カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】2014 CS
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.10.12 広島対阪神 CS1stステージ第2戦 引き分けで敗退決定

2014年10月12日に行われた、広島対阪神のクライマックスシリーズ1stステージ第2戦の試合結果

広島 000 000 000 000|0
阪神 000 000 000 00×|0

勝 -
負 -
S -

【本塁打】なし

今日のスタメン発表を見て、まずは左腕能見を読み切ったカープが、してやったりというところ。
ただ、それを活かすためには、個々の選手が自信を持って打って、得点を奪わないと意味がない。

そして、今日の試合は序盤から両チームとも好守の連発で、非常に締まった試合となる。
大瀬良が阪神打線を抑えている間に先制したいところなのだが、菊池と丸が出塁できず、チームに勢いが出ない。
何かきっかけがあれば、流れも傾きそうな雰囲気はあるのだが、とにかく打つ方で自力で流れを持ってくることが出来ない。

ならばと、守備でリズムを作っていった。
梵のファインプレー、小窪の堅守、大瀬良の送りバントのセカンド封殺、會澤の盗塁阻止、とにかくいい集中力を見せてくれた。
ようやく、7回に1アウト満塁のチャンスをつかみ、ここで鈴木誠と會澤が打席に向かう。
この痺れる場面で、共に倒れてしまい無得点になったが、あの場面で代打を出されなかったことを意気に感じ、今後の糧にしていってもらいたい。

ともあれ、7回表のビッグチャンスを活かせなかった直後の、阪神の攻撃では、ゴメスの詰まった当たりがヒットになってしまう、悪い流れが訪れる。
0行進の試合で、7回という終盤に先制点を奪われるというのは、絶対に避けないといけないパターン。
ここでマートンのピッチャーライナーを叩き落とし、ピンチをしのぐ大瀬良の執念、気迫が見られた。

結局、大瀬良が7回無失点、ヒース2回無失点、中崎2回無失点という完封リレーを見せるも、カープ側も無得点で、12回裏の阪神の攻撃が打ち切られ、引き分けでファーストステージ敗退が決まった。
派手に打ち込まれて大敗とか、逆転負け、エラーによる失点などが原因の散り方ではなく、スコアレスドローという結果でのファーストステージ敗退というのは、今季最後の試合として、締めくくりの試合として考えれば、救われたという感じもある。

この試合に関しては、
最終回の攻撃、2アウトからヒットを放った田中
スタメンでフル出場したものの送りバント失敗などもあり、苦い経験を糧にしてほしい鈴木誠
盗塁を2度刺し、また無失点投球を引き出した會澤
最後の最後で初ヒットを放った菊池
中心選手として試合に臨み、2試合ノーヒットという自身の結果がチームにどう影響を与えるのか身にしみてわかった丸
1点でも失ったら敗色濃厚という中、無失点という好投を見せた大瀬良、ヒース、中崎
代打ではなく、スタメンとしての起用に応えて見せた小窪
2試合連続ヒットのロサリオ、エルドレッド
先制点を防ぐ守備を見せた梵

等々、この1試合で失ったものはなく、得たものだけが大きかった。
そう思えるようになってくれると信じて、今季の戦いが終わったと締めくくりたいと思う。





スポンサーサイト

【カープ情報】2014.10.11 広島対阪神 CS1stステージ第1戦 1stステージでの敗退が限りなく濃厚となる敗戦

2014年10月11日に行われた、広島対阪神のクライマックスシリーズ1stステージ第1戦の試合結果

広島 000 000 000|0
阪神 000 001 00×|1

勝 メッセンジャー 1勝0敗
負 前田健 0勝1敗
S 呉 0勝0敗1S

【本塁打】福留1号

短期決戦対策として、シーズン中とは打順の並びを変えてきた。
シーズン後半の調子からすれば、5番以降は点が入らない危険性もあり、第1打席の状態を見てすぐさま選手交代するという柔軟性も求められそう。

早速初回に2アウト1、2塁のチャンスを作るものの、5番松山が力のないファーストゴロで無得点。
5番打者以降で1点が取れればカープの勝ちとさえ言いきってもいいくらい得点の雰囲気がない。

予想通りの投手戦となり、メッセンジャーからなかなかチャンスを作ることすら出来ない。

選手は良く集中してプレーできているが、今シーズンの集大成としての試合と考えれば、それ以上でもそれ以下でもない、今シーズンの戦いぶり通りの試合展開となった。

メッセンジャーとの投手戦で、均衡を破る本塁打を放ったのが福留というところまで再現され、甲子園での阪神戦の相性通りの結果が出てしまった。
何度も同じ打者に、同じようにストレートを狙い打たれるというのは失態ではないのかとさえ思えるほどだが、今シーズン通りの結果と言われればそれまで。

試合終盤には、一岡が復帰登板を果たし、江草がワンポイントリリーフを成功させ、リリーフ待機のヒースがしっかり後続を抑えるなど、今後に向けての明るい材料はあった。
特に一岡、ヒースについては来季以降の起用にも大きな意味のある登板となったが、あくまでそれは来季に関して。

エースで落とした初戦、これを挽回してファーストステージ突破することは、おそらくないだろう。
というのも、明日の試合で勝ったとしても、13日の3戦目と14日の予備日を含め、台風による荒天の影響で中止の可能性も示唆されている。
2試合でファーストステージが打ち切りとなれば、1勝1敗の五分となっても、シーズン上位チームがファイナルステージ進出となる。

14日に関しては台風が通過し、試合の出来る可能性は残されており、カープ側がこれで意気消沈することはないと思うが、阪神が勢いづくのも間違いない。
そういった状況で、明日の大瀬良が勝つようだと、大瀬良自身のためにもなる。
また、明日は鈴木誠、會澤がスタメン起用されれば、相手の勢いにのまれながらもプレーするという貴重な経験も出来るだろう。
何一つ無駄にすることのない試合を期待したい。

最後に、絶対勝たなくてはならない試合を落とす、この勝負弱さを解消するのが今後の課題となる。
打てそうな雰囲気がなくても、特に選手交代はなかった。
打順の変更こそあったが、カープの正攻法で挑んで、見事に散ったというのは、潔しとみるべきか。

個人的にファーストステージを勝ち抜けるためのサプライズな策を挙げていたが、やはり現実味はなかったのだろう。





Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター