスト・一覧表【6月】
【プロ野球】2012年公式戦結果・ハイライト動画リスト・一覧表【7月】
【プロ野球】2012年公式戦結果・ハイライト動画リスト・一覧表【8月】
【プロ野球】2012年公式戦結果・ハイライト動画リスト・一覧表【9月】
【プロ野球】2012年公式戦結果・ハイライト動画リスト・一覧表【10月】

【カープ情報】2012.03.30 広島対中日 開幕戦結果 堂林プロ入り初スタメンで二塁打

2012年3月30日に行われた、2012年のプロ野球公式戦の開幕戦。
広島対中日の試合結果

広島 000 000 020|2
中日 000 030 10×|4

【本塁打】平田1号

勝 吉見 1勝
負 前田健 1敗
S 岩瀬 1S

【広島】前田健-江草-中崎-岸本
【中日】吉見-岩瀬

スタメン発表で大方の予想に反し、堂林が7番サードでプロ入り初スタメンとなった。
中日の先発が吉見だけに、サードは松山で行くものだと思っていたが、思い切った起用をしてきた。さらには広瀬をセンター起用しており、こちらは吉見との相性を重視したようだ。

だが、開幕戦の吉見は絶好調。7回まではパーフェクトかというピッチングをされる。
しかし、8回に栗原の初ヒットの後、堂林のプロ入り初ヒットとなる二塁打でチャンスを広げ、代打の切り札の前田智がセンター前2点タイムリー。

ただ、中日相手には後手に回った段階で勝ち目はほとんどなく、あと一歩までは近づくものの追いつけないのは昨シーズンまでと変わらない。開幕戦から『おしい!広島県』(youtubeで再生)そのままの流れになってしまっている。

実際7回までは、リードを許した場面で江草を投入するも、先頭打者に四球を出したりと、完全な負けパターン。
後は、中崎のプロ初登板とか、経験のために割り切った選手起用に終始。
その中崎は、いきなり得点圏にランナーを背負った状況で登板。しかも相手は4番の山崎。
そこで抑えるのだからいい経験ができたはず。
ただ、いきなり回跨ぎしてしまった。いいイメージのままマウンドから下してあげればという気もするが・・・

考えてみれば、堂林もそうだがプロ初出場となる選手をずっとベンチに置いておいても緊張が長引くだけ。
そう思えば、1試合を犠牲にしても初出場となる選手を多く起用するのは意味があるのかなと思う。
結果として堂林は3打席目にプロ初ヒットとなるツーベースを放ったことだし、プロ初出場組にとっては実りのある試合となった。

試合よりも一番興味深かったシーンは、明日の試合の予告先発の発表のシーン。
今日は負けだが明日はバリントンで勝とう!という感じの観客の反応だったように思う。






【カープ情報】公式戦のラジオ中継はネットラジオで!

テレビ中継のない日はラジオを聴くしかないのですが、パソコンしか視聴環境がない場合はネットラジオでカープの試合中継を聴いちゃいましょう。

RCCのチャンネルに合わせると、ネット上でRCCのカープ中継が聴けちゃいます。(広島県限定)
下手にラジオで聞くよりもノイズがなくて快適かも!?
もちろんスマートフォンにも対応してます。

RCCラジオのネット中継radiko

スマートフォンネットラジオを聴く場合は、wi-fiルーターで料金定額にするのをお忘れなく。
ルーター本体は無料ですし、キャッシュバックも1万円以上あるのでお得です。
こちらからどうぞ⇒BroadWiMAXの詳細をみる













大人気の車中泊専用マット
マットの厚さ10cmでゴツゴツしない。ぐっすり眠れる。
しかも自然に膨らむので、空気入れが必要ありません。


オンリースタイル楽天市場店



【カープ情報】2012.03.29 ウエスタンリーグ 広島対中日 中村恭平完封

2012年3月29日に行われた、ウエスタンリーグの広島対中日の試合結果

中日 000 000 000|0
広島 000 030 00×|3

【本塁打】なし

【中日】山内-朝倉-金剛
【広島】中村恭

開幕1軍メンバーは名古屋に移動したため、純粋なファームのメンバーでの試合となった。
カープ先発の中村恭は、9回を被安打2、四球2、奪三振3の完封勝利。
三振数が3つということで、以前のような速球の勢いだけで抑える投球とは違った。

【カープ情報】2012.03.28 ウエスタンリーグ 広島対中日 先発福井炎上・ミコライオは完璧

2012年3月28日に行われた、ウエスタンリーグの広島対中日の試合結果

中日 003 230 011|10
広島 000 010 101| 3

【本塁打】野本

【中日】中田賢-岩田-岡田-清水-矢地
【広島】福井-江草-ミコライオ-中崎-池ノ内

広島カープは福井が先発したものの、5回を投げ打者27人に対して、被安打10、四球2、失点8、ワイルドピッチ3個と散々な内容だった。
3回には先頭打者の9番、投手の中田賢にヒットを打たれ、犠打と四球でランナーを貯めたところへ野本に3ランを浴びた。
4回は、ヒットと四球で貯めたランナーを、ワイルドピッチの間に2者生還を許し2失点。
5回は先頭打者に三塁打を打たれ、次打者で内野ゴロ本塁封殺したものの、そこから3連打と犠牲フライで3失点。

2番手の江草は、1アウトから連打でピンチを背負うも、後続を討ち取り何とか無失点に切り抜ける。
3番手のミコライオは、2者連続三振もあり、危なげなく三者凡退。
4番手の中崎は、先頭打者にヒットを打たれ、続いてヒット、犠打で23塁のピンチを背負い、内野ゴロの間に1失点。
5番手の池ノ内は、ヒットこそ打たれなかったが、2四球とワイルドピッチで1失点。

今日登板した5人の投手の中で、先頭打者の出塁を許した回は全て失点している。(福井、中崎、池ノ内)
一方、江草はランナーを許すものの先頭打者はきっちりと打ち取っていた。

先頭打者の出塁を許すのは仕方がない部分もあるが、そこからの失点の割合を減らしていくことが勝率を上げていく近道だろう。
福井の場合、勝率5割で十分なポジションにいるのだから、悪い結果が出ても割り切って次の試合には引きずらなければ問題ない。

大人気の車中泊専用マット
マットの厚さ10cmでゴツゴツしない。ぐっすり眠れる。
しかも自然に膨らむので、空気入れが必要ありません。


オンリースタイル楽天市場店






【カープ情報】2012.03.27 ウエスタンリーグ 広島対中日 大竹先発

2012年3月27日に行われた、ウエスタンリーグの広島対中日の試合結果

中日 001 000 000|0
広島 100 000 001|2

【本塁打】なし

【中日】雄太-山井
【広島】大竹-岸本-大島-武内-今村

カープの登板した投手5人のうち、1軍メンバーが4人登板した。

大竹は6回を投げ、6安打1失点に抑える。
今村も1回を投げ、無安打2奪三振と結果を出した。

大竹がファームとは言え6イニングを投げることが出来たのは大きい。

【サッカー】バイエルン、福山市のみろくの里を本拠地としたジュニアユースチーム結成およびサッカースクール設立【みろくの里】

ドイツの強豪チーム、バイエルン・ミュンヘンが、福山市にあるアミューズメントパーク『みろくの里』内に2012年4月から少年サッカースクールの常設を決定した。

みろくの里は、造船業を営む常石グループが運営するレジャー施設で、ホテル、スーパー銭湯、美術館、映画のロケ地(非公開)、野球場(かつては広島カープの2軍の本拠地だった)なども近接している。みろくの里の敷地内にサッカー場が整備されており、これまでは少年サッカーの試合会場として利用されたり、宿舎も完備されていることなどから合宿などで利用されることが多かった。
2012年3月まではサンフレッチェ常石サッカースクールが使用していたが、サンフレッチェとは契約を更新しないことになっている。

開校時期:2012年4月

開校場所:広島県福山市藤江町みろくの里内(みろくの里HP:遊園地といつか来た道の3世代テーマパーク【みろくの里】

活動内容:バイエルン公認のコーチがクラブ特有の練習法で技術や戦術を教える。

試合予定:ジュニアユース『FCバイエルン・ツネイシ』を結成し、国内大会および海外遠征を予定する。

開校目的:ドイツリーグで香川真司をはじめ多くの日本人選手が活躍しており、育成を通じ、優秀な選手の発掘・スカウト。
       
募集要項:問い合わせ先

サッカー場など施設の利用申し込み先
総合レジャー研修 福利厚生施設 みろくの里【公式HP
〒720-0402 広島県福山市沼隈町中山南26-1
TEL:084-988-0003

これまでは、みろくの里のサッカーコートの外周を列車が走っており、途中下車できる駅もあったが、今後列車を存続させるかどうかは分かっていませんが、おそらく危険防止のため廃止するのではないかと思っています。(今までも警笛を鳴らしながら走ってたりしましたし)

また、現在のサッカー場は土のグランドですが、国際的なバイエルン・ミュンヘンのユースの練習場となるのであれば、少なくとも一面以上は芝のグランドにするのではないかと思います。

余談ですが、みろくの里近接のホテル、『リゾートホテルベラビスタ境ガ浜』は、瀬戸内海を一望できる高台にあり、先日結婚を発表した、俳優の小栗旬と山田優が福山市に滞在した際に利用したホテルとも噂されている。

みろくの里映画ロケ地での主な撮影作品:『TAJOMARU』(主演小栗旬)、『あずみ』、『梟の城』、『座頭市』、NHK大河ドラマ『龍馬伝』
※座頭市では撮影中に事故により死者がでており、当時ニュースで取り上げられていました。






大きな地図で見る

[ 2012/03/27 08:29 ] 【サッカー】 | TB(0) | CM(0)

【カープ情報】ウエスタンリーグ、野村登板、今村とミコライオもファームで調整へ

2012年3月25日のウエスタンリーグ、広島対オリックス戦で野村祐輔投手が先発した。

広   島 000 002 005|7
オリックス 000 002 110|4

【本塁打】なし

【広島】野村-梅津-岩見-永川
【オリックス】伊原-鴨志田-高宮-佐藤

カープ先発の野村は、3回までパーフェクト、5回まで1安打無失点と上々の内容。しかし6回には3安打を集中させられ2失点。
6回表に味方打線が2点を取ってくれた直後だけに、しっかり抑えたいところではあったが、これも勉強。1軍の試合で同じ失敗をしなければ、今日の登板は意味のあるものになる。

ファームで打撃好調なのは、山本芳彦と安部友裕の2人。特に山本は8打数5安打、打率.625とよく振れており、1軍では右の代打で期待できそうなのは会沢くらいしかいない状況なので、右の代打要員として見たいくらいの好調ぶりだ。
そうなると、迎、小窪が危うくなる。この2人はオープン戦では結果が出せなかったこともあり、開幕後入れ替えも十分ありうる。

また、3月25日のオープン戦最終戦で松田に2ランを浴びるなど調子の上がらない今村と(動画あり)、風邪による体調不良でオープン戦の登板を飛ばしたミコライオはファームの試合で登板することになる。
もっとも、2人とも調整登板で1試合投げて、また開幕までに戻ってくる予定だ。

今村は、150キロ超のストレートで見逃し三振を奪うイメージを追いすぎているのではないだろうか?
昨日の試合でペーニャから三振を奪ったようにスライダーとのコンビネーションでは十分通用するので、もう少し配球を変えていく必要はあるのではないかと思う。


【カープ情報】2012.03.25 広島対ソフトバンク オープン戦 松山首位打者MVP決定【動画】

2012年3月25日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の結果

ソフトバンク 100 001 020|4
広    島 001 010 000|2

【本塁打】松田1号、2号

【ソフトバンク】帆足-金-森福-金澤-巽
【広島】バリントン-中崎-今村-サファテ

先発バリントンは、初回にショート梵の落球(記録はヒット)もあり、4番松中に高めに入ったストレートをセンター前にタイムリーを打たれた。
1回以外にも時折コースが甘くなるが、要所ではコース高さとも抜群のコースに投げ込み、崩れそうな感じがしなかった。
6回には松田にホームランを打たれてしまうが、バリントンのオープン戦の被本塁打は4本目。リズムよく投げていく投球でタイミングがばっちりあったホームランだった。
テンポよく投げている投球中によくある落とし穴に嵌ってしまった。

リリーフ陣では、中崎とサファテは文句なし。
しかし3番手の今村は松田に2打席連続ホームランを献上。松田にはストレートのみの配球で正直リードもどうかなと思うが、ストレートの走り自体はそんなに悪くない。
ペーニャにはスライダーとストレートの組み合わせで、最後はストレートで空振り三振を奪っている。
ただ、変化球も組み合わせなければ、ストレートで空振りが奪えない事実。それを受け入れられないのか不満そうな顔を見せていた。

カープの攻撃は、3回裏に梵、松山、栗原の3連打で1点を返し同点とする。
栗原のタイムリーは、ショートライナーをダイビングキャッチしようとした明石が着地の際にボールをこぼした内野安打だった。
2点目も栗原の犠牲フライであげた得点だった。ファールで粘っての犠牲フライだが、手首を返して引っ張りにいくと内野ゴロになりそうな低めの変化球を全てカットして、高めに入ってきた球を軽くあわせにいったような打球だった。

試合途中から堂林がサードに入り、松山がライトへ。松山はサードでもライトでも無難な守備を見せていた。
さらに松山はオープン戦最終戦の試合でも3打数2安打で、打率が4割を超えて.403(62打数25安打)となり首位打者が確定した。さらには広島カープのオープン戦MVPにも選ばれ、シーズンでも飛躍が期待される。

ハイライト動画
[高画質で再生]

20120325carp [アダルトライブチャット]



松山MVP表彰
[高画質で再生]

matsumvp [アダルト無料ライブチャット]




【競馬】2012年 第60回日経賞(GⅡ)ネコパンチまんまと逃げきり【ニャー動画】

2012年3月24日、中山競馬場、芝2500m、第60回日経賞(GⅡ)
人気薄のネコパンチが逃げきった。勝利ジョッキーインタビューでは、江田照男ジョッキーが猫ひろしの『にゃー』を披露した。
おそらく、重賞を勝ったらやろうと、ずっと温めていたネタなんだろうな~

中山競馬場・人気薄・江田照男・・・穴党なら絶対買いたい条件が揃ってましたね。

個人的には、この条件と言えば、2001年の第46回有馬記念で2着入選したアメリカンボスが思い出に残ってます。
献血の待合室で有馬記念を観戦していてアメリカンボスが2着に入って馬連的中して、心臓バクバクして血圧の検査で引っ掛かったことがあったので、非常によく覚えています。








[ 2012/03/24 18:16 ] 【競馬】 | TB(0) | CM(0)

【カープ情報】2012.03.24 広島対ソフトバンク オープン戦 松山首位打者キープ 【ハイライト動画】

2012年3月24日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の結果

広    島 000 000 000|0
ソフトバンク 100 001 00×|2

【本塁打】なし

【広島】篠田-今井-サファテ
【ソフトバンク】岩崎-岡島-吉川-森福

先発の篠田は立ち上がりにワイルドピッチで失点したものの、2回以降はカーブが低めに集まり危なげないピッチングができた。6回は少し高めに浮き始め、ど真ん中のカーブを多村に打たれ2失点目。
とは言え、十分合格点のピッチングだった。

サファテは、球が高めに浮いているシーンが多く見えた。ただ、エラー、ボーク、パスボールで炎上した試合の後では、初めてランナーを許しセットポジションでの投球があったが、牽制でランナーを刺しており、しっかり仕上げて見せた。

守備面では、堂林がサードへ高いバウンドの内野ゴロをショートバウンドで捌き、サード線のゴロを横っ飛びで処理するなど良い守備を見せた。堂林は打つ方でもライト前ヒット1本と、2試合続けてのヒットが出た。

打つ方で心配なのはニックだろう。昨日が2三振。今日の試合では4打席連続空振り三振となっている。
相手バッテリーは常に変化球攻めをしてきており、今は全部振りにいっている印象。
振っていけていれば、甘く入ってきたときには仕留められるだろうし、それより配球でパニックになって変化球を見逃すようになった時の方が深刻。
もう少し様子を見る必要がありそうだが、シーズン前に気持ちをリセットできれば対応してくれるだろう。

一方、オープン戦を通して好調を維持してきた松山は、終盤にきても1試合に1本はヒットが出ており、オープン戦最終戦を残して打率.397と4割を切ってしまったが、首位打者はキープした。(安打数、塁打数もオープン戦トップ)

[高画質で再生]

20120324carp [方法]



最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


【カープ情報】2012.03.23 広島対ソフトバンク オープン戦 松山首位打者キープ【動画】

2012年3月23日に行われた、広島対ソフトバンクのオープン戦の結果

広    島 000 100 200|3
ソフトバンク 010 000 000|1

【本塁打】なし

【広島】前田健-岸本-大島-江草-今村
【ソフトバンク】新垣-金-吉川-金沢

カープ先発の前田健が、6回で90球を投げて3安打1失点、奪三振は10個を記録した。
2回まではコントロールに苦しむ場面もあったが、登板前のコメント通り、エンジンがかかってからは本番仕様の投球で危なげなく投げ切り、100球を超えない段階で降板した。

岸本も連続奪三振の後のフォアボールと、ある意味いつも通りの投球で、大島は左のワンポイントできっちりと仕事をした。
江草もスイスイと3者凡退に打ち取り、最終回は今村が先頭打者にフォアボールを与えるも、後続をビシッと締める。
終わってみれば、前田健が被安打3本のあと、リリーフ陣はノーヒットピッチングだった。

残りの2試合のうち、25日はバリントンと野村の2人のリレーで試合に臨むだろうから、中継ぎでも今日の試合が最後の登板となる投手もいるだろう。

24日は、篠田-(中崎)-ミコライオ-サファテあたりの登板が予想される。(ミコライオ体調不良)
24日の中継予定:ニコニコプロ野球チャンネルで中継
23日の試合をWi-Fi環境のスマホで視聴した結果、来場者数6万人以上で退室はありませんでした。



打者では、新垣から堂林がタイムリーを放つ。ライトオーバーの2ベースの打球はきれいに打ち返していた。
松山も、フォアボールで出塁も出来るし、1試合に1本はヒットが出る。初回のセンターライナーも2ストライク後の変化球にしっかりついて行けていた。
打率も.407でオープン戦の首位打者をキープした。残り2試合だ。

ニックは、オープン戦を通じて初めてと言っていいくらい徹底的に変化球攻めをされていた。今までにない配球という感じで、1、2打席は手を出さなかった。4打席目には慣れてきたのかアウトコースにも対応できて犠牲フライを打ち上げた。
この試合の攻め方は、いい経験ができたと思う。

また、オープン戦の序盤では、8回盗塁を試みられて4回成功を許すといったように、ソフトバンクのいいように走られていたが、今日の試合では石原が盗塁を刺したり、失敗なしで4盗塁を成功させてお返しをしている。
(参考:【カープ情報】2012.02.25 広島対ソフトバンク 試合結果

【ニコニコプロ野球チャンネル】とりあえず録画しておいて後から試合を見る方法




【ニコニコプロ野球チャンネル】とりあえず録画しておいて後から試合を見る方法

2012年から、ニコニコプロ野球チャンネルで、楽天イーグルス、福岡ソフトバンク、横浜DeNAベイスターズの主催ゲームを無料中継することになっています。
ただ、『生放送なので結局試合が見れないよ』という方向けの、生放送を後から視聴する方法です。

と言っても、フリーソフトのインストールやもちろんソフトの購入の必要はありません。

ニコニコ動画に標準で備わっているタイムシフト予約の機能を使用するだけで、リアルタイムで見られない試合も、後から見ることが出来ます。(純粋な意味では、録画とは言わないかもしれませんが)

もちろんスマートフォンでもニコニコプロ野球チャンネルは見ることが出来ますので、外出中でも視聴できます。

ニコニコプロ野球タイムシフト



ただ、タイムシフト予約には少し制限があって、一般会員では10件までの予約しか受けられない(プレミアム会員は30件まで)
また、番組終了後30分後からでないと、再生が出来なかったりします。

一般会員に限定すると、予約をしていなかった番組を後から見ることは出来ないので、事前にスケジュールを確認してタイムシフト予約を行なっておく必要があります。

関連性の高いキーワード:楽天VIDEOニコニコプロ野球チャンネル

この記事が参考になった方はこちら:

スマートフォンでニコニコプロ野球チャンネルを視聴する場合、ストリーミング再生なので、コマ落ちなどが気になる方はWi-Fi環境をおススメします。
こちらでまとめてWiFi/EMOBILE・docomo・WiMAX
のWi-Fiの料金比較ができます。

関連ページ:【カープ情報】2012年広島カープ野球中継~インターネット動画配信&テレビ一覧





無料で14日間使える「体験版」
プロ野球の試合を丸ごとパソコンにダウンロード

YouTubeの動画をダウンロードするなら「MY・DOGA!」


[ 2012/03/23 09:59 ] 【パソコン裏技】 | TB(0) | CM(0)

【カープ情報】オープン戦、ソフトバンクとの三連戦で総仕上げ

2012年のカープのオープン戦は、23日・24日・25日のソフトバンク三連戦を残すのみとなった。
それぞれの先発予想投手と、試合放送予定は次の通り

23日 対ソフトバンク ヤフードーム 18:00試合開始 先発予想 前田健 試合中継:ニコニコプロ野球チャンネル
24日 対ソフトバンク ヤフードーム 13:00試合開始 先発予想 篠田 試合中継:ニコニコプロ野球チャンネル
25日 対ソフトバンク マツダスタジアム 14:00試合開始 先発予想 バリントン 試合中継:RCCテレビ

【ニコニコプロ野球チャンネル】とりあえず録画しておいて後から試合を見る方法

25日の試合は、バリントンの先発の後、野村がリリーフ登板する予定。

この三連戦の注目ポイントは、
前田健、篠田、バリントン、野村の先発ローテーション投手の最終登板で、臨戦態勢が整うか。
オープン戦首位打者の松山が、きっちりと安打を積み重ねて首位打者でオープン戦を終えられるか。
東出、丸の打撃上昇が続き、もう一人でも調子を上げてオープン戦が終えられるか。
中継ぎ投手の最後の争い。

松山は、どうやら開幕スタメンがほぼ決定した模様で、ポジションはサードが濃厚のようだ。松山は打撃好調もあってスタメンは確実だったが、外野ではなくサードとなったのは、結局他の選手が結果を出せなかった部分が大きい。

ただ、これで外野はレフトにニックが入り、センターは調子の上がってきた丸が守備面も考慮すれば有力、ライトに広瀬・会沢のどちらか打撃の調子がいい選手を起用できる。
もっとも、会沢は右の代打の切り札という位置付けまで打力が上がってきているので、スタメンは広瀬の可能性のほうが高い。

松山はここまで来たら、オープン戦首位打者を手土産に開幕スタメンサードに名を連ねて欲しい。





【広島県】太陽光発電パネル6700戸に貸与、全国で例のない規模【おひさま基金】

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2012/03/22 09:05 ] 【日記】 | TB(-) | CM(-)

【カープ情報】2012.03.21 広島対阪神 オープン戦 ショート堂林【ハイライト動画】

2012年3月21日に行われた、広島対阪神のオープン戦の結果

広島 000 122 000|5
阪神 000 000 000|0

【本塁打】なし

【広島】福井-中崎-大島-江草-今村-サファテ
【阪神】二神-藤原-渡辺-福原-榎田-藤川

先発福井が抜群の投球を見せました。四球で崩れる様子もなく、これなら開幕後ローテーションに入っても何ら問題なさそうです。
今日登板した投手は、すべて持ち味は発揮できていました。中崎は少しコントロールに乱れがありましたが、打たれた球は少し高めに来ていたので、通用しないという訳ではないと思います。

江草も上々のカープデビューで何よりです。

また松山はサードの守備機会は無難にこなしていました。
驚いたことに、最終回の守備には代打から守備に就いた堂林のポジションは、何とショートでした。
最後の打者の打球が、堂林へのショートフライに終わり、ゴロをさばく場面は見られませんでしたが、滅多に見られない場面に遭遇しました。
他の内野も、ファースト岩本、セカンド小窪、サード松山と2011年のファームの試合のようなポジションでした。

打線については、3番ニック、4番栗原、5番松山のクリーンアップに戻していました。
5回のニックのタイムリーの場面は、シーズンでも多く見られそうです。
ランナー2塁でニックに打席が回ってきて、1塁が空いていたとしても敬遠して4番と勝負するのは定石ではないでしょう。きわどいコースを狙って、結果フォアボールなら仕方がないという攻め方をするかどうかバッテリーが決めかねている初球をタイムリーですから、ニックへの警戒は強まりそうです。

[高画質で再生]

20120321carp [SEO対策]



松山守備1・サードゴロ
[高画質で再生]

matsu001 [ダウンロード]

松山守備2・サードハーフライナー
[高画質で再生]

matsu002 [アダルトホームページ]

松山守備3・サードゴロ
[高画質で再生]

matsu003 [ブログ引越し]







【カープ情報】2012.03.20 広島対阪神 オープン戦 4失策と9残塁

2012年3月20日に行われた、広島対阪神のオープン戦の結果

広島 000 000 000|0
阪神 000 001 00×|1

【本塁打】なし

【広島】バリントン-大竹
【阪神】メッセンジャー-安藤

広島も阪神もスタメンを見た時には、ベストメンバーではないなという印象が強かった。
阪神については、マートンが故障離脱というのがその主な理由かと思う。

広島は、1番に石井琢を起用しているのは、得点パターンのテストという意味合いもあったと思う。
そのキーマンが3番梵と5番ニックだったわけだが、梵については現在の調子ではランナーを返す役割というのは荷が重かったのだろう。
4番栗原、5番ニックにチャンスで打順が回ってこず、カープの得点パターンではない攻め方になっていた。

打線のつながりに欠け、終わってみると9残塁。満塁のチャンスでも梵が三振、9回も2アウトから1、3塁のチャンスをつくるものの、あと1本が出ない。
丸は何とか調子が上がってきて、昨年50打点を挙げた勝負強さが戻ってきた。シーズンでも6番に座れるようだと打線のつながり的には良さそう。

今日の試合は、打順を組み替えての無得点なので、これは今後に活かさないといけない。

バリントンはオープン戦最後の登板で文句なしのピッチング。
大竹は最後まで調整中というピッチングだった。ただ先発の5,6番手と考えるなら、良くも悪くも試合は作れているので、過度の期待をしなければ毎試合5回は投げてくれそう。

4エラーでも1失点。先日失策数と防御率の一覧表を作ってみたが、やはり投手の技量も影響するのだろう。
【カープ情報】失策数と防御率の関係 (03/19)




【ウラジーミル・ゲレロ外野手】日本に移籍の可能性が浮上

通算打率.318、通算本塁打449本のメジャーリーガー、ウラジーミル・ゲレロ外野手の日本のプロ野球へ移籍の可能性が浮上しているようだ。

ウラジーミル・ゲレロ外野手の成績表(ブラディミール・ゲレーロから表記を変更しました)
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPS
199437137431335250711180.314 0.366 0.562 928
19951104211402110166312730450.333 0.383 0.544 927
199620802980518223100.362 0.388 0.650 1038
19961184171503281978171051420.360 0.438 0.612 1050
19973104200210100.400 0.455 0.600 1055
2003363001100000.500 0.571 1.000 1571
2009263200200010.500 0.500 0.833 1333
2011141000000000.250 0.250 0.250 500
マイナー通算29410813737821461893226961160.345 0.405 0.584 989
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPS
19969275001100030.185 0.185 0.296 481
1997903259822211403419390.302 0.350 0.483 833
19981596232023773810911942950.324 0.371 0.589 960
19991606101933754213114755620.316 0.378 0.600 978
200015457119728114412391058740.345 0.410 0.664 1074
200115959918445434108371660880.307 0.377 0.566 943
200216161420637239111402084700.336 0.417 0.593 1010
200311239413020325799563530.330 0.426 0.586 1012
20041566122063923912615352740.337 0.391 0.598 989
20051415201652923210813161480.317 0.394 0.565 959
20061566072003413311615550680.329 0.382 0.552 934
2007150574186451271252371620.324 0.403 0.547 950
200814354116431327915351770.303 0.365 0.521 886
200910038311316115502119560.295 0.334 0.460 794
2010152593178271291154535600.300 0.345 0.496 841
201114556216330113632217560.290 0.317 0.416 733
メジャー通算214781552590477464491496181947379850.318 0.379 0.553 931


2008年に99試合ライトを守って以降、2009年からはほとんどDHでの試合出場となっている。特に昨シーズンは守備に就く機会が一度もなかった。

年齢も今年で37歳となるだけに、守備について全試合出場は考えにくい。日本で獲得する球団があるとすれば、指名打者のあるパ・リーグが候補となるだろう。
かつては、シーズン40盗塁を記録するなど、俊足、強肩、強打と非の打ち所のない選手だったが、その頃のスリムな体型から一変、近年ではかなりふっくらしてきており、守備に就かせるなら守備範囲には目を瞑らないといけないかもしれない。

また、金額的な話では、おそらく最低限単年3億円+出来高という条件でないと契約がまとまらないだろう。
シーズン突入間近で、編成もほぼ終了している段階で、これだけの契約を結べるだけの資金力のあるチームは限られてくる。

カーターが故障した西武は候補とも思えるが、中島残留で資金的に余裕があるとも思えず、また先立って嶋をトレードで獲得している。
その他では、松井が欲しいと公言している横浜DeNAあたりが考えられる。
ただほとんどのチームは1軍の外国人選手が飽和気味(参考:2012年全球団新外国人選手一覧と成績表
現実的に、1軍の外国人枠が空かないこともないのは、西武、横浜DeNA以外では、ホフパワーの故障した日本ハムと、外国人野手が一人のロッテ。
大穴は、フェルナンデスが外国人枠から外れ、野手3人+投手1人(抑えでラズナー)という編成が可能ならば楽天もありかなと思う。
3番DHガルシア・4番9ゲレロ・5番3フェルナンデス・6番7テレーロ
という派手な打線が出来上がる。

本当に日本に売り込みに来ても、間違っても広島やヤクルトは手を上げないだろう。




[ 2012/03/20 13:16 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)

【カープ情報】バーデン2軍落ち、センターは丸が有力、江草は21日に1軍登板予定

3月18日の中日戦の後、バーデンの2軍落ちが決定した。
これで、開幕レフトはニックが決定的。同時にバリントン、ミコライオ、サファテの外国人投手3人制で望むこととなる。

また、ここまでセンターが固定できないでいたが、レフト・ニックとライト・松山の布陣ではセンターには丸が入った方がバランスがいいと首脳陣が考えている節がある。

もっとも、開幕については山本昌の先発が分かれば、広瀬の可能性も残されているが、丸の調子が上がってきているのに対し、広瀬はあまり変化がないようにも見える。

後はサードのポジションだが、バーデンが2軍落ちし、堂林か小窪かということになるが、中日戦でタイムリーを放ったことで堂林の起用が決定的となった。

これで、ほぼ開幕スタメンが決まったと思っていい。

1 4 東出
2 6 梵
3 7 ニック
4 3 栗原
5 9 松山
6 8 丸
7 5 堂林
8 2 石原

この中で松山・丸・堂林は開幕スタメンが初めてとなる。若手だけに初戦でヒットが出れば勢いが付くが、なかなかヒットが出なかった場合は、焦りが出るだろう。
打線が低調となる怖さも考えられるスタメンだ。

投手は、すでに先発6人がほぼ内定済み。この時期にローテーションはく奪は考えにくい。
【先発】前田健・バリントン・野村・大竹・福井・篠田
【リリーフ】中崎・岸本・大島・江草
【セットアッパー】ミコライオ・今村
【抑え】サファテ

岩見が2軍落ちとなっており、江草以外の12人は決定的だろう。21日の阪神戦で好投すれば江草も1軍登録して、投手13人でシーズンに臨むのではないか。


【カープ情報】失策数と防御率の関係

エラー数(失策数)と防御率の関係はどうなっているのか、一覧表を作って見ました。
素人がこんな表作って何が分かるんだとかいうお叱りはご容赦ください。
2010年と2011年のシーズンを境に、統一球の導入があったため2010年以前と2011年の対比は難しいと思いますが参考までに。

 ファーム1軍
年度試合数防御率失策数失点自責点失自差試合数防御率失策数失点自責点失自差
20111133.45 141 480380100144 3.22 64 49645442
20101043.98 115 49740493144 4.80 82 73768354
2009964.57 94 51442886144 3.59 100 57551164
2008883.76 90 39232369144 3.78 87 59453856
2007884.65 93 47139774144 4.22 74 67360073

ファームの試合は毎年試合数の変動があり、単純に失点が増えた減ったということは出来ませんが、大まかな傾向として前年よりエラーが多くなれば、失点が増えるというものではないようです。
2009年と2010年の対比では、試合数が8試合多くなって、エラー数は21個増えています。しかし失点17点・自責点24点減少しています。

2007年と2008年の対比では、試合数が同じで、エラー数は3個減とあまり変化はありませんが、失点79点・自責点74点も減少しています。

試合数が144試合と同数の1軍の場合はどうでしょうか?

2007年から2009年までの3シーズンで、失策数が74→87→100と増えて来ていますが、失点は673→594→575と減少しています。もちろんこの3シーズンは同様に自責点も減少しているので、防御率も徐々に良くなっています。

ところが、2010年のシーズンは、失策数が82個と減っているにもかかわらず、失点は575→737、自責点は511→683点と激増しています。

単純に2つ3つの要因で防御率が決まってくるわけではないのですが、防御率はエラー数の多少というより、投手力に左右される部分も多いのだと思います。

エラーが多くても、ノーアウトからのエラーと、2アウトランナーなしの場面でのエラーでは意味合いが全然違います。

また、そのときマウンドにいる投手のレベルが高ければ、牽制死、盗塁死、併殺狙いなどエラーを帳消しにするような投球もできる可能性も高まります。

記録に残らないエラーの場合は自責点に響いてくるはずで、さらに無駄な四球が増えればピンチも広がります。
2010年の1軍の結果で、失点と自責点の差が少なくなって来ているのは、記録に残らないエラーと無駄な四球が影響しているのでしょう。

こういった数値は、条件の与え方で捉え方が変わったりもするので、結局結論は出ないのかもしれません。

しかし、守備に難のある選手を起用すれば、エラーが増えて失点が増えてしまうと単純に言い切れない部分もあります。

さすがに1試合に1個以上エラーする可能性のある選手が、144試合スタメンフル出場するという状況は想定しないと思います。誰が守ってもチームで年間エラーは100個位するものだと思って、それでも失点をどう少なくするかを考えていくと、チーム全体でどの部分を補ったり、伸ばしていくべきなのか見えてくると思うのですが。

まあ、守備が~エラーが~四球が~と言っても、すべてゼロには出来ない訳で、バランスを見ながら選手起用していくしかないのだと思います。

【横浜DeNA】新マスコット・スターマン誕生!あっちの方を想像してしまう

横浜DeNAの新マスコット・スターマンが登場した。
ハムスターがモチーフというが、個人的にハムスターは『ハム太郎』の印象が強く、キャラクター的に男の子・女の子とうイメージがあり、【マン】と名前に付くには、顔がかわい過ぎやしないかと思う。

また、世代的にどうしても京都新聞杯でナリタブライアンを負かしたあの馬の印象が強すぎて、ハムスターというよりサラブレッドと間違ってしまいそう。

1994年の京都新聞杯/最強馬 ナリタブライアンが絶頂期に唯一負けた相手がスターマンだった。



ゴーゴーゼット、エアダブリン、メルシーステージなど、いい脇役が揃ったレースでした。

[ 2012/03/18 17:49 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)

【カープ情報】2012.03.18 広島対中日 オープン戦結果 大島2試合連続先頭打者に四球

2012年3月18日に行われた、広島対中日のオープン戦の結果

中日 000 201 010|4
広島 000 300 000|3

【本塁打】ブランコ2号

【中日】中田賢-朝倉-金剛-小熊-岩田
【広島】野村-大島-中崎-今村-岸本

カープ先発の野村は、前回の登板で立ち上がりの悪い部分を見せ、今回の登板では修正して見せた。
4回には、ブランコにツーランを浴びたが、長打力のある外国人選手に初球インコースは配球ミスだとは思うが、インコースを攻めるのであれば、もう少し厳しいコースに投げないといけない。

スピードガン表示がないので、感覚でしか分りませんが野村のストレートは140キロくらいのスピードでしょうか?ここまでのオープン戦の投球でも140キロ前後だったので、調子自体はいつもどおりなのかもしれません。

2番手の大島は、先頭打者に四球を与えてしまいました。17日の試合でも、左のワンポイントで登板しているにも係わらず先頭打者に四球を与え、今日の試合は先頭打者の福田(右打ち)に四球を与え、左の森野にツーベースを打たれてしまっています。
結果的に犠牲フライの1失点に抑えましたが、勝ちパターンでの起用はおろか左のワンポイントでの起用も躊躇われます。

今日の教育リーグで先発した江草はヒットは打たれたものの無失点に抑え、1軍テストも間もなく行われるでしょうから、江草が1軍で結果を残すと大島の立場も危うくなりそうです。

中崎はコントロールの不安がないこともあり、アウトコースが有効に使えています。
特にアウトコースのストレートのコントロールは良く見えます。
今のところ先発が6人そろっているので出番はなさそうですが、谷間の先発要員とロングリリーフとして1軍に残ってきそうな勢いがあります。

今村はフォームの欠陥なのでしょうか?ストレートが低めに集まらず、右打者のアウトコースへのボールが内へ入ってきています。打たれたボールは甘いコースが多い印象で、僅差の試合で絶対的な信頼は置きにくい投球内容です。

岸本は、先頭打者の出塁はもちろん、ランナーを許さなかった場合はリズムよくアウトが取れています。

打者では、サードでスタメンの堂林にタイムリーが出ました。これでサード候補の小窪、バーデンと打撃の数値上は遜色がなくなりました。
消去法とも言えますが、一応他の候補の選手の成績を上回っているので開幕も視野に入ってくるのだと思います。
(18日終了時の成績)
堂林 24打数6安打、打率.250、本塁打0、打点3
小窪 19打数2安打、打率.105、本塁打0、打点3
バーデン 31打数7安打、打率.226、本塁打0、打点0

会沢はスタメンDHで、1打席目でヒットを打ったのですが、送りバントで2塁に進んだあと、石原のショートゴロで飛び出して3塁封殺されています。
次の打席ではバーデンに交代したところを見ると、想像ですが、走塁ミスの懲罰交代ではないかと思います。

終盤に相手に得点を許し、その裏の攻撃ではあっさり捻られて、粘りも見せずに試合終了。
9回2アウトで堂林に初ホームランで同点を期待という球場の雰囲気が出てましたから、ちょっとずつ堂林の存在感が高まってきた印象です。


【カープ情報】サファテ、エラー、ボーク、パスボール2個、怒りの降板【動画】

3月17日の広島対中日のオープン戦で、9回表に抑えとして登場したサファテに試練が訪れた。

先頭打者のファーストゴロを捌いた岩本から、サファテにアンダートスしたものの、サファテが落球。
続くブランコの打席で三振に打ち取ったかと思いきやボークで、ランナー進塁。

その後、ブランコにフォアボールを出した投球を、倉がパスボールで一塁三塁。

内野ゴロの間に1失点。
ランナー3盗の場面で、倉がパスボール2個目。
これで一気に三塁を回ってホームイン。

次の投球がボールになった時点で、投手交代。投球数は26球ということで30球を超えさせないための措置と思われる。

マウンドからベンチに帰る際にボークの判定を下した主審に何やら叫んでいる。
声までは聞こえなかったが、日本語で「へたくそ」という口の動きに見えた。
サファテがどこまで日本語を覚えているかわからないので推測の域を出ないが、意味とすれば近い言葉を発したに違いない。

絶望的な別れから復縁する方法

[高画質で再生]

safa [ホスティング]

【カープ情報】2012.03.17 広島対中日オープン戦 ニック、川上から本塁打【動画】

2012年3月17日に行われた、広島対中日のオープン戦の結果

中日 010 010 003|5
広島 000 100 020|3

【本塁打】平田1号、ニック2号、丸1号 【動画はページ下部

【中日】川上-ソーサ-田島-小林正-鈴木-武藤
【広島】前田健-大島-中崎-岸本-ミコライオ-サファテ-今井-岩見

中日先発の川上から、ニックが同点ホームランを放った。アウトコースの高目を引っ張り込んでの、あわやレフト場外という当たりだった。
カウント1ボール2ストライクと追い込まれていてのフルスイングだけに、相手投手は怖さを覚えるだろう。
1打席目も、難しいコースを軽打して内野安打を稼いだ。この走塁もしっかり走れていて、とりあえずけがの影響は問題なさそう。

また、ニックがレフトの守備につき、無難に打球を処理していた。抜群の守備力ではないが、自分の守備範囲内は普通に処理できるし、守備が弱点ということはなさそう。

ミコライオが完璧な投球を見せ、8回にはここまで不振の丸にも逆転ツーランが飛び出し良いムードだったが、最終回エラーとサファテのボークでピンチが広がってしまう。
エラー、ボーク、パスボール、ワイルドピッチと記録上エラーとなるプレーのオンパレードで試合が壊れてしまった。
サファテはボークの時点で気持ちが完全に切れてしまっていたように見えた。

先発の前田健太は平田にホームランを打たれたが、縦のカーブが肩口から真ん中付近に落ちてきたところをすくい上げられた。若干ボールが高かったとはいえ、平田が巧く打った打席だった。

また、注目のルーキー高橋周と前田健太の対決は、2打席実現して特に2打席目は3球三振と、ここは前田健太が貫録を示した格好だ。




ニック、1打席目の内野安打とホームラン
[高画質で再生]

stav_hr [小説]



中日平田・丸の逆転本塁打動画
[高画質で再生]

hiramaru [掲示板]

【巨人契約金問題】複数の球団が不正を行っている心証がある(球団幹部)

巨人が最高標準額を超える金額での契約を結んだ問題で、契約が結ばれた2004年以前ではルールの範囲内だったとして問題ではないとの声が多数を占める。

しかし問題の本質は、『今でも不正が行われているのではないか?』という点にある。

ところが、関心ごとの中心は「巨人対朝日新聞」であり、本当に現在は不正が行われていないのかを検証する必要はないのか?との声は不自然なほど聞こえてこない。

2007年に起きた那須野選手の契約問題で、横浜が5億3千万円の契約金と年俸3000万円で契約を結んでいたことが発覚した際には、西武の裏金問題も絡み、関係者及び当事者が処罰の対象となった。

以下引用~原文のまま~
~「これで一切の不正がなくなればいいが、複数の球団が不正を行っている心証がある。西武の裏金は、たまたま内部告発で出てきただけだと思っている」(ある球団幹部)~

不正防止のため2005年にアマチュア選手への一切の利益供与の禁止を決定しているが、他の球団は不正を行っていないのかという疑問は完全には解決されていない。

野間口投手へは、2004年に総額200万円ほどの供与があったと報じられている。同年に一場投手が金銭を受けとっていた際には関係者が多数処分されている。この違いは大学生が「学生野球憲章」という規則に違反して金銭を受け取ったのが理由となっている。一方野間口投手に関しては社会人で、そういったルールがなかったから金銭を渡し、ルール違反ではないとされている。

日本野球機構が、何らかのアクションを起こし不正防止策を策定するのは、いつも過去の不正を不問にするためのパフォーマンスと取れれても仕方がないほど後手に回っている印象が強い。

当時はルール違反ではなかったからという理由で何事も許されるなら、そのルール違反でなかった事例を全て検証しないといけない。
その上で新たなルールを策定しないと、後から発覚した事例について、いくらでも例外扱いを作らないといけなくなる。
でないと、やった者勝ち、ばれなかった者勝ちになってしまう。

今回の契約金問題で、検証を行わなければならないのではないか?というのはこの点にある。
前述のように、横浜、西武は処分された。
では今後、内部告発等で2007年以降に同様の裏金、アマチュア選手への金品供与や上限以上の契約金+出来高、年俸での契約が発覚した場合、どのような処分をするのか示してもらいたい。
もっと言えば、契約金は1億円、出来高5千万円、1年目の年俸1500万円とすべて上限いっぱいだが、2年目以降の年俸に下駄を履かせて支払っていくというのもアウトになるはず。

2007年以降もルールの抜け道を利用して言い逃れのできるような方法を使っている球団もあるかもしれない。
その方法が白か黒かをはっきりと検証しておくべきではないだろうか?

また、選手本人からではなく、周囲の関係者から(選手を経由した場合も含め)不正に金品の要求を受けた場合には即座に日本野球機構に届け出て、プロ野球志望届の受理を認めない方針にするなど、規則の厳格化の必要性を感じる。
その際には当然要求側の当事者の処分も必要となるだろう。

現在の、網の目の大きいルールでは、いくらでもすり抜けてくる事例が出てくるだろう。

起こった事案に対する対策ではなく、起こさないためのルール作り、それも穴だらけでないルール作りをお願いしたい。
このまま、何事もなかったかのように収束していっては、ルールにのっとっている人がバカをみる気がしてならない。


[ 2012/03/17 09:42 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)

【カープ情報】江草のカープ初登板は3月18日、前田健は17日のオープン戦先発

西武からトレードで地元チームに移籍してきた江草の初登板が、3月18日に決まった。
と言っても、まずは教育リーグでの登板となる。
ここでビシッと抑えれば、次回は1軍での登板となりそう。

また、3月17日のオープン戦は、直前までは雨の心配があったが、どうやら10時過ぎには雨が上がりそうでおそらく試合開始には影響はないだろう。
先発が予想される前田健太は、開幕戦の相手中日との試合に、手の内はすべて見せたくないとのコメントがあり、どのような投球を見せるか楽しみだ。

というのも、昨年までの貧打のイメージから一転、オープン戦では得点を奪うシーンが多くみられる。
エースが投球しても怖さを感じさせる打線なら、これまで以上の強敵になるに違いない。

高橋周、山崎という新しい顔触れに前田健太は打てないというイメージを植え付けるピッチングをしてもらいたい。

【カープ情報】サファテ折れたバット、中崎股間直撃動画

3月14日の試合で、ヘルマンのバットを151キロのストレートでへし折ったサファテだが、折れたバットがサファテを直撃。
動画で見たときは衝撃でした。
バットの直撃よりも、サファテの着地が非常に怖い・・・
結果的に何事もなくて一安心。

一方3月13日の試合での中崎へのピッチャー返しの股間直撃は、サファテのときの心配顔と一転、ベンチから出てくる大野コーチはニヤニヤ~
中崎を背負ってベンチに帰っていく岩本もニヤニヤ~

どの選手も、この時期に怪我はしないで欲しい。






【カープ情報】スタメン候補広瀬も白紙 巨人はやはり金で選手強奪?

ここまでのオープン戦の打撃成績が芳しくない広瀬と丸について、ポジションが安泰ではないという話が監督から聞かれた。
この2人に岩本も加えられているが、こちらは守るポジションがないということかもしれない。

丸は全般的に不振
岩本は高打率キープも最近の試合では三振数が増加、ホームランもゼロ
広瀬は、打率が低いものの四球は選べており、出塁率は高い

また、巨人の新人契約で最高標準額以上の金額で契約を結んでいたことが明らかになった。
というが、今さら感が強い。阿部、上原、野間口、二岡、高橋由伸、内海と名前が上がっていたが、口頭注意でなんのお咎めもなしで終了でしょ。屁理屈なコメントしていますし。
税務署にしっかり上乗せ分の税金は納めるよう選手に指導してるとこはしっかりしてるなとは思いますが。
裏金との違いって何なんでしょう?
今後やらかしたら、文句なく処罰という流れにはしてもらいたいです。
さすがにもうやってないと思いたいですが、菅野の入団拒否に再度疑惑の目が向けられてもおかしくないですね。

違法契約のペナルティで契約解除、元所属球団以外の希望球団で最高額に上限を設けて入札。複数球団が同札となった場合は抽選とかにすればいいのに。
実際のところ選手には家族もあって難しいと思うので、契約金36億円のうち、標準額以上の27億円にペナルティ分を上乗せして11球団に分配すれば良いのにと思う。



本題からそれましたが、オープン戦の3選手(丸・岩本・広瀬)の打撃成績

選手名出塁率0.182         
試合日対戦相手打数 得点 安打 打点 通算率 HR 1打席目2打席目3打席目4打席目5打席目
2/25ソフトバンク20000.000 0左飛 三振   
2/26ソフトバンク30000.000 0中飛 一ゴ 中飛   
3/6巨人20100.143 0三振 中安    
3/7巨人31200.300 0右安 三振 四球 中安 
3/10ヤクルト21000.250 0二ゴ 投併    
3/11ヤクルト50000.176 0二ゴ 二失 右飛 三振 中飛
3/13西武10000.167 0三振    
3/14西武30000.143 0一ゴ 三振 三振   
 212300.143 0     
             
選手名岩本出塁率0.462         
試合日対戦相手打数 得点 安打 打点 通算率 HR 1打席目2打席目3打席目4打席目5打席目
2/18巨人30230.667 0一ゴ 中2 右安   
2/25ソフトバンク20100.600 0左安 左飛   
2/26ソフトバンク10000.500 0二飛    
3/3中日40110.400 0中飛 右安 二ゴ 捕飛 
3/4中日40410.571 0左2 右2 右2 左安 
3/6巨人10100.600 0中安     
3/7巨人30100.556 0三振 右安 三振   
3/10ヤクルト40100.500 0左安 一ゴ 三振 三振  
3/13西武10000.478 0三振     
3/14西武30100.462 0三振 三振 右2   
 2601250.462 0     
             
選手名広瀬出塁率0.363         
試合日対戦相手打数 得点 安打 打点 通算率 HR 1打席目2打席目3打席目4打席目5打席目
2/18巨人11000.000 0中飛 四球    
2/25ソフトバンク10000.000 0四球 右飛    
3/2中日20000.000 0三ゴ 二ゴ 四球   
3/6巨人10000.000 0三ゴ    
3/7巨人11100.167 0左安     
3/10ヤクルト30010.111 0左飛 右飛 中飛 四球  
3/11ヤクルト21100.182 0投安 三振    
3/13西武30100.214 0三振 四球 遊安 三飛  
3/14西武30000.176 0二ゴ 三振 三振   
 173310.176 0     

【TwinCue(ツインキュ)】SNS型の結婚紹介サービス開始【リクルート】

この記事はブロとものみ閲覧できます
[ 2012/03/15 06:36 ] 【日記】 | TB(-) | CM(-)
Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター