カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【2012年全球団新外国人】
スポンサードリンク

2012年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2012年のペナントレースが終了したことを受け、2012年の新外国人選手について期待度を掲載していましたので、2012年の成績を踏まえて考察をしてみたいと思います。
2011年の新外国人選手についても同様の考察を以前に行っています。
(参考記事:2011年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2012年 全12球団 新外国人獲得リストと数値で見る期待度
(元記事から在籍していない選手を除き、簡単な成績を加筆した修正版はこのページ下部にあります)

★★★★★・・・<1選手>期待度が高いと判断したブラッド・ペニーでしたが、ご存じのとおり全くの論外に終わってしまいました。

★★★★☆・・・<4選手>ラスティングス・ミレッジ、スコット・マシソン、ブランドン・アレン、イ・デホ(李大浩)の4選手ですが、アレン以外は1軍で活躍できています、と言うより完全に主力選手ですね。 イ・デホに関しては打点王のタイトルを獲得していますし、マシソンは故障による離脱はありましたが、160キロの速球はインパクト大でした。

★★★☆☆・・・<14選手>ホルヘ・ソーサ、オーランド・ロマン、ジョン・ボウカー、エドガー・ゴンザレス、ニック・スタビノア、ウイリー・モー・ペーニャ、レニエル・ピント、テリー・ドイル、エンリケ・ゴンザレス、エステバン・ヘルマン、チャンス・ペク(白嗟承)、ルイス・テレーロ、ブランドン・ダックワース、ウィル・レデズマの14選手のうち、ソーサは終盤息切れをしたもののリリーフで抜群の安定感を誇り、ペーニャは打球の速さが話題となるなど打撃3部門でそれぞれ好成績を残し、ヘルマンは41盗塁を記録するなど、この3人は文句なしに合格点が与えられると思う。

また、ロマンはローテに定着してそこそこの成績は残し、ニックは打率こそ低く、また故障で離脱したが、1試合で3本塁打を放つなど短期間で本塁打を量産した。
この2人は可もなく不可もなくという成績だろうか。
その他の9人は、やや期待外れの成績と言わざるを得ないだろう。

★★☆☆☆・・・<9選手>ビクトル・ディアス、キャム・ミコライオ、ブラッド・エルドレッド、オスカー・サラサー、ボビー・クレイマー、ダスティン・モルケン、ランディ・ウィリアムズ、クリス・カーター、ダグ・マシスの9選手のうち、合格点を与えられるのはミコライオ、エルドレッド、ウィリアムズ、カーターの4人と、ぎりぎりでモルケンを加えた計5人かと思う。

★☆☆☆☆・・・<1選手>アンヘル・カストロ 1軍での出番もほとんどなく何とも言いようがないが、今季の戦力になったかと言われればNOだろう。

2012年の新外国人選手を振り返ってみて、期待度5としていたペニーがあっさり帰国してしまったことで、当ブログで期待度5を付けた選手は2年連続で期待を裏切る成績となってしまった。
このままでは曲がり屋という方向に行ってしまうかもしれない。

ただ期待度4を付けた選手については、まずまず好成績を残してくれたのではないかと思う。

期待度3を付けた選手は、全体数が多いこともあり期待外れと言わざるを得ない選手の方が多く、これは安全策を取らず期待度2への分類などを行うなど、来期以降の課題としたいと思います。

一方で期待度2を付けた選手の中で活躍した選手が多い印象がすると思うのは、少し言い訳をさせてもらうと、外国人枠の関係から出番が多くないのではないかと予想していたからです。
それがチャンスを掴み、少ないチャンスでしっかり結果を残したあたり、実力を見誤っていたのは間違いないです。
これは反省材料としたいと思います。

全体としては、新外国人選手として来日した選手は29人で、今季1軍で活躍あるいはまずまずの成績を残したのは13人と思います。(当ブログの主観です)
たった2年間の考察ですが、今のところ期待度5を付けた選手は期待値通りの働きが出来ないという結果が出てしまいました。
今後、変なデスブログ的にならないよう精進します。

また、楽天に加入したジム・ハウザー投手はタイミング的に新外国人選手の記事に反映させていませんでしたが、参考として、追記していたならば、
【楽天】
ジム・ハウザー投手・・・★★☆☆☆
としていたと思います。



↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑↓↑

<元記事(在籍していない選手を除き、簡単な成績を加筆した修正版)>

★★★★★・・・期待大
★★★★☆
★★★☆☆
★★☆☆☆
★☆☆☆☆・・・期待小

期待度は、1年目からタイトルに絡める活躍が出来そうかということを目安に考えて、管理人の主観と自分なりの分析結果に基いています。

投手であれば、最多勝、最優秀防御率、奪三振王、セーブ王など。
打者であれば、首位打者、本塁打王、打点王など。

<セ・リーグ>
【中日】
ビクトル・ディアス外野手 ★★☆☆☆・・・23打数4安打、打率.174、本塁打0、打点1
ホルヘ・ソーサ投手 ★★★☆☆・・・53試合に登板し、5勝1敗26HP4S、防御率1.85

【ヤクルト】
ラスティングス・ミレッジ外野手 ★★★★☆・・・476打数143安打、打率.300、本塁打21、打点65、盗塁9
オーランド・ロマン投手 ★★★☆☆・・・26試合に登板し、9勝11敗、防御率3.04

【巨人】
スコット・マシソン投手 ★★★★☆・・・40試合に登板し、2勝0敗10HP10S、防御率1.71
ジョン・ボウカー外野手 ★★★☆☆・・・184打数36安打、打率.196、本塁打3、打点10
エドガー・ゴンザレス内野手 ★★★☆☆・・・174打数41安打、打率.236、本塁打4、打点19

【阪神】
対象選手なし

【広島】
ニック・スタビノア外野手 ★★★☆☆・・・181打数43安打、打率.238、本塁打9、打点24
キャム・ミコライオ投手 ★★☆☆☆・・・61試合に登板し、3勝5敗18HP21S、防御率2.79
ブラッド・エルドレッド内野手 ★★☆☆☆・・・225打数59安打、打率.262、本塁打11、打点35

【DeNA】
オスカー・サラサール内野手 ★★☆☆☆・・・27打数6安打、打率.222、本塁打0、打点1
ボビー・クレイマー投手 ★★☆☆☆・・・2試合に登板し、0勝1敗、防御率10.80



<パ・リーグ>
【ソフトバンク】
ブラッド・ペニー投手 ★★★★★・・・1試合に登板し、0勝1敗、防御率10.80
ウイリー・モー・ペーニャ外野手 ★★★☆☆・・・461打数129安打、打率.280、本塁打21、打点76
レニエル・ピント投手 ★★★☆☆・・・2試合に登板し、1勝1敗、防御率7.36
アンヘル・カストロ投手 ★☆☆☆☆・・・3試合に登板し、0勝0敗、防御率6.00
テリー・ドイル投手 ★★★☆☆・・・3試合に登板し、1勝1敗、防御率3.55
ブランドン・アレン内野手 ★★★★☆・・・35打数6安打、打率.171、本塁打0、打点1

【日本ハム】
ダスティン・モルケン投手 ★★☆☆☆・・・21試合に登板し、2勝1敗11HP、防御率3.27

【西武】
エンリケ・ゴンザレス投手 ★★★☆☆・・・16試合に登板し、2勝5敗3S、防御率7.04
ランディ・ウィリアムズ投手 ★★☆☆☆・・・55試合に登板し、4勝3敗29HP4S、防御率1.70
エステバン・ヘルマン内野手 ★★★☆☆・・・507打数137安打、打率.270、本塁打3、打点60、盗塁41
クリス・カーター内野手 ★★☆☆☆・・・126打数37安打、打率.294、本塁打4、打点27

【オリックス】
チャンス・ペク(白嗟承)投手 ★★★☆☆・・・1軍登板なし
イ・デホ(李大浩)内野手 ★★★★☆・・・525打数150安打、打率.286、本塁打24、打点91

【楽天】
ルイス・テレーロ外野手 ★★★☆☆・・・525打数150安打、打率.286、本塁打24、打点91
ブランドン・ダックワース投手 ★★★☆☆・・・6試合に登板し、3勝1敗、防御率3.22
ジム・ハウザー投手 ★★☆☆☆・・・58試合に登板し、1勝2敗23HP1S、防御率3.17

【ロッテ】
ダグ・マシス投手 ★★☆☆☆・・・6試合に登板し、1勝4敗、防御率6.49
ウィル・レデズマ投手 ★★★☆☆・・・1試合に登板し、0勝0敗、防御率18.00

スポンサーサイト

【ソフトバンク】ブランドン・アレン内野手の成績

2012年の新外国人選手として、ソフトバンクがシーズン途中での獲得を目指すと報じられたブランドン・アレン内野手の成績

3Aでの通算成績では、三振率が.255でペーニャ並みの数字が残っているが、BB/Kについては.650とまずまず優秀な数字だ。

三振は多いが、四球も選べるタイプで2010年には3Aで25本塁打を放っているように長打力も持ち合わせている。
高打率と低打率のシーズンが両極端に存在することから、成長途上ということも言えると思う。

また、同2010年には14盗塁を記録しているように、走塁に関しても高い意識を持ってプレーしているようだ。

守備面では、一塁手または外野手(主にレフト)を守っているが、一塁手に関しては守備率.987、簡易RF9.08と名手とまではいかないが、守備が弱点となるような選手ではなさそう。

全体的な成績を見るに、まだまだ伸び代がありそうな選手でもあり、日本でどれくら飛躍できるか楽しみな存在になりそう。

 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
200938145478112326020250.324 0.413 0.641 10550.800 0.172
 1561164018000130.262 0.262 0.377 6390.000 0.213
201010737197183258614483950.261 0.405 0.528 9330.874 0.256
20111040102136002110.250 0.286 0.575 8610.182 0.275
 833049321418667464900.306 0.427 0.579 10060.711 0.296
2012291223291414004320.262 0.286 0.451 7370.125 0.262
3A通算28210432956210632122781732660.283 0.390 0.543 9320.650 0.255
 試合打数安打二塁打三塁打本塁打打点盗塁盗塁死四球三振打率出塁率長打率OPSBB/K三振率
20093210421704140012400.202 0.284 0.385 6690.300 0.385
201022451230160010200.267 0.393 0.400 7930.500 0.444
2011112950037107130.172 0.351 0.483 8340.538 0.448
 4114630923112011550.205 0.259 0.356 6160.200 0.377
201210202001300290.100 0.182 0.250 4320.222 0.450
メジャー通算11634470192124130421370.203 0.290 0.375 6650.307 0.398




【ロッテ】ダグ・マシス投手の成績

2012年の新外国人選手として、シーズン途中での獲得を目指すと報じられたダグ・マシス投手の成績

メジャー経験はあるが、ほとんどがリリーフ登板となっているが、3Aでは先発ローテーションを守っている。
140キロ中盤のストレートを軸に変化球をコーナーに散らせて打たせて取るピッチングスタイル。

コントロールも破綻はなく、三振をどんどん奪っていく投球スタイルではないため、先発として長めのイニングを消化していく方が適性がありそう。

 試合先発防御率セーブイニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2007320310.66 012.2 152682.13 4.27 5.69
20081010513.35 053.2 20714361.21 2.35 6.04
20091110422.84 057.0 18315381.39 2.37 6.00
20101815575.66 089.0 56731541.65 3.13 5.46
201144016.33 021.1 1519101.69 3.80 4.22
 1313043.60 065.0 26531541.48 4.29 7.48
20121918764.07 0101.2 461236591.50 3.19 5.22
3A通算787221244.41 0400.0 196371422591.50 3.19 5.82
 試合先発防御率セーブイニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
200884216.85 022.1 1731492.28 5.64 3.63
2009242013.16 142.2 15410251.15 2.11 5.27
2010130116.04 022.1 15711101.84 4.43 4.03
メジャー通算456334.84 187.0 471435441.61 3.61 4.53

【ロッテ】ウィル・レデズマ投手の成績

2012年の新外国人として、ロッテがシーズン途中での獲得を目指すと報じられたウィル・レデズマ投手の成績

3Aを飛び越えて、一気にメジャー昇格を果たした素質に恵まれた選手。
ただ、ここまでの成績を見る限り、左腕で剛球投手で奪三振は非常に多いのだが、コントロールに難がある感じで、一言で表すならば、荒いという印象。

若手時代には先発投手として起用される機会が多かったが、徐々にリリーフでの起用が増えており3Aでもここ5年間はリリーフ専門となっている。

完全に守護神として配置されたシーズンはないようだが、3Aでの成績表(ページ下部)の通り特に最近の3シーズン連続で奪三振率が10個以上という奪三振率の高さと、1イニング限定で起用するならギリギリ許容範囲の与四球率だけに、クローザーとして残りのシーズン限定でなら通用しそうだ。

ただ、ここ2年間はリリーフで登板し、2011年が被本塁打7本、2012年はすでに被本塁打6本という数字が残っており、一発に泣くケースも多かったようで、この辺りが防御率悪化の一因なのだろう。
日本では、ここまで本塁打を警戒する必要はないのかもしれないが、3A同様に詰めの甘さが出れば守護神としての働きは厳しいのかもしれない。





 試合先発防御率セーブイニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
20051110535.29 051.0 30327441.55 4.76 7.76
20061212432.52 071.1 20623661.16 2.90 8.33
2008110104.41 116.1 814201.10 2.20 11.02
2009180024.19 119.1 9012172.12 5.59 7.91
2010350010.94 838.1 4119501.02 4.46 11.74
2011360114.50 348.0 24619641.42 3.56 12.00
2012380336.99 337.1 29721481.71 5.06 11.57
3A通算1612214133.96 16282.0 124241253091.39 3.99 9.87
 試合先発防御率セーブイニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2003348375.79 084.0 541235491.60 3.75 5.25
2004158434.39 053.1 26318291.37 3.04 4.89
20051010247.07 049.2 391024301.71 4.35 5.44
2006247333.58 060.1 24523391.38 3.43 5.82
2007(ブレーブス)120027.72 09.1 81471.71 3.86 6.75
2007(タイガース)230314.80 035.2 19426241.79 6.56 6.06
2007(パドレス)91006.28 014.1 1028161.95 5.02 10.05
2008256024.47 054.1 27438491.60 6.29 8.12
200830000.00 04.0 00341.25 6.75 9.00
200950009.53 05.2 61482.12 6.35 12.71
2010270036.86 019.2 1526221.58 2.75 10.07
2011500015.00 06.0 101763.00 10.50 9.00
メジャー通算1924015255.40 0396.0 238451962831.60 4.45 6.43

【楽天】ブランドン・ダックワース投手の成績

2012年の新外国人選手として、楽天がシーズン途中での獲得を発表したブランドン・ダックワース投手の成績

36歳で現役という年齢が示す通り、メジャーでの経験も豊富な投手で、3A、メジャーを問わず先発としての登板が多い。
メジャーでは2002年に先発ローテーションとして8勝9敗、防御率5.41という成績を残している。
もっとも、メジャーでローテーション投手として活躍した期間は、2002年から2003年の2年間で、その2年間以降は谷間の先発か、リリーフに配置転向となっている。

3Aでの成績についても、先発として二桁勝利を記録したのは2001年の13勝2敗の1年のみで、後は8勝が最高となっている。
ただ、今季2012年はシーズン途中でありながらすでに9勝を記録しており、防御率、与四球率、奪三振率など先述の2001年を除けばキャリアの中でも高いレベルの数字が残っている。

3Aでのプレー期間11年間で66勝47敗と、メジャー登録期間の長さも影響してずば抜けた数字上の成績は残していないが、負けが先行したシーズンは3回しかなく(2007年の0勝1敗も含む)、勝てる投球が出来る、勝負所が分かっているクレバーな投手という印象を持った。

四球で自滅するタイプではないが、抜群のコントロールという訳でもなく、剛球で三振を積み重ねていくスタイルでもなく、それでもこれだけのキャリアを積み重ねて来られたのは、簡単に負けない投手という側面がありそうだ。

ブランドン・ダックワース投球動画・Duckworth's solid start【MLB.com】

成績表下部にバリー・ボンズ対ブランドン・ダックワース【youtube】

 試合先発防御率セーブイニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
200122201322.63 0147.0 4314361501.07 2.20 9.18
200333213.37 018.2 734141.34 1.93 6.75
20041413555.53 070.0 431028631.56 3.60 8.10
20052019864.62 0115.0 591737891.52 2.90 6.97
20061212832.42 074.1 20423571.21 2.78 6.90
200733013.60 015.0 621150.87 0.60 9.00
200827175114.75 1134.2 7123491031.34 3.27 6.88
20092019365.31 0105.0 621237671.35 3.17 5.74
20102516543.32 0105.2 395451021.32 3.83 8.69
20112221863.97 0118.0 521142881.31 3.20 6.71
20122118923.17 0110.2 391235931.31 2.85 7.56
3A通算18916166473.91 11014.0 4411133378411.31 2.99 7.46
 試合先発防御率セーブイニング自責点被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
20011111323.52 069.0 27229401.25 3.78 5.22
20023029895.41 0163.0 9826691671.45 3.81 9.22
20032418474.94 093.0 511244681.53 4.26 6.58
2004196126.86 039.1 301113231.73 2.97 5.26
2005720111.02 016.1 2047101.90 3.86 5.51
2006108156.11 045.2 31324271.88 4.73 5.32
2007263354.63 146.2 24323211.59 4.44 4.05
200877334.50 038.0 19219201.50 4.50 4.74
メジャー通算1348423345.28 1511.0 300632283761.53 4.02 6.62






Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター