カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】2013 CS
スポンサードリンク

【カープ情報】2013.10.18 広島対巨人 CSファイナルステージ第3戦 3連敗でCS敗退

2013年10月18日に行われた、広島対巨人のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦の試合結果

広島 100 000 000|1
巨人 001 110 00×|3

勝 杉内 1勝0敗
負 野村 0勝1敗
S 西村 0勝0敗2S

【本塁打】なし

今日負ければファイナルシリーズ敗退が決まるカープは、背水の陣で臨む。
その大事な試合の先発は、バリントンではなく野村。
さらに打線も不振のエルドレッドを6番に下げ、1stステージ仕様に戻してきた。

阪神戦では繋がっていたスタメンで、これで点が取れないと文字通り終わってしまう最後の策だろう。

その意思が伝わったのか、初回は四球、犠打、タイムリーと3人で1点をもぎ取った。
そのリードを野村が守って行く展開となり、立ち上がりはスピードはあまり出ないが、ストレート変化球ともキレが良くまずまずの出来に見えた。

ただ、3回辺りから杉内は際どいコースでストライクが取れ始め、逆に野村は際どいコースがボールとなり始め、流れの変化が見えた。

決して完璧に打ち砕かれた訳ではないが、1点ずつ追加されて行くと、重苦しい気配が漂い始める。
リードを許したままでは、いつでも巨人のリリーフ陣が登板してくる訳で、早めに追い付きたい焦りと杉内の調子も相まって、またもヒットすら出なくなり手詰まり感が出てしまった。

終わってみれば、3連敗でファイナルステージ敗退が決定し、やはり巨人のリリーフ陣からはシリーズ通して1点も奪えなかった。

3試合通算での巨人の投手陣の自責点はわずかに1点。
この差は大きかった。
それでも接戦に持ち込めたのは、カープのリリーフ陣も粘りの投球で、簡単に追加点を許さなかったことにあるだろう。

カープは1、2番の出塁をクリーンアップが返すことが出来なかった。
敗退してしまったが、シリーズで目立ったのは、打者では菊池、投手では今井だろうと思う。

今回は敗れてしまったが、Aクラスに入れば、またリベンジの機会もある。
来季も、最後までしびれる試合を見たいと思う。





スポンサーサイト

【カープ情報】2013.10.17 広島対巨人 CSファイナルステージ第2戦 前田健一発に沈む

2013年10月17日に行われた、広島対巨人のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦の試合結果

広島 000 000 000|0
巨人 003 000 00×|3

勝 菅野 1勝0敗
負 前田健 0勝1敗
S -

【本塁打】寺内1号

昨日の試合の序盤とうって変わって、四球もエラーもない緊迫した展開となった。
中4日での登板や、右手のマメの影響を感じさせないくらい、前田健太からは気合がみなぎっているのが分かる。

自分が負ければファイナルステージ敗退にリーチが掛かってしまうだけに、絶対に自分は負けないという投球をしているようにも思えた。

対する菅野も3回までパーフェクトピッチングを見せ、点が入らないまま終盤に向かえば、いつでも巨人のリリーフ陣が出てきてしまう。
中盤から終盤にかけて先制点の重みが増してくるだけに、前田健の投球からも菅野にプレッシャーをかけていきたいところ。

しかし、その思いとは相反し、菅野に先制点がプレゼントされる。
長打という点では伏兵の寺内に先制スリーランを浴び、一気に形勢が不利に傾く。
勝負所でのギアチェンジをする前に、若干甘く見ていたかのような追い込んでからの本塁打で、短期決戦の勝負勘の差が出てしまったのだろうか。

打線も菅野の前に、終盤まで天谷の内野安打の1本に抑えられ、ランナーを塁に出すことすら出来ず、全くチャンスが作れない。

最終回に満塁のチャンスを作ったものの、時すでに遅し。
リリーフ陣が出てくる心配すら杞憂に終わってしまった。

カープ側が理想とする展開を、逆に巨人にやられてしまった。
しっかりとした守りの野球は出来ていたし、結局失点は本塁打の一発に泣いた格好で、正直短期決戦における底力の差を感じてしまった。

この敗戦で、あと一敗でシリーズ敗退が決まってしまう。
カープが日本シリーズに進出するためには、4連勝しかなくなった。

明日の先発が予想されるバリントンは、ここまでCS進出決定の試合と1st突破の試合での先発を任されて、期待に応えている。
ツキを持っている投手が今後に期待を繋げるか、最後の勝負の時を迎える。

それにしても、リリーフの中田、今井はしびれる展開で無失点で抑えた。
この経験は大きいと思う。
ただ、明日で敗退が決まってしまうと、野村がCSで無登板に終わってしまう。
それを避けるためというのは意味を取り違えているかもしれないが、やはりここまで全員野球でAクラスを勝ち取ってきたチームなので、多くの機会があることを期待している。





【カープ情報】2013.10.16 広島対巨人 CSファイナルステージ第1戦 惜敗

2013年10月16日に行われた、広島対巨人のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第1戦の試合結果

広島 020 000 000|2
巨人 000 101 10×|3

勝 山口 1勝0敗
負 横山 0勝1敗
S 西村 0勝0敗1S

【本塁打】坂本1号

カープはいきなり先頭の丸がヒットを放つが、ここでいつも通りの送りバントではなく、強行策を選択。
ただ、この策は実らなかったがワイルドピッチなども絡み、ランナーをサードまで進めることができた。
点こそ入らなかったが、しょかいからプレッシャーを与えられたのは良い傾向。

2回にも先頭の梵のツーベースの後、小窪の死球でチャンスが続き、今度は廣瀬が送りバントを決める。
これで2回連続でランナーをサードまで進め、石原のサードゴロで村田が本塁悪送球をしてしまう。
これで一気に二者が生還し、カープが2点を先行。

初回のワイルドピッチと2回の悪送球は、やはり攻める姿勢を強く感じさせ、スコアリングポジションにランナーを進めているからこそ、相手にプレッシャーがかかりエラーを誘ってのもの。

ここまではチャレンジャーという立場のカープの積極的な攻めが効果を挙げている。

しかし、受けて立つ立場の巨人は勝負手を打ってきた。
先発の内海を4回で交代させ、5回から澤村を投入してきた。
澤村、山口、マシソン、西村というリリーフ陣からは、シリーズ通して1点取れるかどうかという顔ぶれ。
特に4回に1点を返し1点差とし、5回以降のカープの得点を封じて巨人ペースに持ち込もうという、初戦から全力で、出し惜しみすることなく選手起用してくる巨人の作戦に、カープは呑まれてしまった。

巨人に油断はなかったというのが正直な感想。
事前に伝え聞いていた、カープの勢いに警戒心を持っていたというのも、単なる社交辞令ではなかったのだろう。

ただ、個々のプレーに注目して見ると、小窪にエラーがあった以外は集中してプレーできており、村田の勝ち越しタイムリーの後、セカンド走者は廣瀬が刺して追加点は許さなかった。
大竹のピッチングも長打だけは打たれまいとして、徹底して低めを突いていた。
坂本にはホームランを打たれてしまうが、結果的に大量失点は防いでおり、先発の役目は果たしているのは間違いない。

7回の攻撃で山口からチャンスを作り、打ち取られはしたが、キラのライトフライも悪い当たりではなかった。
また9回の攻撃も、西村から代打の切り札岩本がレフト前にヒットを放ち、今後はランナーのいる場面での代打での期待は高まった。
最後は坂本の守備に同点のチャンスを阻まれゲームセットとなってしまったが、良い粘りを見せ、西村といえども絶対はないと、ある意味で自信を持って臨めるのではないかと思う。

その中で気になる点と言えば、横山の投球が、シーズン終盤のような抜け球が高目に入るケースが目立ったこと。
それに伴い、カープの勝ちパターンの継投の一角の横山が失点してしまったことだろう。
この1敗で横山の信頼が揺るぐことはないが、もし次回リードしている展開で登板し、同点あるいは逆転をされてしまうと、シリーズ敗退にかなり近付いてしまう。
慎重に見極める必要が出てきた。

もう一つは、シーズンの成績から巨人キラーと期待されていた菊池が、期待通り5打数4安打という活躍を見せたにもかかわらず敗戦し、記録は内野安打だったものの最後の打者になってしまったことでラッキーボーイ的な効力を失ってしまわないかという点。

この試合はシーズン序盤の巨人戦のような、良いところまで行くが、最後はどうやっても敗戦してしまうという感じの敗戦。
ただ、それでもシーズン終盤は、その悪い流れの敗戦を断ち切ってきた。
そのきっかけとなったのは、エース前田健太。
明日の先発が予想されるエースが、シーズン同様の巻き返しのきっかけを与えてくれることを期待したい。





【カープ情報】2013年広島カープCS試合日程および結果・野球中継一覧

2013年の広島カープのクライマックスシリーズ試合日程および試合結果、野球中継一覧表です。
CS初進出ということで、レギュラーシーズンとは別に掲載します。



対戦チーム球場試合開始結果・動画TV(地上波)TV(BS・CS)ネット中継
10月12阪神甲子園14:00結果・動画広島テレビBS1・GAORA 
13阪神甲子園14:00結果・動画 広島ホームBS1・スカイA 
14       
15       
16巨人東京ドーム18:00結果・動画 広島テレビ 日テレG+ 
17巨人東京ドーム18:00結果・動画 広島テレビ 日テレG+  
18巨人東京ドーム18:00結果・動画広島テレビ 日テレG+  
19巨人東京ドーム18:00 広島テレビ 日テレG+  
20巨人東京ドーム18:00 広島テレビ 日テレG+  
21巨人東京ドーム18:00 広島テレビ 日テレG+  
22       
23       
24       
25       
26       
27       
28       
29       
30       
31       
11月1       
2       
3       
4       

【カープ情報】2013.10.13 広島対阪神 CS1stステージ第2戦 全員野球で1stステージ突破

2013年10月13日に行われた、広島対阪神のクライマックスシリーズ1stステージ第2戦の試合結果

広島 000 002 131|7
阪神 100 000 012|4

勝 バリントン 1勝0敗
負 メッセンジャー 0勝1敗
S -

【本塁打】西岡1号、桧山1号

カープ先発のバリントンは、練習試合での不調が不安視され、また終盤からの体調不良からの回復具合が気になるところ。
その立ち上がりは、甘いコース、抜け球、逆球とやはり内容が良いとは思えない。
西岡に先頭打者本塁打を許し、大和、鳥谷に対しても制球に苦しむ場面が目立つ。

ただ、今季のバリントンはこの大崩れしてもおかしくない状態から、徐々に立て直していく粘りが持ち味。

対するメッセンジャーは、初回からエンジン全開という投球で、ほとんどの打者がストレートに振り遅れている。
この展開では、バリントンが追加点を許さないことと、何度もチャンスを作れるとは思えないため、次回のチャンスで一気に逆転しておかないと苦しくなる。

バリントンは2回もコントロールに苦しみ、なかなか軸になるボールが決まらない。
スライダーが抜けてボールになることで、阪神の打者はストレートに狙いを絞ったようなスイングで、ストレートは迷いなく振り抜いてくる。
しかし、ここでバリントンを救ったのはエルドレッド。
ランナー一塁から藤井がレフトオーバーの打球を放つが、背走しジャンピングキャッチで掴み取った。
スタートを切っていたランナーも戻りきれず併殺でピンチを切り抜けた。

3回には先頭の石原がヒットで出塁するも、バリントンの送りバントはキャッチャーのすぐ前に転がりセカンド封殺と、流れを呼び寄せることができない。

試合は中盤に入り膠着状態に入る。
メッセンジャーの出来が良いことでなかなかチャンスが掴めないが、バリントンが立ち直りつつあることに加え、エルドレッド、木村、菊池と守備で助けている部分も大きい。

この守備でリズムを作ったカープは、6回に入りようやくメッセンジャーを捉まえる。
先頭の菊池のツーベースを足がかりに、キラとエルドレッドのタイムリーで一気に逆転に成功。
なおも2アウト満塁のチャンスでは、バリントンの代打岩本が打ち取られ追加点は入らなかったことで、僅差で終盤の救援投手勝負に移って行く。

バリントンは投げ終わってみれば、コントロールの不安などがありながら打たれたヒットは西岡の先頭打者本塁打のみで、やはり守備陣のバックアップが大きかったと思える結果となった。

リードを保てていれば8回永川、9回ミコライオは決まりとして、6回と7回のマウンドには誰が向かうのか。

その6回のマウンドには横山が上がる。
シーズン終盤では、やや打ちこまれるケースもあった横山だったが、少し間隔が空いたことで僅かでもボールのキレが戻って来たようだった。

救援投手勝負とは言え追加点が欲しい状況には違いなく、7回には代わった安藤から先頭の丸が四球を選び、菊池が送るカープの1、2番コンビがチャンスを作ると、梵がライト線にタイムリースリーベースを放ち阪神を突き放す。
このライト線への打球で一瞬球場が静寂に包まれ、そしてフェアの判定の後に大歓声に包まれた。

その流れに乗って7回も横山が抑え切り、まずはリリーフ1番手は成功。

8回のカープの攻撃では、先頭の天谷のヒット、木村の送りバントがエラーを誘い、仕上げは代打小窪の2点タイムリースリーベースでダメ押し点を奪った。
この中で天谷と小窪は、シーズン当初は一軍登録を見送られていた選手。
共に悔しい思いを胸に秘め、ファームで練習を重ね堂々と一軍に上がってきている。
また、この両選手は過去のシーズンで守備で凡ミスをすることが目に付いていたが、天谷は無難な守備を見せるし、小窪もエラーこそ記録しているが、好プレーを見せる機会も多かったように思う。
それだけに、三塁打を放った小窪のガッツポーズにはゾクゾクさせられた。

1stステージ突破となる試合で、そういった選手の活躍があるのも感慨深い。

8回9回を任された永川、ミコライオが揃って失点したのは残念だったが、阪神の意地もあっただろうし、全員野球でカバーできているが故に次回登板の機会もあり、今度は抑えてくれると思う。

思えばCS初進出を決めた試合もバリントンが先発し、アメリカ時代の同僚エルドレッドが決勝本塁打を放った。
この試合でもエルドレッドのファインプレーがバリントンの立ち直るきっかけの一つとなり、またエルドレッドの勝ち越しタイムリーがバリントンの勝利投手を呼び込んだ。
この2人のコンビは、今後も継続して見てみたい。

といいつつも、今日の試合の勝利は全員の活躍があった。
チーム一丸の勝利と言っていいと思う。





Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター