カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】2014交流戦
スポンサードリンク

【カープ情報】2014.06.22 広島対日本ハム 交流戦4回戦 ロサリオ特大のサヨナラスリーラン

2014年6月22日に行われた、広島対日本ハムの交流戦4回戦の試合結果

日本ハム 004 000 000 0|4
広   島 210 100 000 3|7

勝 今村 1勝0敗
負 増井 3勝5敗12S
S -

【本塁打】田中3号、エルドレッド23号、ロサリオ7号

昨日の勝利でムードが悪いはずもなく、この試合は交流戦チーム勝ち頭のバリントンが先発。
勢いに乗っていくためにも、いつもどおりテンポのいいピッチングで初回を0点で抑えたいところ。

ただ、バリントンは結果的に0点に抑えたものの、ボールが高く不安がないと言えば嘘になる内容。

3回まで毎回先頭打者にヒットを許し、どうも修正しきれていない様子。

また打線の方は、天谷のファーストゴロがイレギュラーで高く弾むヒットとなり、菊池はバスターでチャンスを作り、昨日の勢いそのままの攻撃を見せ、エルドレッドの三塁線を破るタイムリーで先制。

2回には田中の本塁打で追加点を奪い、ここまではいい展開を見せる。

しかしバリントンは二回り目の打順では捉えられてしまい、歯止めが利かないまま4点を奪われ逆転を許す。
二者連続で初球タイムリーということもあり、簡単に打たれているという印象が強く、せっかくここまで築き上げてきた白濱との信頼感は揺るがないにしても、バッテリー間だけでなく、その他の意見も取り入れる時期なのかもしれない。

そして、修正が効かないと見るや、バリントンを3回で降板させ、久本を4回から投入。
交流戦最終戦ということ、この試合以降はペナントレース再開まで日程が開くことなどもあり、早めにリリーフ陣を投入していく展開になる。

これは日本ハムも同様で、4回のエルドレッドの同点本塁打の後に、浦野を諦めている。
それにしてもエルドレッドの本塁打は打った瞬間にわかる特大の当たりで、早めに同点に追いつくことが出来たのは、今日のポイントの一つ。

2つ目のポイントは、4回からリリーフの久本の3回1/3を無失点というピッチングに代表されるように、中田、ミコライオ、今村の無失点リレー。
3つ目はエルドレッド、菊池の守備で投手を助けるシーンが何度かあった点。
その他にも、田中の4安打、白濱の2犠打、菊池のセーフティバントなど、見どころ満載の試合で、締めくくりはロサリオのサヨナラスリーラン。
打った瞬間にわかる特大の当たりで、4回のエルドレッドの本塁打と双璧をなすような完璧な当り。
見事な勝利だった。

あえて気になる点を挙げるとすれば、3試合連続KOとなったバリントンの調子だが、交流戦も終了し気持ちをリセットしてペナントレース再開に向かって行ってもらえれば、と思う。

最後に、個人的なことにはなるが、管理人の現地観戦連敗記録がようやくストップした。
ロサリオの特大の当たりは暫く忘れることはないだろう。





スポンサーサイト

【カープ情報】2014.06.21 広島対日本ハム 交流戦3回戦 大逆転で大瀬良は交流戦初勝利

2014年6月21日に行われた、広島対日本ハムの交流戦3回戦の試合結果

日本ハム 002 02|4
広   島 000 08|8

勝 大瀬良 6勝3敗
負 メンドーサ 3勝7敗
S -

【本塁打】西川6号

交流戦に入ってまだ勝ちのない大瀬良だが、カープの先発陣で、交流戦で勝ち星を挙げているのは、前田健、バリントン、野村の3人。
開幕時の先発4本柱のうち、3人までが勝利を記録しているだけに、ペナントレース再開に向け、しっかりと勝っておきたい。

その大瀬良は倉とは初コンビとなり、初回のピッチングは、フォークで三振を2つ奪うという、新しい面が見られた。
かと思いきや、2回はストレートで押していくピッチングで、いい立ち上がりを見せた。

一方打線の方は、2回に1アウト三塁というチャンスで、田中の高く弾んだファーストゴロで、サードランナーのロサリオが本塁に突っ込めず、得点機を逸した。
これは本塁を狙ってもよかったケースで、打球判断の拙さが出てしまった。

取れるべき時に点が取れないと、相手に流れが行ってしまうもので、直後の3回に先頭打者への四球をきっかけにピンチを迎えると、西川のツーランで先制を許してしまう。

先発投手の調子だけで言えば、メンドーサよりも大瀬良の方が良さそうだったのだが、流れというのはこういうもの。
特に日本ハム戦は連敗が続いているだけに、相性の悪さというのは、こういう場面で出てしまう。

大谷のセンターライナーという当りも、考えられないほどの伸びでセンターオーバーのツーベースとなり、試合の流れが日本ハムに傾く。

3回の攻撃では、先頭の木村がヒットで出るも、天谷の打席で三振ゲッツーでランナーがなくなり、2アウトとなってから菊池がヒットと、悪いときのパターンに嵌ってしまっている。

5回にも追加点を奪われる厳しい展開となってしまい、大瀬良もこの回までという雰囲気。

ただ、ここから8点を奪って逆転するというのは、想像できない展開だった。
さらに5回の攻撃途中から雨脚が強まり、5回の攻撃が終わった直後に中断、そのままコールドゲームになるとは、何と都合のよい展開だろうか。

大瀬良自身は納得のいくピッチングではなかったかも知れないが、結果はともかく、内容は決して悪くはなかった。
交流戦最後の登板で、味方の大逆転で勝ち星がついたことで、一応は切り替えてペナントレース再開に向かっていけるだろう。

明日の試合では、この逆転の余韻のまま試合に臨むことが出来るが、最終戦でいい締めくくりが出来ることを期待したい。





【カープ情報】2014.06.19 広島対楽天 交流戦4回戦 前田健も復活白星で続く

2014年6月19日に行われた、広島対楽天の交流戦4回戦の試合結果

楽天 000 001 001|2
広島 002 111 01×|6

勝 前田健 6勝4敗
負 松井裕 0勝4敗
S -

【本塁打】なし

昨日の試合では、勝敗云々以前に、9連敗していたという重苦しさが感じられず、雰囲気は良かった。
その上での勝利だっただけに、この試合も勢いに乗って行きたいところ。

カープのスタメンは昨日と全く同じで、対戦するルーキー松井は、昨日の川井と比べればコントロールに難があるのは間違いない。
昨日は初球攻撃ではなく、粘った攻撃が出来ていただけに、同じような姿勢が出せれば攻略が近付くはず。

その松井対カープ打線は、やはり松井のコントロールの乱れに付け込んで、四球からチャンスを広げていく。
しかし、右打者がアウトコースにボールになるチェンジアップを空振りするケースが目立ち、なかなか点が奪えない。
確かにコントロールは良いとは言えないが、キレのあるストレートと同じ腕の振りでチェンジアップを投げ込むため、攻略に苦労していた。

今日の試合は、前田健が故障明けを感じさせないピッチングで、相手打線を抑え込んでいたために、あまり受け身にならずに済んでいたが、もし相手に先制されて追いかける展開だったとしたら、もっと苦戦していた可能性もある。

とは言え、先制点を許さず、じっくりと攻撃に集中することができたことで、じわじわと松井裕を追い詰め、久々に本塁打なしで先制、中押し、ダメ押しといい攻撃が出来た。

楽天の攻撃を抑えたという表現も正しいが、守備で相手の得点を防いだという表現も正しい。
前田健自身のフィールディングも、広瀬の守備も流石というプレーを見せてくれた。
これこそホームゲームでの守りという感じだった。



【カープ情報】2014.06.18 広島対楽天 交流戦3回戦 野村復帰後初勝利、高橋プロ入り初出場

2014年6月18日に行われた、広島対楽天の交流戦3回戦の試合結果

楽天 000 000 100|1
広島 203 010 00×|6

勝 野村 4勝3敗
負 川井 1勝5敗
S -

【本塁打】エルドレッド22号、ロサリオ6号

日曜の試合でようやく連敗を脱し、休養十分で迎えたホームゲーム。
この試合から、ファームで10本塁打を放っている高橋が、プロ初の一軍登録、そして即スタメンとなった。

また、倉が今季初スタメンで、ロッテ戦の2試合でトップバッターとして機能した天谷はスタメン落ち。
ガラッと変えてきたなというのが正直な感想。

初回の攻撃は、トップバッターの梵は三振するものの、打席で粘りを見せ簡単には凡退しなかった。
丸のタイムリーは相手の守備に助けられた感もあったが、エルドレッドも追い込まれた後に粘って四球を選んで後ろにつなげたことが2点目のロサリオの犠牲フライにつながった。

これまでの交流戦では、淡白に凡退していた印象が強かったカープ打線だが、一貫して攻めの姿勢は崩さなかった。
その姿勢が、今日の打線のつながりを生んだともいえる。

エルドレッド、ロサリオのアベックホームランは今季2度目で、打線は今日の試合に関しては文句なし。

さらには野村が初回から安定感抜群の投球で、不調時からは明らかにボールの軌道が変わっている。
打たせて取るピッチングが出来ていたわけだが、開幕時から疑問符の付いていたシュートで、狙ったコースに打球を打たせることが出来ていたように思う。
ようやく実戦で問題なく使える状態になってきたということだろうか。

試合内容については、ほぼ文句のつけようのない勝利だった。

また、この試合でプロ初出場を果たした高橋については、近年の若手野手のデビュー戦としては、フル出場というのは非常に珍しい。
もちろん指名打者での出場ということで、終盤守備を交代する必要がなかったということなのだが、1試合目で4打席立てるというのは、リードしている展開もあってこそ。
1打席目のレフトフライも捉えていた打球だったが、川井のボールも低めに決まっていたため、ヒットゾーンへ飛ばず。
2打席目はボール球に手を出してしまい、3打席目は同じくボール球を振って三振。
ただ、エンドランがかかっていたのでボール球を振りにいってしまった側面もある。
4打席目は粘って、アウトコース高目を逆らわずにライト方向へ持っていった。

ヒットこそ出なかったが、可能性は感じさせるデビュー戦だったように思う。





【カープ情報】2014.06.15 広島対ロッテ 交流戦4回戦 エルドレッド逆転満塁本塁打で久々のミコライオ締め

2014年6月15日に行われた、広島対ロッテの交流戦4回戦の試合結果

広 島 101 000 420|8
ロッテ 000 131 000|5

勝 小野 1勝1敗
負 益田 4勝1敗
S ミコライオ 0勝0敗12S

【本塁打】天谷1号、角中3号、エルドレッド21号、中東1号

この試合が始まる前までの1番打者の打率は.240となっており、打順別では8番打者の.184に次ぐ低打率ということになる。(9番打者は投手が多いため除外)
少なくとも、トップバッターがチームに勢いをもたらすことが出来ていないという数字の証明とも言える。

今シーズン1番打者としての出場が多いのは、丸、梵、堂林の3人。
このうち、交流戦19試合中13試合で丸と梵が1番打者としてスタメンで出場しており、丸が打率.190、梵が打率.206と苦しんでいる。
(交流戦中の1番打者の打率.224)

昨日も書いたが、1番打者としての経験を買われてスタメン起用された天谷が、僅かな期間でも1番打者として機能してくれれば、打線の勢い回復に一役買っても不思議はない。

その天谷は先頭打者本塁打で、いきなりバリントンに1点の援護。
今度こそ連敗脱出なるか、まずは幸先のいいスタートを切れた。

ただ、バリントンはコントロールが定まらず、立ち上がりは結果的に抑えはしたものの、1点のリードだけでは心もとない投球内容。
それでも、丁寧なピッチングで最少失点で抑えていくが、5回に三振ゲッツーのタイミングで、セカンド送球を木村が落球。 これでセカンドにランナーが残ったことで、一挙に逆転まで持っていかれた。

この展開は昨日の逆のパターン。
取られてもすぐに追いつくことができれば、まだ試合の流れは分らないのだが、逆転されると「またか」という雰囲気が球場全体を覆ってしまう。

逆に小野が追加点を奪われ、試合の流れは完全にロッテ。

これを覆すのだから、4番の一発の威力に頼らざるを得ないのは、今季のカープの戦い方から切り離すことはできない。
7回に天谷が四球を選び、トップバッターとしての仕事をし、菊池、丸の連打の後、久々のレッドコンボ炸裂。
エルドレッドの逆転グランドスラムで、昨日同様逆転に成功。

このリードを、中田が2イニングをパーフェクトリリーフで流れを引き寄せ、昨日のリベンジを果たす。
打のヒーローがエルドレッドなら、投のヒーローはこの中田だろう。
この間にも、連敗中はなかなか取ることのできなかった追加点を奪うこともできたが、落球を取り戻すべく木村の猛打賞でチャンスをつかみ、白濱が犠打をしっかり決め、攻撃のリズムを作ったことで中東の一発が飛び出した。
交流戦前に見られた終盤の逆転劇が久々に見られた。

そしてリリーフ最後の砦であったミコライオが3人で締め、ようやく連敗脱出。
いい形でホームに戻って、少しでもこれまでの借りを返していきたい。





Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター