デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【2014年全球団新外国人】
スポンサードリンク

2014年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2014年のペナントレースが終了したことを受け、2014年の新外国人選手(移籍・再入団・残留選手は除く)について期待度を掲載していましたので、2014年の成績を踏まえて考察をしてみたいと思います。
参考記事:
2011年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2012年新外国人選手の結果と期待度についての考察
2013年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2014年 全12球団 新外国人獲得リストと数値で見る期待度

★★★★★・・・<2選手>
呉昇桓、マイケル・ボウデン

非常に分かりやすく、呉昇桓(セーブ王)は期待通り、ボウデンは期待通りにはいかず、という結果が出ています。

★★★★☆・・・<5選手>
ギジェルモ・モスコーソ、ユリエスキ・グリエル、トラビス・ブラックリー、グレッグ・レイノルズ、バーバロ・カニザレスの5選手です。

モスコーソは勝ち星には恵まれませんでしたが、安定感は高かったと思います。
グリエルはシーズン途中の来日で、怪我による途中離脱もありながら、インパクト大の成績を残しています。

ブラックリーは来日以降、一向に調子が上がらず、レイノルズは開幕からの5連敗でリズムに乗れずじまいで、シーズン終盤に自由契約となってしまっています。

評価の難しいのはカニザレスで、ファームで3割を打って、数少ない一軍での試合でも3割を打っても、外国人枠の制限で試合出場がままならず。
ただ、星4つという評価を付けたのは、李大浩の獲得が決まる前ということもあり、ここまで出番がないというのは予想外でした。

【スポンサードリンク】


★★★☆☆・・・<21選手>
クリス・セドン、フレデリク・セペダ、エクトル・メンドーサ、マウロ・ゴメス、ザック・フィリップス、デュアンテ・ヒース、アレクシス・ゴメス、アンダーソン・エルナンデス、クリス・カーペンター、クリス・ナーブソン、ケビン・ユーキリス、ライナー・クルーズ、ニック・エバンス、コーディ・ランサム、エルネスト・メヒア、ルイス・クルーズ、アルフレド・デスパイネ、ユニエスキー・ベタンコート、ジョーイ・バトラー、ルイス・メンドーサ、ホアン・ミランダ、の21選手。

この星3つの中からは、例年タイトル級の選手が出てくるが、今回の場合はゴメス(打点王)、メヒア(本塁打王)がタイトルを獲得している。
次点でチームの主力級として活躍した選手は、ヒース、デスパイネ、クルーズ(日)、メンドーサ(日)の4人。
ここまでの6人が合格点の働きが出来たのではないかと思う。

例外としては、メンドーサ(巨)は育成重視で獲得されたという経緯もあり、出番がありませんでした。

その他は、チーム事情で重用されたが成績があまり芳しくなかった、出番自体がなかった、成績が伴わなかった、故障で試合出場すら難しかったという選手となると思う。


★★☆☆☆・・・<8選手>
レスリー・アンダーソン、ライネル・ロサリオ、ルーク・ファンミル、ザック・ラッツ、チャッド・ハフマン、ダン・ランズラー、マイケル・クロッタ、アンソニー・カーター

この星2つとした選手には、大変申し訳なく思うほど、ほとんどの選手が大活躍を見せてくれた。
貢献度があまり高くないと思われるのは、ファンミル、ランズラーの2人のみで、あとは短期間で故障離脱のラッツ、助っ人という側面で見れば迫力不足ではあったハフマンは、可もなく不可もなくという感じだろうか。

アンダーソン、ロサリオは実力で4番を任された時期もあり、クロッタ、カーターは勝ちパターンのリリーフ投手として起用されていた。

★☆☆☆☆・・・<0選手>

あくまで星付けは当ブログの主観で、活躍したと思われる選手の選別も主観で行っています。
あの選手は、数字には表れない部分でもっとチームに貢献していた、ということもあろうかと思いますが、ご容赦ください。
活躍度合いは、
★★★★★は1/2。
★★★★☆は2/5
★★★☆☆は6/21
★★☆☆☆は4/8
★☆☆☆☆は該当なし。

偶然にも、星5つ50%、星4つ40%、星3つ28.6%という並びとなりました。
個人的には星2つを付けた選手の活躍に対し、非常に反省するところがあると思っています。

スポンサーサイト

【オリックス】ダン・ランズラー投手の成績

オリックスが、2014年の新外国人選手としてシーズン途中での獲得を発表した、ダン・ランズ ラー投手(29)の成績

身長193cm、体重95キロ。左投げ左打ち。

マイナーで14試合、メジャーで1試合の先発経験があるが、最速157キロの速球を活かしたリリーフが適任。
持ち球も、スライダー、チェンジアップ、カーブ、ツーシームとなっており、左腕の速球派の投手としては十分な球種がある。

プロ入りして3年後にはメジャー昇格となっている。
昇格した2009年のマイナーでは、ほぼ完璧な投球で見事な数字を残し、シングルAからのスタートだったが、一気に駆け上がった。

メジャーでは、2009年から2012年の4シーズンの登板があるが、そのうち3シーズンで奪三振率10以上を記録している。

ただし、という表現がもっとも適していると思うが、やはりコントロールには相当苦労しそうな投手。
メジャーでの与四球率はともかく、マイナー通算の与四球率が5以上というのは、近年来日した投手の中ではワーストの部類。
奪三振能力の高さは魅力だが、1点を争う場面での登板を任せるには、相当の信頼を積み重ねてからになりそう。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2007(Rk)1501243.44 18.1 71516241.15 2.95 11.78
2007(A-)100009.00 1.0 120214.00 18.00 9.00
2008(A-)2700102.10 30.0 719121431.33 6.30 12.90
2008(A)2000105.47 24.2 1525219261.78 6.93 9.49
2009(A)19011110.68 26.1 28013450.80 4.44 15.38
2009(A+)1901050.84 21.1 2814260.56 1.69 10.97
2009(AA)703010.96 9.1 1517111.29 6.75 10.61
2009(AAA)200000.00 2.0 020011.00 0.00 4.50
2010(Rk)110000.00 2.0 000040.00 0.00 18.00
2010(A+)110000.00 1.0 000020.00 0.00 18.00
2010(AAA)600103.86 7.0 380451.71 5.14 6.43
2011(AAA)17102303.98 52.0 2347232591.52 5.54 10.21
2012(A+)320206.00 3.0 231111.33 3.00 3.00
2012(AAA)2900216.00 27.0 1836214331.85 4.67 11.00
2013(AAA)5103715.68 52.1 3358537501.82 6.36 8.60
2014(AAA)3901513.30 46.1 1738236531.60 6.99 10.29
マイナー通算257141225243.64 323.2 131274181963841.45 5.45 10.68
AAA通算1441061834.53 186.2 94189111232011.67 5.93 9.69
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
20091100001.04 8.2 1615111.27 5.19 11.42
20104103003.03 32.2 1129120371.50 5.51 10.19
20113111206.26 27.1 1929016251.65 5.27 8.23
2012600000.00 3.2 010351.09 7.36 12.27
メジャー通算8914203.86 72.1 3165244781.51 5.47 9.71




【楽天】ニック・エバンス内野手の成績

楽天が2014年の新外国人選手としてシーズン途中での獲得を目指すと報じられた、ニック・エバンス内野手(28)の成績
(2014年7月30日契約合意)

188cm、100kg、右投げ右打ち。

メジャー初昇格は2008年で22歳と若く、そのデビューイヤーでいきなり50試合出場を果たした才能あふれる内野手。
そこから4年連続でメジャーでプレーをしており、レギュラーこそ獲得には至らなかったが、貴重なバイプレイヤーとして、どの年度もそこそこの打撃成績を残している。

メジャーでの登録期間が長いこともあり、3Aでの試合出場は決して多くなく、3Aでのシーズン最多本塁打は、今季2014年のシーズン途中での11本。
ただ、数字以上に長打力はありそうなバッティングをしており、ややアッパー気味のスイングで、ラインドライブがかかることが、本塁打数が伸びない要因に映る。

選球眼もよく、三振も少ない打者で、走力があまり期待できない以外は、弱点らしい弱点は見当たらない。

守備に関しても、ファーストに限れば守備範囲も広く、かなり上手い部類の内野手と言える。

 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2004(Rk)50182471037273214510.258 0.311 0.462 7730.275 0.280
2005(Rk)15642270622104170.344 0.382 0.734 11170.235 0.266
2005(A-)57226571136330117340.252 0.302 0.407 7090.500 0.150
2006(A)13751113033315672045990.254 0.320 0.419 7390.455 0.194
2007(A+)10337810825115543053640.286 0.374 0.476 8510.828 0.169
2008(AA)752969218714532126640.311 0.365 0.561 9260.406 0.216
2009(AA)251052991392010220.276 0.350 0.467 8170.455 0.210
2009(AAA)662375012310300023550.211 0.280 0.414 6930.418 0.232
2010(AA)8834710230017550140650.294 0.366 0.527 8930.615 0.187
2010(AAA)37140441416250015230.314 0.385 0.557 9420.652 0.164
2011(AAA)64249781308323026500.313 0.375 0.462 8370.520 0.201
2012(Rk)261000200010.167 0.167 0.167 3330.000 0.167
2012(AAA)1971143029007140.197 0.262 0.324 5860.500 0.197
2013(AA)133454121241198124661110.267 0.357 0.449 8060.595 0.244
2014(AAA)511987018211470023280.354 0.425 0.631 10560.821 0.141
マイナー通算9223464965227251395461893696980.279 0.349 0.479 8270.529 0.202
AAA通算2378952566063714330941700.286 0.354 0.491 8450.553 0.190
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2008501092810029007240.257 0.303 0.404 7060.292 0.220
20093065155117004200.231 0.275 0.385 6600.200 0.308
20102036113015001100.306 0.324 0.472 7970.100 0.278
201159176451024250115480.256 0.314 0.403 7180.313 0.273
2014162152014000100.238 0.238 0.476 7140.000 0.476
メジャー通算17540710430395001271120.256 0.302 0.410 7130.241 0.275










【カープ情報】デュアンテ・ヒース投手の成績

広島カープが2014年の新外国人選手としてシーズン途中での契約に合意したと報じられた、デュアンテ・ヒース投手(28)の成績

193cm、109kg、右投げ右打ち。

メジャー経験は2012年から2013年の2年間のみで、特に2013年は7回2/3で被安打8(うち被本塁打2)、与四球12とまったく良いところがなかった。
マイナーでの成績は、先発リリーフ両方をこなし、若手時代はコントロールに不安を抱えていたが、徐々に解消してきている。

最速153キロのストレートを主体とするピッチングで、持ち球はスライダー、ツーシーム、チェンジアップ、カーブ、カットボール。
スライダーの精度がやや甘めなのが気になるが、150キロ近いツーシームの方が日本では有効となりそう。

リリーフ専門の投手が、3Aで奪三振率10以上というのは珍しくはないが、このヒース投手のように先発もこなしながらの奪三振率10超えは、今季であればモスコーソが該当する。
また近年来日した外国人投手で奪三振率10超を記録しているのは、30イニング以上の登板、先発リリーフ両方での登板経験ありという条件に絞るとソコロビッチのみとなる。

マイナーではリリーフ経験の方が多くなってはいるが、これだけ奪三振能力が高く、長いイニングも投げられるとなれば、先発投手としての可能性も捨てきれない。

今季は3Aで8試合に先発し、先発時の成績は、5勝1敗、防御率4.03、WHIP1.29、与四球率4.26、奪三振率10.18となっている。
防御率に関しては、直近の試合で4回7失点というピッチングだったため大きく悪化している。
(その試合の直前までは、先発時の防御率は2.65)

 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2007(A)1692302.03 71.0 1659119471.10 2.41 5.96
2007(A+)11112405.82 55.2 3664831471.71 5.01 7.60
2008(A+)14149203.11 84.0 2978541531.42 4.39 5.68
2008(AA)13114505.56 66.1 4176532461.63 4.34 6.24
2009(AA)25122514.16 80.0 3780438701.48 4.27 7.87
2009(AAA)720109.64 18.2 2027212182.09 5.79 8.68
2010(AA)3902423.12 57.2 2049432841.40 4.99 13.11
2011(AAA)30164714.73 102.2 549812621171.56 5.44 10.26
2012(AAA)3644331.48 67.0 1147420741.00 2.69 9.94
2013(AAA)3012142.20 45.0 1136114361.11 2.80 7.20
2014(AAA)2285103.22 64.1 2354732731.34 4.48 10.21
マイナー通算243883636113.76 712.1 298668533336651.41 4.21 8.40
AAA通算12531151383.59 297.2 119262261403181.35 4.24 9.63
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2012300004.50 2.0 111111.00 4.50 4.50
20135000011.74 7.2 10821232.61 14.09 3.52
メジャー通算800009.90 9.2 11931342.28 12.10 3.72


【スポンサーリンク】








【楽天】ザック・ラッツ内野手の成績

楽天が、2014年の新外国人選手としてシーズン途中での獲得を発表した、ザック・ラッツ内野手(28)の成績

身長182cm、体重97キロ。右投げ右打ち。

メジャーには2012年に初昇格しているが、翌2013年に打率3割を残しているものの、メジャー経験は少ない。
マイナーでの成績は、2010年から5年連続で3Aでプレーしており、打撃面では、あまり大きな穴もなく、そこそこ率の残せる中距離タイプの打者のように受け取れる。
ロッテのハフマンや、オリックスのバトラーと似たようなタイプだが、長打力に関しては、このラッツ内野手が最も劣るような感じを受ける。
走力に関しては、全く期待できず、上位打線向きの選手ではない。

また、守備では三塁を主に守っているが、一塁と外野手としての経験もある。
もっとも、一塁手として見ても守備範囲が広い方ではないし、三塁手としての守備力はあまり高い方ではなく、外野は本職ではないためか、守ったことがある程度とみておく方が無難。
少なくとも守備で貢献できるような選手には思えない。

出塁率の高さがもっとも期待できるファクターで、5番から7番あたりの打順で、打点を稼ぐか後ろに繋いでいくという役割がふさわしいのではないだろうか。

 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
2007(A-)120000000000.000 0.000 0.000 00.0000.000
2008(A-)247224403120214120.333 0.442 0.514 9561.167 0.167
2009(A+)9935610119211621150720.284 0.381 0.441 8220.694 0.202
2009(AA)8296100200570.207 0.324 0.241 5650.714 0.241
2010(Rk)5196101400140.316 0.350 0.526 8760.250 0.211
2010(A+)140000000020.000 0.000 0.000 00.000 0.500
2010(AA)612256514017420233630.289 0.389 0.578 9670.524 0.280
2010(AAA)5206401900230.300 0.364 0.650 10140.667 0.150
2011(A+)280000100120.000 0.111 0.000 1110.500 0.250
2011(AAA)612206512011310027700.295 0.380 0.500 8800.386 0.318
2012(A+)6205201800450.250 0.346 0.500 8460.800 0.250
2012(AAA)722447316110350042750.299 0.410 0.496 9050.560 0.307
2013(AAA)111399117274138002541020.293 0.377 0.479 8560.529 0.256
2014(AAA)59227661127371129500.291 0.386 0.449 8360.580 0.220
マイナー通算5151845534111975323282624670.289 0.384 0.481 8650.561 0.253
AAA通算308111032770742192131543000.295 0.387 0.484 8700.513 0.270
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
20127111000000050.091 0.091 0.091 1820.000 0.455
201315206200200660.300 0.462 0.400 8621.000 0.300
メジャー通算223172002006110.226 0.351 0.290 6420.545 0.355






Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター