デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】2017交流戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.06.18 広島対ソフトバンク 交流戦3回戦 直接対決で負け越し、12勝6敗で並ぶも最高勝率は逃す

2017年6月18日に行われた、広島対オリックスの交流戦3回戦の試合結果

SB 130 010 020|7
広島 110 000 002|4

勝 岡本 1勝0敗
負 中村祐 3勝1敗
S -

【本塁打】松山4号

いよいよ交流戦最後の試合となり、この試合の勝者が最高勝率球団の称号を得る。
そして最終戦のスタメンは、対左投手ということもあり、久々にエルドレッド、新井が揃い踏みし、サードには西川が入った。
西川自身は、左投手相手に3打数1安打と打席数が少なく、得意にしていると言い切れる数字ではないが、安部は29打数7安打の打率.241とやや苦手としている数字が残っている。

一方の中村祐に関しては、対右打者の被打率.163に対し、対左打者の被打率.320と明らかな差が出ている。
投手の山田まで含めて、スタメン9人中左打者6人を並べてきており、試合前から注目する点が多く見られる。

まず中村祐の立ち上がりは、先頭の福田のバットを折ったが、フラフラと上がった打球が投手のセカンドの間にポトリと落ちる、珍しい打球の内野安打。
今宮が送りバントを決めるが、一塁線を切りそうな打球が、ライン付近でインフィールド側に戻ってくる、こちらも珍しい転がり方をしている。
そのためか、會澤もファンブルして、一塁への送球が際どいタイミングとなってしまっていた。
柳田にはインコースを攻め続けてファーストゴロに打ち取り、2アウト3塁となり、松田もインコースで詰まらせて内野フライに打ち取る。
しかし、田中がグラブで太陽を遮ろうとしている様に、ボールが太陽と重なって見失ってしまい、セカンドベース後方にポトリと落ちる内野安打で先制を許してしまう。
初回は、ソフトバンクに味方するような打球が3つも続くという、アンラッキーな失点でもあり、中村祐の投球自体は良いコースにも決めており、内容は悪くない。

初回のカープの攻撃は、田中、菊池が簡単に打ち取られ、すんなり三人で攻撃が終わると、初回の点の取られ方からしても嫌な流れになるところ。
しかし、丸が一二塁間をしぶとく破るライト前ヒットで出塁すると、鈴木は大きく外れるボールが続いて四球を選ぶ。
2アウトから得点権ランナーを進め、エルドレッドはインコースのストレートに詰まりながらもセンター方向に打ち返すと、セカンド高田のダイブも及ばず、センター前タイムリーヒットで同点に追い付く。

これで中村祐の2回のピッチングで、不運な当たりが出なければ、チーム全体が落ち着ける。
しかし、先頭打者の中村晃に四球を与えてしまい、別の形での流れの悪さが出てきた。
上林を2球で追い込み、低めのストレートで浅いセンターフライとなるが、この打球も丸の前に落ちそうな打球だった。
この打球を、丸がランニングキャッチし、まずは不運な当たりは防いだ。

ただ、続く高田にはストレートの四球を与え、ランナーを溜めてしまう。
そして、8番の甲斐に真ん中低めのストレートを弾き返され、レフト前タイムリーヒットで勝ち越しを許してしまう。
左打者2人に四球を与え、右打者2人タイムリーを浴びるという、相性面を考えても今後の大量失点にもつながりかねない形の失点が続いてしまっている。
1アウト2、3塁で投手の山田を迎えるものの、追い込んでから苦労している。
4球粘られた末に、ようやくスライダーで空振り三振を奪って2アウトまで漕ぎ着けたが、課題の左打者福田をピンチで迎え、低めのスライダーを捉えられ、センター前タイムリーヒットで、さらに2点を失ってしまう。

今宮にも追い込んでから、アウトコース高めにカットボールが浮いてしまい、ライト前ヒットでピンチが続く。
送球の間にランナーが進み、2アウト2、3塁となったところで、早くも九里に交代し、その九里は柳田をライトフライに打ち取ってピンチを脱した。

中村祐に関しては、左打者への相性が悪いのは冒頭の通り。
ただ、初回のピンチでは柳田のインコースを突いて、ファーストゴロに打ち取ったように、通用しない訳ではない。
柳田への攻めと同じ様に、四球を与えた中村晃と高田の2人にも攻めることが出来ていれば、もう少し長いイニングを投げることも出来たのではないかと思える。

さて、守備に関しても、送球の間の進塁を2度許しており、ソフトバンク打線がのびのびと攻撃している様子が分かる。
こういう状態の相手を止めるのは容易ではない。

カープの攻撃も、早々に九里をマウンドに送っていることで、早いイニングから代打を送ることが出来ない。
2回裏は、1アウトから西川が四球を選び、九里は送りバントを決め、2アウト2塁。
そして田中がライト前タイムリーヒットを放って1点を返すと、この三連戦で初めて甲斐から二盗を決める。
菊池はサードゴロに倒れ1点どまりとなったが、少なくとも九里が無失点ピッチングを続けていればチャンスは訪れる流れにはなった。

3回表は九里が三者凡退に押さえ、3回裏は先頭丸が三振に倒れたところで、ソフトバンクは山田から岡本に投手交代。
セオリーとしては、ビハインドのチームが、リリーフが踏ん張っている間に、反撃を開始することが勝利へ繋がっていく。
その反撃を総力戦で断とうとするのがソフトバンクの狙い。
この投手起用が嵌れば、カープとしては徐々に追い込まれることになる。

そして投手の代わり端、鈴木は四球を選ぶが、エルドレッドはストレートを打ち上げてレフトフライ、新井はセンターへのハーフライナーに倒れ無得点となり、ソフトバンクの投手起用が嵌ってしまった。

4回裏も岡本の前に三者凡退となるが、九里はロングリリーフのために2度目の打席に向かい、5回表も続投。
この続投が、失点に繋がってしまうのだから、当然流れは向いてこない。
もちろん九里が責任を背負う必要はなく、考え方によっては、2人の投手で5回表を終わって0対3の試合展開。
終盤のソフトバンクの勝ちパターンの投手リレーを打ち崩す、と単純に考えるほかない。

ソフトバンクとしても、序盤から総力戦覚悟の投手起用をしてきているために、傷口を広げる前に投手を交代させてくる。
5回裏は、1アウトから菊池がセンター前ヒットを放つと、丸に対し左腕の飯田を起用。
こういう投手起用を崩していかないと、勝機は見えてこない。

その丸はストレートの四球を選んで、すぐさま飯田から五十嵐の投手交代。
1アウト1、2塁で五十嵐対鈴木となるが、変化球2球を見逃し、アウトコースのストレートを空振りして3球三振。
エルドレッドは、追い込まれてからのインコースのストレートに詰まってレフトフライで得点ならず。

6回裏の攻撃は、先頭の新井が高いバウンドのラッキーな内野安打で出塁するが、會澤がショートゴロゲッツーで繋がらない。
この試合の全ての始まりは、ラッキーなヒットからだったが、カープには味方をしてくれない。
徐々に苦しくなってきた。

カープのリリーフ陣も、九里の後を受けた、一岡、中田が無失点投球で味方の反撃を待つ。
しかし、ソフトバンクも小刻みな継投で、とうとう7回裏の攻撃を、3点のビハインドのまま終えてしまった。

8回表は久々にジャクソンが登板。
1アウトから、追い込んでから粘られた上林を、何とか打ち取った打球を打たせるが、一二塁間の打球に飛び出した新井がトンネル。
エラーによりランナーの出塁を許すと、二盗を決められ1アウト2塁。
そして高田には前進守備の外野の間を抜かれるタイムリー三塁打で1点を失うと、甲斐にスクイズを決められて2失点目。

8回裏の攻撃を前に、大きな2失点を喫してしまい、その8回裏も小刻みな継投で無得点。
9回裏の攻撃も、交流戦最終戦ということで、5点差でもサファテが登板し、安部はバットを折られてのセカンドゴロ。
西川はストレートを捉えてセンター前ヒットを放つと、代打松山もストレートを逆方向へ弾き返し、レフトスタンドに飛び込むツーランとなる。
点差が開いていたことを言い訳にはしないと思うが、サファテはこのツーランで目を覚ました感がある。
田中のセンター前へ抜けようかという打球を、右手で叩き落し、投ゴロに打ち取られる。
菊池には158キロのストレートを連発してきたが、菊池もストレートを捉えてレフト前ヒット。
丸の打席で、菊池は初球から二盗を決め、最後までサファテを攻め立てるが、丸がストレートで空振り三振となりゲームセット。

この試合を、端から継投策ありきで、その通りに傷口を広げる前にどんどんリリーフ陣を継ぎ込んで、その投手起用が全て嵌ったソフトバンクの作戦の前に敗れてしまった。
カープの方は、もちろん交流戦の最終戦を勝つか引き分けるかで、最高勝率になることをモチベーションとして試合を行ってきた。
この試合ではそのことも当然頭にあり、早めに中村祐を交代させ、九里のロングリリーフで試合の建て直しを図っていた。
ただ、九里に2打席を与えたように、どんどんリリーフを継ぎ込んでまで、この1試合を必ず勝利するという戦い方ではなかった。
終盤のビハインドの展開で、不調のため登板間隔を空けていたジャクソンを起用したのも、交流戦明けの試合を見越してという意図もある。
試合の展開上、9回表のマウンドには加藤が上がり、時折大きく外れるボールはあったものの、先発時のフォークを多投するピッチングとは違い、150キロ超のストレートで押し続ける投球を見ることが出来た。
1アウトから今宮にはストレートをカットされ続けたが、ストライクを投げ続け、そのことで最後の低めのフォークで空振りを奪えた。
カウントを取るためのフォークを、なんとなくストライクゾーンに放っている投球ではなく、三振を取るためのフォークをどこで使うか、という手応えは感じられたのではないかと思う。

結果として、12勝6敗でソフトバンクと並んだものの、直接対決に負け越したカープは、交流戦2位となった。
ただ、十分誇っていい交流戦だったと思う。
虚無感や喪失感を感じる必要は全くない。





スポンサーサイト

【カープ情報】2017.06.17 広島対ソフトバンク 交流戦2回戦 丸2試合連続本塁打は決勝弾、粘るソフトバンクを今村が振り切る

2017年6月17日に行われた、広島対オリックスの交流戦2回戦の試合結果

SB 100 100 000|2
広島 000 200 01×|3

勝 中崎 2勝0敗1S
負 岩崎 3勝2敗1S
S 今村 1勝1敗13S

【本塁打】今宮3号、丸12号

カープ先発の野村は、先頭の川崎に対し、初球のアウトコースのツーシームで引っ掛けさせ、エルドレッドの好捕もあって1球で1アウトを取る。
ただ、今宮にはインコース低めへのツーシームを捉えられると、左中間スタンドに飛び込む本塁打で先制を許す。
コースも高さも、決して甘いボールではなく、この1点は仕方ないと割り切るほかない。
柳田には、アウトコース高めのツーシームを引っ張られ、低い弾道で右中間を破るエンタイトルツーベース。
もし打球に角度が付いていたら、そのままスタンドインという打球だった。
これがフェンスを越えなかったことをプラスに捉え、続く江川、中村晃は共に打ち上げさせて、1点で留めた。

カープの初回の攻撃は、松本裕に対し、田中、菊池、丸は高めのカットボールにタイミングを合わせることが出来ない。
コースは甘く、決してスピードもコントロールも抜群という投球には見えなかったが、やはりランナーを出すことでリズムを狂わせて行きたい。
もっとも、キャッチャーが甲斐ということもあり、そうそう盗塁を狙ってもいけないため、単純に打っていく方が攻略の近道になるだろか。

野村が立ち直ることが前提条件にはなるが、2回の先頭上林のショートゴロは、イレギュラーで高く弾み、内野安打となる。
スイスイと投げされてもらえないのは、ある程度仕方がないと思いながら守っていく必要はあり、簡単にガタガタ崩れていくような投手、そしてチームではない。
松田からは高めのカットボールで空振り三振を奪い、盗塁と進塁打で2アウト3塁とピンチを背負ってからは、投手の松本裕をセカンドゴロに打ちとって無失点で切り抜ける。

2回の攻撃では、鈴木が高めに抜けたカーブを、やや捉え損なったようなバッティングでレフトフライに倒れるが、松山は四球を選んで1アウト1塁。
エルドレッドは、逆球の甘いストレートを2球捉え損なってファールとし、追い込まれてからの高めのストレートを打ち上げてセンターフライ。
安部はインコースのスライダーを打ち上げてセカンドフライに倒れ、捉えきれない。

カープは一回り目はノーヒットに抑えられ、4回表には松田のレフト前タイムリーヒットで追加点を許す、苦しい展開。
ただし、さらなる追加点のピンチ、1アウト1、3塁では甲斐と松本裕を打ち取って最小失点で凌いでいる。

4回裏は先頭の菊池が、打たされたようなショートゴロに打ち取られたが、丸がアウトコースのストレートをセンター前ヒットとし、ようやくチーム初ヒット。
鈴木はアウトコースのストレートで空振り三振に倒れるが、松山はインコースのストレートをライト線に弾き返し、二塁打で2アウト2、3塁のチャンス。
終盤のソフトバンクのリリーフ陣を考えると、ワンチャンスをものにしておきたい。
エルドレッドは、インコースのストレートに詰まったが、外野手は深い守備位置を敷いており、センター柳田の前にポトリと落ちる、2点タイムリーヒットで同点に追い付いた。

得点を奪った直後のイニングで、野村がリズム良く三者凡退で抑えれば、少なくとも試合の流れを五分に引き戻すことが出来る。
その大事な5回表、1番からのソフトバンクの攻撃を三者凡退で抑えた。

すると5回裏、先頭の會澤がセカンド頭上をライナーで越えるセンター前ヒットで出塁すると、野村が送りバントを決めて1アウト2塁。
田中は、松本裕のコントロールが徐々に定まらなくなってきたところで、じっくりと見極めて四球を選んでランナーを溜める。
菊池は初球を打っていった、浅いライトフライに倒れるが、丸は粘って四球を選んで2アウト満塁。
ただ、鈴木が2-0からの高めのストレートを打ち上げてしまい、センターフライで得点ならず。

6回、7回は野村と松本裕が踏ん張って無得点に終わり、共に8回から継投策に入る。

まず8回表のマウンドに上がった中崎は、先頭の今宮に四球を与えてしまう。
続く柳田には、ボールが先行しても際どいコースを攻め続け、インコースも狙い続ける。
最後はアウトコースのストレートで空振り三振を奪い、その間に今宮は二盗を決める。
そして代打明石に対しても四球を与えてしまうが、ここも逃げる投球とは明らかに違う。
1アウト1、2塁のピンチを背負うことになるが、とにかく弱気な仕草は一切なく、中村晃、上林を打ち取ってピンチを脱する。

すると8回裏、昨日は反撃の隙を与えてもらえなかったセットアッパーの岩崎から、丸が昨日の3本塁打のリプレーを見ているかのような、左中間への勝ち越し本塁打を放つ。

さらには松山のファーストゴロを、明石が後逸するエラーをきっかけに2アウト1、3塁までチャンスを広げたが、會澤のサード頭上を襲うライナーは、松田がジャンプして好捕し、1点の勝ち越しに留まった。

そして9回表のマウンドには今村が上がる。
先頭の松田にはフォーク、ストレート、スライダーと、持ち球を出し惜しみせず、最後はアウトコースの縦スラで見逃し三振。
代打長谷川にも、フォークとスライダーで追い込み、上手くフォークを打たせたものの、エルドレッドの好捕も実らず、一塁内野安打となる。
代打福田の打席で、フォークがワンバウンドとなる隙を突いて、代走川島が二塁に進み、得点圏にランナーを背負ってしまう。
その福田には、投手強襲の打球が今村の右足に当たり、カバーのエルドレッドが一塁ベースに体ごとタッチに行くが間に合わず、このイニング2つ目の内野安打で1アウト1、3塁。
しかも今村は治療のため一旦ベンチに下がる。

直ぐにマウンドには戻ってきたものの、一打同点のピンチは続いており、さらに逆転のランナーも一塁にいる。

川崎をストレートとフォークで追い込み、三振を奪いに行く形は整った。
そして狙い通りフォークで空振り三振を奪い2アウトまで漕ぎ着け、その間に一塁ランナーの福田は二盗を決めている。

2アウト2、3塁で今宮との勝負となり、初球のフォークでストライク。
2球目のアウトコースのストレートは、今宮の狙い通りのボールだったと思うがファールとなって、これで追い込んだ。
最後も良い高さにフォークが落ちたが、今宮も喰らい付いて、サード右へのゴロとなる。
安部が捕球して、一回転して一塁送球するも、かなり中途半端なバウンドの送球で、逆転タイムリーエラーも頭を過ったが、エルドレッドが身を挺して捕球してアウト。
かなりドキッとしたプレーで締めくくり、何とか逃げ切った。

エルドレッドのファインプレーが、初回から出た試合で、さらに1イニングで3つも出たとも言える最終回で、しっかりボールを追い掛けて足が動いていたからこそ、最後のワンバウンド送球も捕り切れたという捉え方も出来る。

今日の試合結果を受け、交流戦勝率1位タイ以上は確定したが、ルール上の交流戦最高勝率球団の可能性があるのは、カープとソフトバンクに絞られた。
明日、新たな歴史を刻んでください。





【カープ情報】2017.06.16 広島対ソフトバンク 交流戦1回戦 丸3打席連続本塁打も、序盤の失点が響いて敗戦

2017年6月16日に行われた、広島対オリックスの交流戦1回戦の試合結果

SB 202 100 000|5
広島 100 101 000|3

勝 バンデンハーク 7勝3敗
負 ジョンソン 1勝2敗
S サファテ 0勝0敗20S

【本塁打】丸9号、10号、11号、川島2号

しばらく先発機会がないということで、岡田が登録抹消、そして加藤が一軍登録されてきた。
加藤については、リリーフに限定すると、4試合で4イニングを投げ1勝0敗1S、防御率0.00、与四球1、奪三振4、WHIP0.25、与四球率2.25、奪三振率9.00となかなかに優秀な数字が残っている。
勝ちパターンでの起用は無理にしても、リリーフで登板した場合に、制球面が改善できているのかは興味深い。

ジョンソンの立ち上がりは、先頭の松田がレフト前ヒットを放つと、今宮は送りバントの構えからバスター。
これが決まってセンター前ヒットとなり、いきなりノーアウト1、3塁のピンチを招く。
そして柳田の打席で、ジョンソン、石原共にらしくない、ワイルドピッチでの失点をしてしまう。
ジョンソンはカットボールが指に引っ掛かり、石原はミットだけで捕りに行くというものだった。
もっとも、三塁ランナーの生還はある程度仕方がないと受け取ることが出来るが、続く柳田にはアウトコースを素直に逆方向に弾き返され、三遊間突破のレフト前タイムリーヒットで2失点目。
ただ、後続は打ち取って、何とか2点で留めた。

そしてカープの初回の攻撃は、先頭の田中が投手の頭上を越えていくセンター前ヒットで出塁。
菊池は送りバントの構えをせず、そのまま打って行ってライトフライ。
丸の打席で、田中が盗塁を試みるが、甲斐の送球が素晴らしく盗塁失敗。
甲斐はパ・リーグでダントツの盗塁阻止率、それも5割を記録しており、近年の捕手の中でも類を見ない数字。
いきなり盗塁阻止されたことで、カープとしては簡単に足でかき回すというわけには行かなくなった。
ただ、丸は高めのスライダーを上手く溜めて打ち返し、レフトスタンドへの本塁打で1点差に迫る。

ジョンソンの投球は、際どいコース、特にインコースへのボールでストライクを取れない。
どうしてもボール先行してからの、インコース攻めは若干甘めに行かざるを得ない。
その隙を突かれたのが、3回表の川島。
インコースを狙ったボールが外れてしまい、決めに行ったストレートは、逆球で真ん中やや外寄りに行ってしまった。
川島にきっちりと捉えられ、レフトスタンドへのツーランで、点差が3点に広がってしまう。

4回表にも、先頭打者の甲斐に四球を与えるが、これも際どいコースが外れている。
そしてバンデンハークに送りバントを決められ、松田の打席でワイルドピッチで1アウト3塁。
松田には緩い当たりのサードゴロを打たれ、三塁ランナーが生還する悪い流れ。

4回裏には、先頭の丸がファールで粘って打てる球を待ち、そして真ん中外寄りのストレートを捉えると、ライナーで左中間スタンドへ放り込む、2打席連続本塁打で1点を返す。
しかし、単発ということで、ソフトバンクとしてはまだ余裕がある。

5回裏には、石原、ジョンソンに、それぞれ代打庄司、天谷が起用され、バッテリーを入れ替えて、攻撃の意思を示す。
得点には結び付かなかったが、こうなるとリリーフ陣が無失点に抑え、その間に反撃していく展開しか勝ちは見えてこない。

そして6回表のマウンドには九里が上がる。
先発として成長した姿を見せてくれた今季、決して先発失格とは思わないが、九里が本領を発揮できるのはリリーフ。
この場所で輝いて欲しい。

その九里は、先程本塁打の川島、明石、甲斐を三者凡退に抑え、見方の反撃を待つ。

すると6回裏、1アウトから丸がインコースへのストレートを逆方向に打ち返すと、ライナーのままレフトスタンドに飛び込んだ。
3打席連続の本塁打となり、この試合の3得点全てを丸の本塁打で挙げた。
生涯1度あるかないかという打撃が出た試合こそ、勝ちに行きたい。

九里は7回表も三者凡退に抑え、2イニング無失点という投球を見せると、7回裏の攻撃では、先頭のエルドレッドがナックルカーブを捉えてレフト前ヒット。
安部は3-0からフルカウントまで戻され、最後はインコースのストレートで詰まらされてレフトフライ。
途中からマスクを被っている會澤は、アウトコースのスライダーで空振り三振に倒れ、攻撃力強化のために出場した會澤が打ち取られたことで、流れを止められた感がある。
九里に代打西川を起用し、追い込まれてから体勢を崩されたが、何とかバットに当てると、高いバウンドで投手の頭を越え、内野安打となるが、田中は高めの150キロのストレートで空振り三振となり、得点を奪うことが出来なかった。

8回表にマウンドに上がった一岡は、クリーンアップ柳田、江川、中村晃を三者凡退に抑え、味方の反撃を信じてリリーフ陣の粘投が続く。
8回裏は、バンデンハークから岩崎に投手交代し、その代わり端、菊池がライト前ヒットで出塁し、丸の打席を迎える。
しかし、丸はインコース低めに沈むフォークで空振り三振となり、1アウト1塁と場面が変わる。
鈴木は追い込まれてからのアウトコースのストレートを逆方向へ打ち返すが、セカンド正面。
4-6-3のゲッツーで無得点、2点ビハインドのまま最終回の攻防へと移っていく。

9回表のマウンドには、久々の一軍登板となる今井が上がる。
テンポ良くボールが連続し、正直なところ昔の面影はないように思える。
先頭の川島はツーシームで詰まらせてファーストフライに打ち取ったが、明石には3-0とボールが先行し、最後はツーシームをセンター前ヒット。
投球のほとんどがツーシームという印象で、ストレートは昔のイメージそのままの叩き付けるワンバウンド。
甲斐には送りバントを決められて、2アウト2塁。
代打長谷川には、まともに勝負せずに四球を与えて塁を埋める。
そして松田にもツーシームを投げ続け、最後は高めのツーシームで空振り三振を奪った。

三者凡退で、リズム良く攻撃陣にバトンを渡す、ということは出来なくても、ようやく掴んだ一軍での登板のチャンス、必死に無失点に抑えていこうという姿は、見ていて伝わってくるものがある。

そして9回裏はサファテとの対戦。
先頭の松山は、高めに抜けたフォークを捉え、ライト頭上へ打球を放つが、ライト福田が追い付いて1アウト。
エルドレッドは、150キロ超のストレート連発で空振り三振。
安部はインコースとストレートを捉え、良い角度で打球は上がったが、やはり150キロ超のストレートに力負けしており、ライトフライでゲームセット。

何を言わんとしているかは説明不要だと思うが、もともとソフトバンク戦は2勝1敗以上を目指していたはず。
1敗したからと言って、あと2試合を連勝して交流戦を締める、という目標は変わらない。





【カープ情報】2017.06.15 広島対オリックス 交流戦3回戦 初回5得点で試合の流れを掴み、投打の噛み合った勝利で、岡田7勝目

2017年6月15日に行われた、広島対オリックスの交流戦3回戦の試合結果

オリックス 000 200 000|2
広   島 500 001 01×|7

勝 岡田 7勝2敗
負 ディクソン 5勝5敗
S -

【本塁打】安部1号、ロメロ10号、エルドレッド16号

現状のカープのウィークポイントとも言える5番打者に、久々に松山をその打順で起用してきた。
ここまでの交流戦14試合の、5番打者の成績は、54打数6安打、打率.111、本塁打1、打点4というもので、言い方は悪いが、よく鈴木と勝負してくれていたなと思ってしまう。
松山は、唯一の本塁打を放った打者でもあり、昨日のサヨナラ本塁打の影響で、鈴木がもっと厳しい攻めをされる可能性も考慮すると、結果がどう出るかはともかく、良いタイミングで5番起用してきたなと捉えることもできる。

その打順が機能するかどうかは、守備でのリズムも影響してくるところで、まずは先発岡田の立ち上がりに注目。
オリックスも大幅に打順を入れ替えており、先頭のマレーロをカットボールでサードゴロに打ち取って1アウト。
開幕戦以来のスタメン起用となった小島は、2-0からのストレート、ファーストストライクを捉えられ、センター前ヒット。
安達はインコースへのスライダーで打ち上げさせて、センターフライに打ち取り、昨日2本塁打のロメロを迎える。
1打席目できっちり抑えておけば、後々精神的に優位に立てるところで、インコースを攻めて追い込むと、最後もインコースで詰まらせてセカンドフライに打ち取って無失点。

そしてカープの初回の攻撃は、先頭の田中が四球を選び、菊池は強攻するもサードゴロ。
しかしモレルが弾いてオールセーフとなると、丸がインコース低めのストレートを逆方向へ打ち返し、左中間フェンス直撃のタイムリー二塁打で先制する。
もっとも、その後の鈴木、松山が共に低めの変化球で打ち取られたのは、ディクソンの立ち直りを感じさせる内容ではあった。
それだけに、エルドレッドがワンバウンドしそうなカーブを、逆方向へ打ち返し、ライト前タイムリーヒットとなったのは価値が高い。

そして、打順変更の効果かどうかは分からないが、安部がアウトコースを狙ったストレートが、逆球で内に入ってきたところを捉えて、右中間スタンドへ今季1号本塁打を放ち、5点目を奪い、良いスタートが切れた。

もっとも、ディクソンのボールが悪かった訳ではなく、やはりいきなりのエラーでリズムを崩した面があるのは否定できない。
2回の先頭の田中が二塁打を放って以降は立ち直り、5回表の攻撃で代打が出されるまで、カープ打線は芯を外され続けて、良い当たりも出なくなっていた。

一方の岡田は、突発的にスリーボールになるケースもあり、どうしても長いイニングを投げようという意識が顔を覗かせ、リズムに乗り切れない。
4回表には、先頭の安達に四球を与え、ロメロにはインコースを攻めたが、やや甘くなって左中間スタンドへツーランを打たれてしまう。
若干こすり気味の打球ではあったが、高めだったことでスタンドまで届いたようだった。

ただ、ズルズルと行かなかったのは、守備陣の貢献に依るところが大きい。
ディクソンのセンター前に抜けようかという打球に菊池が追い付いてセカンドゴロに打ち取り、若月のレフト前へのライナーに松山が飛び込んで捕球する。
松山の飛び込み方は、グラブを体と地面の間に巻き込みかけており、下手をすれば骨折の可能性もあるプレーに見えた。
上手く腕を抱えて、荷重を逃がせたので負傷もなく済んで何よりだった。

味方の好プレーで徐々にリズムを取り戻しつつあった岡田だったが、6回のピッチングでは2アウトからT-岡田には低めのストレートをセンター前ヒットとされ、武田には内から曲げるスライダーが真ん中に入り、レフト前ヒットで2アウト1、2塁。
ただ、若月をインコースのストレートでバットを折り、ショートゴロに打ち取ってピンチを脱する。

なかなか追加点を奪えなかったカープ打線だったが、6回裏の攻撃でようやく追加点。
先頭のエルドレッドが、インコース低めにシュート気味に落ちてくるフォークをすくい上げ、レフトスタンド上段へライナーで飛び込む本塁打を放つ。
安部はストレートに詰まったが、レフト前にポトリと落ちるヒットを放ち、會澤が送りバントを狙うと、投手正面へ強く転がって1-6-3のゲッツーとなってしまう。
岡田の打席でバティスタを代打で起用するが、一邪飛に倒れ、1点どまりの攻撃となったが、岡田は6回86球で球数的には余裕があった。
それでも早めの交代を選択したということは、昨日の同じ流れを避けたかったのだろう。

点差が4点に開いたことで、7回表のマウンドには中崎ではなく中田が上がる。
昨日延長戦に入ってからの無失点リレーを見せたリリーフ陣の一角だった中田を送ったということは、対オリックスの投球内容に手応えを感じたからに他ならない。

もっとも先頭の代打大城には、ど真ん中にスライダーが行ってしまったが、良い当たりのレフトライナーで1アウト。
マレーロにもフルカウントまで粘られてから、フォークで空振り三振を奪い、小島をファーストゴロに打ち取り3アウト。
これならば、前のイニングの送りバント失敗も打ち消して余りある、流れを手放さないピッチングと言って差し支えない。

8回表のマウンドには、ジャクソンではなく中崎を起用。
ジャクソンの疲れが溜まっているという事で、休養しながらの起用ということなのだろう。
その中崎は、スライダー、カットボール中心のピッチングで安達、ロメロ、モレルのクリーンアップ3人を三者凡退で打ち取り、良いリズムを保ったままマウンドを降りる。

8回裏の攻撃で、四球2つでランナーを溜め、會澤が初球の高目のカットボールを、軽く逆方向へ合わせたようなバッティングでライト前タイムリーヒットを放ち、ダメ押し点を奪ってから、最終回のマウンドに一岡を送る。
T-岡田には真ん中低めのストレートを捉えられライト前ヒット。
武田からはアウトコースのストレートで空振り三振を奪い、代打小谷野をフォークでサードフライ、そして代打中島からフォークで空振り三振を奪ってゲームセット。

先制、中押し、ダメ押しと良い形で攻撃し、守備も好守と堅守で盛り立て、投手は先制を許さず、リリーフ陣は無失点リレー。
走攻守全てに隙のない勝利と呼んで差し支えないかと思う。
あえて勝利以外の部分で気になる点と言えば、5番打者のノーヒットということだろうか。





【カープ情報】2017.06.14 広島対オリックス 交流戦2回戦 延長12回の熱戦を、鈴木のサヨナラ本塁打で制す

2017年6月14日に行われた、広島対オリックスの交流戦2回戦の試合結果

オリックス 010 000 230 000|6
広   島 010 014 000 001|7

勝 九里 5勝4敗
負 佐藤達 0勝1敗
S -

【本塁打】T-岡田15号、鈴木14号、15号、ロメロ8号、9号

交流戦に入り、39打数7安打、打率.179、主に5番を打って1打点の安部がスタメンを外れ、西川がサードでスタメン出場となった。
その西川は、21打数7安打、打率.333、打点2となっており、復調傾向にある新井に繋ぐ役割が担えれば、松山、會澤と続く下位打線まで切れ目がなくなる。

カープ先発の大瀬良は、先頭の駿太をストライク3球で打ち取り、西野も同じくストライク3球で打ち取る。
安達へも同じく2球連続ストライクで追い込み、ようやくここで1球アウトコースへ見せ球を使った。
実に8球連続ストライクという投球で、これは調子がいいのかという矢先に、安達への0-2からの4球連続ボールで四球を与える。
続くロメロはインコースのストレートで詰まらせてセカンドフライに打ち取り、まあ調子は悪くはないのだろうという立ち上がりだった。

オリックス先発の東明は、球速は140キロ前後ではあるが、コースに決まる投球をしており、スイスイと投げさせているうちは、テンポの良い投球に苦戦しそう。
先頭の田中がファーストゴロに倒れ、菊池はアウトコース中心の攻めで何とか粘っていくもののライトフライ。
丸は初球の変化球で詰まらされてセカンドゴロに打ち取られ、すんなりと三者凡退となった。

2回の大瀬良は、すんなり2アウトを奪い、T-岡田に対してはフルカウント。
初回の2アウトからの四球が頭にあったのは間違いなく、2イニング連続で2アウトから四球を出す訳にはいかない、という意識があったかのようなコントロールミスが出た。
アウトコース高目へのカットボールを逆方向へ打ち上げられ、左中間スタンドへの本塁打で先制を許す。

失投を引きずるかのように、続く若月への初球は大きく高めに外れるボールとなり、追い込んでからの低めのストレートを上手くライト前に運ばれたことで、冷静になる時間が作れなかった。
投手の東明に対しても、3-0というカウントとなり、そこからフルカウントまで戻したものの、最後は真ん中へのカットボール。
センター前にライナーで抜けていくかという打球を放たれたが、セカンド菊池がダイビングキャッチで救った。

本塁打による先制を許した後のピッチングで、不安定な姿を見せたことで、大瀬良が立ち直ることも求められる。

ただ、直後の2回裏、鈴木が高目のストレートを捉えて、やや上がり過ぎかとも思ったが、高い弾道のまま左中間スタンドへ飛び込む同点本塁打を放った。
さらには2アウトから松山、會澤、大瀬良の三連打で満塁のチャンスを作ったが、田中が引っ掛けてのファーストゴロで勝ち越しならず。

中盤の大瀬良は、完全に立ち直ったというピッチングではなかったが、低目を丁寧に突こうとする姿勢は変わらない。
ランナーを出しても、會澤の盗塁阻止、低めのスプリットで併殺打など、冷静さも取り戻せていることで、バタバタしなくなった。

攻撃面では、3回にノーアウト1、2塁のチャンスを活かせず、4回はノーアウト1塁で併殺打。
東明のコースを突くピッチングに要所を締められている。
ズルズルと抑え続けられないためには、ランナーを得点圏に送って、プレッシャーをかける中で攻撃を仕掛ける必要が出てきた。

5回裏には、先頭の田中がセンター前ヒットで出塁すると、菊池が送りバントを決め、形を作る。
丸は低めのボール気味のストレートを、手首を返さない打ち方で、左中間へ打球を飛ばし、タイムリー三塁打で1点勝ち越し。
その丸の打席では、ワイルドピッチで田中が二塁から三塁へ進む場面もあり、やはりランナーを出すことで東明の投球の変化を引き出している。

6回裏からはオリックスは小林に投手交代。
その小林から、新井、松山が連続四球を選び、會澤はライトフライを打ち上げ、新井はタッチアップで三塁へ進む。
1アウト1、3塁で大瀬良は送りバントの構えを見せる。
セーフティスクイズの可能性もあるが、三塁ランナーは新井ということで、オリックスバッテリーの方が疑心暗鬼になっている感がある。
大瀬良はバントを決め、新井は本塁を狙わず。

キャッチャーが処理して、一塁送球の間に新井が本塁を狙わないよう、素早い一塁送球を見せると、ワンバウンド送球となるタイムリーエラー。
再び1アウト1、3塁の場面となり、田中はセンター返しの打球を放つが、マウンドに当たって高く弾むセカンドゴロ。
この当たりが併殺崩れとなる間に、三塁ランナーの代走野間が生還し、6回裏の攻撃はノーヒットで2点を奪ったことになる。

2アウトで田中が1塁に残り、さらに得点を奪うにはどうするか、というところで当然思い付くのは盗塁。
その誰が見ても警戒されて当たり前の場面で盗塁を決め、菊池のセンター前タイムリーヒットで1点追加。
田中の走塁も、全くスピードを緩めることなく、本塁をヘッドスライディングで陥れ、さらに本塁送球の間に菊池も二塁に進む。
そして丸がライト前タイムリーヒットでもう1点追加。
良い形での得点の奪い方が出来た。

7回も続投の大瀬良だったが、先頭のロメロには真ん中高目のボール気味のストレートを捉えられた。
バックスクリーンに一直線に伸びていく本塁打で1点を返された。
球数は6回の時点で89球で、完投するには若干多い。
交流戦の最終登板ということで、次回先発までは中6日以上は間が空くこともあり、出来るだけ長いイニングを投げてもらいたい思いもあったが、次の失点があればそれも叶わない。

1アウトからモレルに、真ん中へのスライダーを捉えられ、左中間突破の二塁打でピンチを迎える。
T-岡田には真ん中低めのストレートでセンターフライに打ち取ったものの、マレーロにタイムリー二塁打を浴びてしまい、完投どころか、7回途中で大瀬良はマウンドを降りる。

2アウト2塁の場面で、中崎がマウンドに上がり、後続を断った。

そして、ここからは勝ちパターンの継投策を使っていくことになる。
もちろん大瀬良も、自身の降板がどういう意味を持っているのかは理解している。
少なくとも、6回2/3で3失点というのは合格点ではあるし、次回登板への反省、という試合で良いのではないだろうか。

8回表に登板のジャクソンは、スライダーのキレはいつも通りに思えるが、ストレートはどうも置きに行っているかのように140キロ中盤が多い。
この球速であれば、捉えられても仕方がないように思える。
1アウト後、伊藤のライトライナーは、照明に入ったことで鈴木が捕球できずにヒットとなると、安達にはアウトコース高目のストレートをライト線に運ばれ、1アウト2、3塁。
ロメロを迎えるところで野手がマウンドに集まり、予想できる内容は、2人のランナーを返しても、1つずつアウトを取っていこうというもの。
しかし、そのロメロにはインコースのスライダーを捉えられ、ラインドライブの打球がレフトスタンドに飛び込む、同点スリーランとなった。

ジャクソンは、ロメロ以降の打者には150キロの球速を取り戻し、後続は打ち取った。

9回表に登板の今村は、T-岡田に対し、フォークが落ちずに左中間フェンス直撃の二塁打で、いきなりノーアウト2塁のピンチを背負う。
しかし、マレーロには良い高さにフォークが落ちて空振り三振を奪う。
代打武田には、追い込んでからのフォークが高めに浮き、やはりセンターへ打ち返されたが、菊池が二塁ベース後方で追い付いてセカンドゴロにするファインプレー。
2アウト3塁となり、ワイルドピッチも気になるところで、駿太にもフォークを決め切って、セカンドゴロでピンチを脱した。

カープの攻撃は、7回から9回まで、3イニング連続で三者凡退に打ち取られ、延長戦に突入。

カープは中田、一岡、九里がそれぞれ1イニングを無失点で抑え、オリックスは回跨ぎの黒木と平野に抑えられ、同点のまま12回裏の攻撃を迎えることになる。

12回裏のマウンドには佐藤達が上がり、先頭打者は鈴木。
2-0から、高目のストレートをファールにし、イメージをつかむと、次のアウトコース高目のストレートを踏み込んで完璧に捉え、左中間スタンドへのサヨナラ本塁打を放った。

サヨナラ勝ちはもちろん嬉しいが、それと同時に、6回を終え、点差が5点に広がったが、やはり最後まで集中を切らしてはいけないことを再確認する試合となった。





Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター