デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【プロ野球】
スポンサードリンク

2017年日本シリーズ第6戦 観戦雑感~サファテ3イニング無失点投球でサヨナラ勝ちを演出、ソフトバンクが日本一

【第6戦】
ソフトバンクの先発は、予想とは違って中5日で東浜。
対するDeNAのスタメンには、指名打者で白崎が起用される。

その他の選手起用は目立った動きはなかったものの、両チームともに変化をつけてきた。

東浜が4回まで粘りのピッチングで無失点で抑え、先発起用に応えると、打線も松田の本塁打で先制点。
5回表のDeNAの攻撃ではスタメンの白崎の同点本塁打が生まれ、選手起用にそれぞれ結果で応える展開。

どちらかと言えば、東浜を中5日で前倒し起用したソフトバンクの方が勝負手を使ってきたという印象が強く、勝たないといけないという雰囲気を出している。
その白崎の本塁打に続き、1アウト1、2塁のピンチを背負ったところで、早くも継投策。
梶谷の打順で嘉弥真を起用し、送りバントが決まって2アウト2、3塁。
ロペスの打順で石川を起用し、大暴投かというワンバウンドを甲斐が身を呈して捕球した投球が示すように、プレッシャーが大きい。
そしてフルカウントから高めに浮いたスライダーをレフト前に運ばれ、2点タイムリーヒットでDeNAが勝ち越し。
1点もやらないつもりの投手起用が失敗し、ビハインドとなったことで、第2先発として待機していた武田の起用のタイミングを逸した。

逆にDeNAとしては、濱口、井納をリリーフ待機させており、明日の第7戦のことを考えても、1人1イニングずつ起用しても、抑えるには十分の余力がある。
今永が5回裏を抑えてしまえば、あとは逃げ切り態勢に入ることができるし、ランナーを1人出したところで、1イニング4人継投も可能。
ソフトバンク打線も、濱口の7回1/3までノーヒットピッチングで調子を狂わされた感があり、当たりが止まってしまっており、結局今永の前に、5回で1安打のみに抑えられた。

それでも6回裏のソフトバンクの攻撃で、2アウト2、3塁で3番のデスパイネの打順を迎える。
先ほどロペスの2点タイムリーが出たのと全く同じ状況だったが、カーブにタイミングが合わずにライトフライに倒れ無得点。

DeNA打線の弱点ともなっていた小技についても、この試合では梶谷、柴田が送りバントを決めており、徐々に隙がなくなってきている。

8回には得意の1イニング4投手継投も見せた。
しかし、1アウト3塁の場面で柳田は投ゴロに倒れるが、飛び出した3塁ランナーを三本間に挟むことなく、一塁に送球するという判断ミスがあって3塁ランナーが生還。

この1点が非常に大きな意味を持った。
完全に上り調子となっているDeNAが、1点リードの9回裏に、当然山崎康をマウンドに送ると、1アウトから内川が、低めに決まったツーシームをすくい上げ、レフトスタンドへ同点本塁打を放つ。

8回に1点、そして9回に山崎康から1点を奪い、点の取られ方はDeNAの勢いの終焉を予感させる。

延長に入り、10回表にチャンスを作るも、回跨ぎのサファテが粘って無失点に抑えると、DeNAは山崎康の回跨ぎを回避してエスコバーがマウンドに上がる。
先頭の城所がストレートを捉えていくが、良い当たりのライトフライ。
続く高谷もストレートを捉えると、今度はセンター前ヒット。 左打者2人にストレートを芯で捉えられており、柳田に対しストレートを勝負球にすることはできず、スライダーを勝負球に選択すると、アウトコースギリギリに決まって見逃し三振。
2アウトとなると、サファテが3イニング目の準備を始め、例えパフォーマンスだとしても、チームを鼓舞する役割も同時に果たすことになる。

10回裏のソフトバンクの攻撃が無得点に終わると、そのままサファテが3イニング目のマウンドへ。
3イニング目でも150キロ超のストレートで押し、無失点で投げ終えた。

そして10回裏はエスコバーが回跨ぎでマウンドに上がり、1アウトから内川、中村晃に連続四球。
松田の打順で、三上に交代するが、ここにきて投手が足りなくなってきた。
1イニング4投手継投での1失点というのが効いている。

1アウト1、2塁で、外野は前進守備を敷いて、1点を防ぎに行っているが、松田のサードゴロで併殺が取れなかったことで、守備側は追い込まれた。

続く川島がアウトコースのストレートを逆方向へ弾き返すと、打球は一二塁間を抜けていく。
前進守備のライト梶谷がチャージし、完全にアウトのタイミングで本塁へ返球するも、ホームベース手前でバウンドした送球が、捕手嶺井の頭上を越えていき、中村晃が生還。
サヨナラ勝ちでソフトバンクが日本一となった。

ミスが減り、小技も決まり始め、良い形で調子を上げてきたDeNAだったが、この第6戦の終盤になるに連れ、守備の乱れ、判断ミスも再び顔を覗かせてきた。
継投策もソフトバンク打線が攻略し、じわじわとソフトバンクがDeNAを追い詰めていく様子が手に取るように分かった。

そのサヨナラ劇を演出したのが、ソフトバンクのリリーフ陣。
セットアッパーの岩崎は3試合無失点、そしてサファテも3試合無失点となったが、1勝0敗2Sと投げた試合全てを勝利に導いた。
MVPの決定打は、今日の試合の3イニング無失点ピッチングだと思う。
やはり凄い投手だと思い知らされた。

スポンサーサイト
[ 2017/11/04 23:19 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)

2017年日本シリーズ第5戦 観戦雑感~一つのエラーが勝敗を分ける

【第5戦】
打って打って打ちまくるDeNA打線対バンデンハーク。
一回り目は、ほぼストレートのみでパーフェクトピッチで、必然的に打つしかなかった。

一方のソフトバンクは、初回から今宮の盗塁でチャンスを広げ、4番の内川の技ありのタイムリーで、4度目の初回先制点。

今日のソフトバンクが、足を絡めた攻撃をしていることも関係しているが、ワイルドピッチでの進塁のケースが目立った。

打つだけに特化したDeNA打線が、筒香の左中間への逆転ツーランを放ったのが4回裏。
明日は移動日で、投手を継ぎ込みやすい展開であったが、昨日予想していたのとは違い、リードを奪っても継投策には入らなかった。
その隙を逃さず、ソフトバンクが逆転すると、直後のイニングの守備でファインプレーが続き、徐々に逃げ切り体勢に入る。

しかし、DeNAの6回裏の攻撃で、筒香、宮崎の連続タイムリーで同点に追い付くと、ようやくソフトバンクが隙を見せた。
セーフティスクイズを失敗し、強攻策に変えると併殺コースのセカンドゴロ。
ここで明石が二塁送球を焦ったか、ボールをお手玉とし、タイムリーエラーでDeNAが勝ち越し。

勝機を見つけたDeNAは、8回途中から山崎康を投入し、柳田を空振り三振に打ち取って流れを掴んだ。

1点リードで9回表のソフトバンクの攻撃となり、山崎康は当然続投。
3本のヒットで2アウト満塁となるものの、何とか粘りきってDeNAが1点差で逃げ切った。

もう1敗も出来ないDeNAにとって、中盤までの試合展開はかなり苦しいものがあった。
結果的に相手のエラーで勝ち越し出来たという面はあるが、リードを奪ってからの逃げ切り方は短期決戦ならでは。

DeNAの戦い方は、この2試合同様、打つのみになるだろう。
ソフトバンクの戦い方は、1点を確実に守り切る、という今シーズンの戦い方をもう一度思い出すことになるだろう。

仮に第7戦までもつれ込むような事があると、DeNA打線は手の付けられない勢いになる可能性が出てくる。
第6戦は、ソフトバンクは初戦先発の千賀が中6日、DeNAは中5日で今永の先発ではないかと思われる。
第7戦になると、ソフトバンクは東浜、DeNAは中4日のウィーランドを始め総動員となると思うが、打線の相性を考えると東浜ではなく、ソフトバンクも中4日で武田でいった方がいいように思う。
ここからは勢いも大事になってくるだけに、ソフトバンクとしては第6戦で決めてしまいたいだろう。

[ 2017/11/02 22:24 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)

2017年日本シリーズ第4戦 観戦雑感~

【第4戦】
4試合目にして、初めてソフトバンクの初回先制点が防がれた。
一方のDeNAはようやく桑原が日本シリーズ初安打を放ったものの、序盤は送りバント失敗や牽制死が出てしまい、やはり細かなプレーではミスが続いていた。

ただ、ソフトバンクへ傾いていた流れを一人で食い止めたのが濱口。
ランナーは出しても、ストレートとチェンジアップ、フォークの3種類のボールでもソフトバンク打線を翻弄した。
シーズンでは突発的にコントロールを乱し、そこが付け入る隙となっていたが、今日はコントロールの乱れはなかった。

DeNA打線が得点を奪うとしたら、長打攻勢だろうと予想できていたが、やはり得点は本塁打で生まれた。
宮崎と高城のソロホームランなどで3点を奪い、4戦目で初めて先制し、リードを保って試合を進める。

その3点を、濱口が7回1/3までノーヒットピッチングという快投で守り、初ヒットをきっかけに迎えたピンチで、ようやくパットンを本来の位置、セットアッパーとして起用できた。
8回裏の攻撃でダメ押しの3点を追加して、満を持して9回に山崎康を投入し、シリーズ初勝利。

動かずに、個々の技量に任せた、打たせるだけの攻撃が上手くいった。
ソフトバンクとしては、流石に勝ちパターンの投手起用をしておらず、ある程度割り切っての敗戦。
打線についても、明日のDeNAの先発が石田だろうということで、同じ左腕の濱口のピッチングをじっくり見極めた感はある。

打の形を取り戻したDeNAと、初黒星となった今日の試合でもバタバタすることなく淡々と試合を進めたソフトバンク。
DeNAの打の勢いがあと3試合持つか、ソフトバンクが調子付かせず抑えきるか、というところが明日以降の見所だろう。

DeNAについては、初戦先発の井納を、第3戦にリリーフとして継ぎ込んでおり、第6戦は中5日で今永が先発するとして、第7戦は先発投手がおらず、総動員という形になり、すでに先発ローテは崩している。
明日の第5戦は石田が先発するとしても、早めの継投策は当然頭に入れているだろうし、三嶋あたりが第2先発として準備をするだろう。
DeNAの投手リレーにも注目の第5戦となりそう。

[ 2017/11/01 21:35 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)

2017年日本シリーズ第3戦 観戦雑感~DeNAペースで試合が進む時間帯もあったが

【第3戦】

3試合連続でソフトバンクが先制したものの、武田の調子は決して良くなかった。
2試合ノーヒットだった、先頭の桑原が四球で出塁したが盗塁死。
梶谷も四球で出塁したが、やはり盗塁死となり、流れを掴めない。
シーズンの盗塁阻止率.324の甲斐ではなく、.194の高谷が初スタメンとなったところで、盗塁を決めて自分たちのペースに持ち込もうとする狙いがあったように思うが、リーグワーストの39盗塁だったDeNAの野球とは違うという印象が強い。

ソフトバンクとしての必勝パターンは6回終了時点で1点でもリードを保つこと。
ソフトバンクが4回に追加点を奪い、その時点でも逃げ切り態勢に入りつつある。

4回裏のロペスのソロホームランによる1点は、まだまだ想定内。
8番ウィーランドの打撃を、当たり前のように2打席連続三振で封じ、決して大量点につながる隙を見せない。

DeNAとしては最低限、追加点を許さない展開に持ち込まないといけない。
日本シリーズでは、ワンポイントリリーフがあまり成功していなかった砂田を、それでも信頼して継ぎ込んで、スクイズを防ぎ、ようやく継投策が嵌った。

そこからはDeNAペースで試合が進み始める。
砂田のリリーフでピンチを無失点で切り抜け、直後の6回裏には先頭の筒香に対し、ソフトバンクはワンポイントで嘉弥真を投入。
その嘉弥真から筒香が四球を選ぶと、2アウト満塁までチャンスを広げて、倉本のタイムリー内野安打で1点差。
ただ、あと一本、あと1点が重い。
桑原は良い当たりのライトライナーとなり、トップバッターが12打数ノーヒットというのは、短期決戦では厳しい。

雰囲気としては、中盤以降はDeNAが攻撃を仕掛け続け、井納をリリーフ起用するなど何とか追加点を防ぎ、筒香のファインプレーもあり、1点差のまま最終回まで試合が進む。
序盤にリードを奪われたDeNAとしては、最低限の試合運びは出来たということにはなる。

しかし、最終回のマウンドにはサファテが立ちはだかる。
試合序盤のリードを、最後まで守り抜くというのがソフトバンクの王道の試合運び。
懸命に1点のビハインドを追い付こうとするDeNAに対し、堂々と受け止め、追い付くことを許さなかったソフトバンクの地力が際立つ試合となった。

9回裏のDeNAの攻撃でも、桑原はライトポール際の大きな当たりがあった。
ただ、ファールでヒットのランプが付かず、13打数ノーヒット。
1、2戦目に比べ、打撃内容は悪くはなかったが、ヒットにならなかったというのが野球の難しさ。

打順こそ違えど、捕手以外はレギュラー固定でCSのファーストとファイナル、そして日本シリーズの第3戦までを戦ってきたDeNAにとって、スタメン野手を入れ替えることは難しいし、代打策の可能性もほぼない。
スタメン野手が打ち続けて状況を打破する以外の策は考えにくく、あと1つでも負ければソフトバンクの日本一が決まる、という状況で、シーズンでも試したことがない、スタメンを変えて試合に臨むというのはリスクが高いだろう。

スタメン野手の復調頼み、策と言えるものではないが長打攻勢に頼ることになるのだろか。

ソフトバンクとしては、バンデンハークか和田の先発が予想され、モイネロ、岩崎、サファテはシリーズ無失点と隙がなく、リードを奪ってしまえば逃げ切り態勢に入ることができる。
対するDeNAは、パットン、エスコバーの投入が前倒しとなっているように、不利な状況での試合展開が続き、山崎康にあってはシリーズ登板なし。
山崎康の前倒し登板すら厭わない状況とも言える訳で、後を考える余裕はなくなっている、追い込まれた状況と言わざるを得ない。

[ 2017/10/31 22:56 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)

2017年日本シリーズ第1戦・第2戦 観戦雑感~リプレー検証はセーフ

【第1戦】
DeNAがCSファイナルを勝ち上がり、短期決戦用の投手起用が嵌ったという勝因のほかに、クリーンアップを始めとする打線の破壊力が驚異的に映った。
そのDeNA打線に対し、ソフトバンク先発の千賀のピッチングは自身に満ち溢れているように見えた。
ロペス、筒香、宮崎のクリーンアップに対して、慎重に攻めて四球となっても、次の打者に対しても攻める姿勢を貫いている。
ランナーを出してピンチを迎えてしまったという心理状況だと、より慎重になってボール先行になり自身の首を絞めることになるが、そういう様子を感じさせないということは、自分のボールに自信があり、打ち取り方を事前に十分に対策し、その通りのピッチングをするだけだったのだろう。
もちろん、そういうピッチングを貫ける精神力、コントロールミスをしない技術力があるということで、レベルの高い投手が、その通りの実力を発揮したという試合だったように思う。

対するDeNA先発の井納も、ストレートで押していく投球は出来ていたと思うし、調子が悪いとは思えなかったが、やはり慎重になった面があるのか、ボール先行のイニングが多かったように思う。
また、ソフトバンクのリリーフ陣からはなかなか点を奪うことが難しいとされており、5回表に1点を返したところがターニングポイント。
残り4イニングで逆転に繋ごうとすれば、2点差に迫り、少なくともその点差を広げられてはいけない場面。
そこで先頭の今宮に四球を与えてしまったところが、投手交代のタイミングだったと思う。
少なくとも、デスパイネのタイムリーで1点追加された後の井納の続投は、第1戦ということで、まだ流れを強引に引き寄せる投手起用を控えておこうという消極的な采配に映った。
その後の失点で、DeNAは第1戦の流れを失った。

【第2戦】
ソフトバンク先発の東浜は、慎重なピッチングで球数が嵩み、リズムが良いとは言えない。
ボール球も多く、決して調子が良いとは思えなかったが、DeNA打線も芯で捉える打球が少なく、捉えきれないプレッシャーで徐々に打席での雰囲気が失われていく。

対するDeNA先発の今永は、ストレートで押す強気のピッチングで、要所を締める。
初回の柳田のヒット、デスパイネのタイムリーヒットも、詰まり気味で会心の当たりという訳ではなかった。
ピンチを迎えても、何とか1失点で粘る投球は、DeNA側へ何とか流れを持ってこようとするだけの説得力はあった。

7回に梶谷の本塁打で同点となり、ソフトバンクとしては勝ち越しさえ許さなければ、リリーフ陣で無失点リレーをしている間に勝ち越しを狙ってくる。
ロペスの出塁を許したところで継投策に移って、筒香を嘉弥真のワンポイントで抑え、宮崎にも森を投入する万全の策。
しかし、インコースのストレートを捉えた宮崎の逆転ツーランで、あとは逃げ切り態勢に入ることとなる。

ただ、CSで脅威を発揮した継投策が不発。
7回裏に、江川、甲斐の右打者2人が続くことから、三上を投入すると、ソフトバンクは左の明石、城所を連続代打起用。
二塁打と送りバントで1アウト3塁となり、柳田の打順で砂田をワンポイント起用。
砂田はCSファイナルでワンポイントで起用され、四球を与えるケースが2度続いており、ワンポイントで起用する判断がベストかと問われると微妙なところ。
結果、四球どころか柳田がセンター前タイムリーヒットを放って1点差となり、リリーフ失敗。

そして今宮の打順で、パットンを回跨ぎ前提で継ぎ込み、球威で押し込んでセカンドゴロ。
併殺コースの打球だったが、セカンド柴田からの二塁送球を、ショート倉本が落球。
そして2アウト満塁と場面が変わり、中村晃にライト前タイムリーヒットを浴びて同点。

ここで二塁ランナーの今宮も、浅いライト前ヒットで本塁を狙う。
梶谷からのバックホームが一塁側へ逸れ、戸柱が捕球後にタッチに行くと、微妙なタイミングで本塁憤死の判定が出る。
リプレー検証により、判定が覆って逆転タイムリーとなったが、頭上からのカメラで戸柱のミットは、ホームベース上にある。
三塁方向からヘッドスライディングをしてくる今宮を確実にタッチアウトにするためには、戸柱のミットはホームベース上ではなく、もっと三塁側、極端にいえばホームベースの三塁側斜め前にある必要がある。
ホームベースの真ん中付近でタッチしたと思うが、ランナーの手はホームベースの三塁側の角に先に触れてから、ホームベースを通過する訳で、ランナー、キャッチャーともにベースに触れた、タッチしたという状況であるなら、タイミングはセーフということになる。
継投策が嵌れば、ゲッツーを取れていれば、本塁返球が逸れなければ、というところが積み重なっての逆転劇。

今永のピッチングに打線が応え、DeNA側へ流れが傾くタイミングは間違いなくあった。
ただ、その流れを手放してしまったことも否定できない、という第2戦だったように思う。

[ 2017/10/30 10:30 ] 【プロ野球】 | TB(0) | CM(0)
Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター