デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】2013ウエスタンリーグ
スポンサードリンク

【カープ情報】ウエスタンリーグ情報 キラ2安打、鈴木誠也打率リーグ4位

2013年7月5日のウエスタンリーグ、広島対オリックスの試合で久々にキラが3番ファーストでスタメン出場し、4打数2安打1打点2三振という成績だった。

1打席目(1回表)はライト前にタイムリーヒット
2打席目(3回表)は変化球でタイミングを外されての三振
3打席目(6回表)は左腕の八木の前にインコースを攻められ振り遅れの三振
4打席目(8回表)も同じく八木との対戦で、エンドランで無理やりインコースを捌くスライス打法で、打った本人は打球の行方を見失うが、三遊間突破のレフト前ヒット。

栗原もヒットは放つものの、アウトコースのボールをファールでカウントを稼がれ、最後はインコースで打ち取られたり、左腕の八木のインコースに腰を引いての見逃し三振があったりと、打席での内容は厳しいように見えた。
ヒットの打球もアウトコースに踏み込んではなく、手打ちでバットに乗せてセンター前に運んだ打球で、技術で打ったヒットにだろうと思う。

鈴木誠也は3回の1打席目にセンター前ヒットを放つが、下半身の粘りがあるため、体勢を崩されながらもバットは振り抜けている。
この試合終了後の打率は.288となり、これはウエスタンリーグでは4位の成績となっている。
また打点も27でリーグ2位、当然チームトップの数字を残している。

後は磯村がアウトコースにしっかりと踏み込んでセンター前ヒットを放っているが、もう少しスイングに力強さは欲しい感じだが、打ち方は悪くなさそう。









スポンサーサイト

【カープ情報】キラ4打数1安打デビュー【ウエスタンリーグ】

広島カープの新外国人選手、キラ内野手が6月22日のウエスタンリーグ、中日戦で実戦デビューを果たした。

4打数1安打1四球1打点で、中堅越えのフェンス直撃のヒットを放っている。
当たりが良過ぎたのか、塁上の状況が分からないが、センターオーバーでシングル止まりというのは情報通りということなのだろうか。
また、四球も1つと持ち味である選球眼も発揮している。
守備は本職の一塁だったが、今後は外野の守備にも就く予定。

ウエスタンリーグでは、カープのチーム打率は.273と高打率を維持しており、その中でも會澤、小窪、ルイスは.350以上の打率を残し1軍に合流していった。

一方で実績組の栗原は打率.238、天谷は打率.262と苦しんでいる。
特に栗原は、調子が上がって来ないというより、タイミングの取り方、ボールとの間合いといった感覚のズレのようなものに見える。

チーム打点王はルーキーの鈴木誠也で、打率も.274と出場機会に恵まれていることもあるが、打つ方ではまずまず結果を残し続けている。
四球が少ないことと、守備ではサードで8個、ショートで6個のエラーが記録されており、これは課題としてどんどん成長していってほしい。

【カープ情報】ニック指名打者・代打要員で5月19日のロッテ戦から1軍昇格の見込み

広島カープのニックが、早ければ指名打者制で行われる5月19日のロッテ戦から1軍に登録させる見込みということだ。

5月16日のウエスタンリーグでの中日戦で、4打数3安打、1本塁打、2打点という結果を残し、ウエスタンでの通算成績も、54打数12安打、打率.222、4本塁打、9打点としている。

4月の後半までは、怪我のためウエスタンリーグでの試合を欠場しリハビリを行っていたが、復帰後は徐々に調子を上げてきている。
復帰後の通算成績は39打数9安打、打率.231、3本塁打、5打点ということで打率こそ物足りないが、長打力は十分に発揮している。

もっとも守備、走塁に関しては全力疾走が出来る状態にはなく、ウエスタンリーグでは守備に就いているが、1軍ではまず守る機会はないだろう。

現在のウエスタンでは栗原が4番を打っているが、まだ外の変化球への対応が万全ではなさそうで、直ぐに一軍登録されるという状態までは来ていないように思う。

また開幕前に右脚を故障し、リハビリ中だったルーキー下水流が戻ってきている。
試合出場はまだ3試合で6打数1安打という成績だが、盗塁を1つ決めており、脚の不安を打ち消すことが出来つつあるという状況だろうか。

同じくルーキーの鈴木誠也は、現在32試合に出場し、110打数30安打、打率.268、本塁打は0、7打点、3盗塁という成績。
出場試合数と打席数はチーム最多となっている。
開幕前の教育リーグや練習試合での活躍ぶりからすれば、盗塁3個というのはちょっと物足りない気もするが、サード、ショートでの守備も含め、まだまだ伸び代がありそうで楽しみな存在。

ニック打数安打本塁打打点四球三振打率出塁率
5月16日431201  
5月15日100000  
5月14日310000  
5月9日522300  
5月8日200021  
5月7日410001  
5月5日400001  
5月4日310001  
5月3日100000  
5月2日410002  
5月1日300010  
4月30日300010  
4月28日100000  
4月27日100000  
復帰後通算39935470.2310.302












【カープ情報】ウエスタンでニック、栗原、會澤が本塁打【動画】

2013年5月9日のウエスタンリーグ、広島対ソフトバンク戦で、ニックが1試合2本塁打、栗原、會澤もそれぞれ1本塁打を放った。

ニックに関しては、完全な状態とは言えないが、復帰後に一塁守備をこなしており、少なくとも交流戦のDH出場には問題がなさそうだ。

選手の入れ替えについては、中日三連戦での結果も影響してくると思うので何とも言えないが、岩本は中日の先発が左腕の大野、山本昌であってもスタメン起用を示唆されている。

となれば、外野手では4番の廣瀬は確定として、右の迎がスタメンに入れば、後は丸、ルイス、中東、赤松、松山というメンバーの中から一人。
これまでであれば赤松の起用もあったと思うが、さすがに対左でも結果が出ない以上スタメンでの起用は考えにくい。
菊池、丸、梵、廣瀬、岩本、迎、堂林、石原というスタメンだろうか。

要するにルイスのスタメンのチャンスは、三連戦中1試合になる可能性があり、余程のインパクトを残さないと交流戦前に一旦ファームで再調整になるのでは、と思う。
ただ、これも外国人選手枠の絡みもあり、ソコロビッチの投球内容如何で状況が変わる。

また、対左投手用のスタメンを組んだ時、ベンチに残っている右打ちの野手は小窪、倉、赤松、上本の4人。
代打の切り札的な役割を担える打者として考えると迫力不足は否めないし、ファームで本塁打を放ったとは言え、登録抹消期間内ということも含め栗原を即上げられる状態でない。
1軍の試合で、体の開きの早さを指摘されていて、ホームランを放った打席でも同じようなバッティングフォームに見えた。
たまたま真ん中高め付近で、体が開いてもバットが届く範囲にボールが来たので打てたという感じにも見えるので、調子が上がっているのかどうかはまだ判断が付かない。

そう考えると右の代打要員で、會澤も候補になってくると思う。

この中日との三連戦で交流戦用の戦い方の方向性も見えてくると思うので、勝敗とともに選手の起用法についても注目したい。









【カープ情報】2013年ウエスタンリーグ開幕戦~3月28日の個人成績

3月28日 広島 5 - 2 阪神  勝 野村

前回のレポートからは1試合のみ試合が行われ、5試合で3勝2敗となった。
ファームでの動きとしては、松本が左アキレス腱の断裂で、おそらく今季絶望という負傷。

ニックがファーストの守備に付き、打撃面でも徐々に振りが鋭くなり、24日の初ホームランに続き、28日の試合でもツーベースを放ち、大きい当たりが出始めてきた。

また、28日の試合は野村が先発し、6回2失点とオープン戦で大崩れした状態からは脱することが出来たようで、次回は予定通り1軍で先発することになる模様。

ソコロビッチも怪我で出遅れたが、150キロの荒れ球という投球から一変、ストライク先行で抑えきり、ウエスタンで初セーブを挙げている。



 打数安打打点三振四死盗塁打率本塁打
松本3210010.667  
5320000.600  
野村2100000.500  
小窪21830000.381  
天谷16500510.313  
土生7202210.286  
上本16413200.250  
庄司4101000.250  
磯村4110200.250  
栗原8221000.250  
會澤9211000.222 1
ニック15342100.200 1
岩本17223100.118  
鈴木(誠)14105000.071  
高橋4001100.000  
2001000.000  
森下2001000.000  
中谷2000000.000  
4001000.000  
美間0000000.000  
大竹2001000.000  
横山0000000.000  
中村(真)1001000.000  
今村0000000.000  
ミコライオ0000000.000  
武内0000000.000  
菊地原0000000.000  
ソコロビッチ0000000.000  
合計1583717241430.234 2


投手S打者球数安打三振四死自責防御率
青木   1 1/39201    0100.00
梅津   2 2/3104212200.00
菊地原   2    81820100.00
ソコロビッチ  13    10361    2000.00
上野    1/31101000.00
戸田1  6    229634200.00
大竹1  6    2510544200.00
横山   1    62020000.00
今村   1    370    0000.00
ミコライオ   1    41511000.00
武内   1    3000000.00
中村(恭)   6    26906    3123.00
野村1  6    25050023.00
岩見 1 5 1/3242293235.06
岸本 1 1 2/3101541115.40
合計32144 1/318648739211281.62
Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター