カンジタ 治療

デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【2013年全球団新外国人】
スポンサードリンク

2013年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2013年のペナントレースが終了したことを受け、2013年の新外国人選手(移籍・再入団・残留選手は除く)について期待度を掲載していましたので、2013年の成績を踏まえて考察をしてみたいと思います。
2011年、2012年の新外国人選手についても同様の考察を以前に行っています。
(参考記事:2011年新外国人選手の結果と期待度についての考察  2012年新外国人選手の結果と期待度についての考察

2013年 全12球団 新外国人獲得リストと数値で見る期待度

★★★★★・・・<0選手>
★★★★☆・・・<6選手>マニー・アコスタ、マット・クラーク、キラ・カアイフエ、ナイジャー・モーガン、ブライアン・ラヘアー、アンドリュー・ジョーンズの6選手です。

セ・リーグ4位タイの25本塁打を放ったクラーク、来日から3試合連続本塁打とインパクト大のキラ、シーズン中盤からチームの主軸となったモーガン、中盤以降失速したものの春先は本塁打を量産したラヘアー、年間を通して4番を守り打撃でチームを引っ張ったジョーンズ。
ラヘアーの成績は1年目として見ても評価の分かれるところだと思いますが、アコスタ以外の選手に関してはチームへの貢献度は高いと思う。



★★★☆☆・・・<14選手>ホセ・ロペス、ダニエル・カブレラ、エクトル・ルナ、クリス・ラルー、ミゲル・ソコロビッチ、フレッド・ルイス、ブレイン・ボイヤー、ミチェル・アブレイユ、ジャスティン・トーマス、ライアン・スピルボーグス、ポール・オセゲラ、ケーシー・マギー、ケニー・レイ、ブランドン・ディクソンの14選手。

文句なしの成績を残したのが、アブレイユとマギー。離脱期間があったので若干のマイナスはあるもののロペスも十分な成績。
故障による離脱前までは、ルナも首位打者を取ろうかという勢いだった。

カブレラとディクソンは故障に苦しんで年間を通して力を発揮できなかったが、登板時にはまずまずの投球は出来ていたように思う。
来季も先発ローテ入りに近い位置にいる投手ではないだろうか。
オセゲラは1軍での登板が少なかったが、終盤に先発で3連勝するなど来季に向けての足がかりは作っている。

ラルー、ソコロビッチは故障のためほとんど登板できず、ルイス、スピリー、トーマス、レイ、ボイヤーは実力を発揮できないままシーズンを終えた。

14選手中、7選手が今季の実績が文句なし、あるいは来季さらにステップアップできそうな選手ということになりそう。

★★☆☆☆・・・<8選手>ブラッド・バーゲセン、ワーナー・マドリガル、ブルックス・コンラッド、ティム・コーコラン、ビセンテ・パディーヤ、スティーブ・ハモンド、ビニー・ロティーノ、ブラッド・ミルズ
★☆☆☆☆・・・<0選手>
なんとか成績らしい成績を残しているのは、マドリガルのみという状態となっている。

2012年度は★★からまずまず期待以上の成績を残してくれた選手が出ましたが、2013年度はほぼ全滅となってしまっています。
これは昨年の反省から、外国人枠の関係で出番が少なそうという理由で期待度2に分類したであろう選手を、期待度3として記載したことにあります。

あくまで星付けは当ブログの主観で、活躍したと思われる選手の選別も主観で行っています。
あの選手は、数字には表れない部分でもっとチームに貢献していた、ということもあろうかと思いますが、ご容赦ください。
活躍度合いは、
★★★★★は該当なし。
★★★★☆は4/6(ラヘアーを除く)
★★★☆☆は7/14
★★☆☆☆は1/8(マドリガルのみ)
★☆☆☆☆は該当なし。

個人的には無難な結果が出たのではないかと思います。

反省点としては、期待度3に位置付けるというのは若干安全策を取っているところがあるので、この期待度3の精度を上げて行ければなと思います。
スポンサーサイト

【ソフトバンク】ポール・オセゲラ投手の成績

ソフトバンクが、2013年の新外国人選手として、シーズン途中での獲得を発表したポール・オセゲラ投手(29)の成績

身長183cm、体重81キロ。左投げ左打ち。

メジャー経験はないが、マイナーやインディーでは先発投手としてキャリアを積んでいる。

3Aには2013年のシーズンに初めて昇格しているが、マイナー通算の与四球率、奪三振率などから見ても先発として試合を作る能力が非常に高そう。

持ち球はチェンジアップ、カーブで、特にカーブは縦の変化が鋭く、140キロ中盤のストレートとの緩急を操っての投球術が持ち味。

これまでは、コントロールで苦しんだシーズンもなさそうで、低めに丁寧に投げる投球を心掛けているかのように見える。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2006(A-)1602123.72 29.0 122509391.17 2.79 12.10
2007(A+)272610603.54 157.2 6214510351321.14 2.00 7.53
2008(AA)1983204.58 57.0 2954729451.46 4.58 7.11
2009(A)331101.89 19.0 41315250.95 2.37 11.84
2009(A+)17177703.77 105.0 4491921971.07 1.80 8.31
2010(Ind)14114503.82 77.2 3384924641.39 2.78 7.42
2010(A+)772406.16 38.0 2649216371.71 3.79 8.76
2011(Ind)202011504.53 113.1 5711616471021.44 3.73 8.10
2012(Ind)242412602.52 146.2 411297361461.12 2.21 8.96
2013(AAA)19198703.00 123.0 4112010371241.28 2.71 9.07
マイナー通算10880332823.71 528.2 218497391524991.23 2.59 8.50
AAA通算19198703.00 123.0 4112010371241.28 2.71 9.07
インディー通算5855271603.50 337.2 131329321073121.29 2.86 8.33






【オリックス】ブラッド・ミルズ投手の成績

オリックスが、2013年の新外国人選手として、シーズン途中での獲得を発表したブラッド・ミルズ投手(28)の成績

身長183cm、体重84キロ。左投げ右打ち。

メジャー、マイナーを問わずキャリアのほとんどが先発での登板となっている投手。

3Aでの通算与四球率は2.99と3個を下回っているが、先発専門の投手として考えるとある程度コントロールは纏まっているが、制球力で勝負できるほどの絶対的な数字ではなさそう。

持ち球はチェンジアップ、カーブ、カットボール。

ストレートの最速は145キロで、平均球速も140キロ前後とストレートで勝負するタイプではない。

ミルズ投手の特徴は変則的なフォーム。グラブをはめた右手を大きく前方に突き出し幻惑させるような大きなフォームからの140キロのストレートと大きなカーブのコンビネーションが持ち味。

慣れるまでは球の出所が分かりずらい印象を受ける。



 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2007(A-)622002.00 18.0 4906210.83 3.00 10.50
2008(A)15156302.55 81.1 2371328921.22 3.10 10.18
2008(A+)664001.35 33.1 525212351.11 3.24 9.45
2008(AA)663201.10 32.2 424212321.10 3.31 8.82
2009(AAA)14142804.06 84.1 3883635721.40 3.74 7.68
2010(AAA)20208604.97 112.1 6211815431001.43 3.45 8.01
2011(AAA)242411904.00 157.1 7016120391361.27 2.23 7.78
2012(AAA)211951005.86 109.0 711331340671.59 3.30 5.53
2013(AAA)18177503.87 97.2 4292929731.24 2.67 6.73
マイナー通算130123484303.96 725.0 319716702446281.32 3.03 7.80
AAA通算9794333804.55 560.0 283587631864481.38 2.99 7.20
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
20092201014.09 7.2 12144692.61 7.04 10.57
2010731005.64 22.1 1420213181.48 5.24 7.25
2011541209.82 18.1 2023412181.91 5.89 8.84
2012111000.00 5.0 030060.00 0.00 10.80
メジャー通算15103307.81 53.0 46601031511.72 5.26 8.66






【日本ハム】ジャスティン・トーマス投手の成績

日本ハムが、2013年の新外国人選手として、シーズン途中での獲得を発表したジャスティン・トーマス投手(29)の成績

身長191cm、体重100キロ。左投げ左打ち。

先発もリリーフも数多く経験しており、使い勝手は非常にいい投手。

コントロールも纏まっており、三振も取れる。

ただ、全てにおいて平均的で特別な武器があるというようにも見えない。

ストレートの最速は150キロとのことだが、平均的には140キロそこそこの球速のようでスピードで勝負するタイプではない。

球種もスライダー、チェンジアップ、カットボール、シンカーを操り、この中でもスライダーとシンカーは低めに沈んでいき、ボールの角度も良く、この2種類のボールがウイニングショットとなりそう。

タイプ的には中日の山本昌投手が近い感じだ。





 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2005(A-)1863303.81 59.0 2563220481.41 3.05 7.32
2006(A)11115503.10 61.0 2169417511.41 2.51 7.52
2006(A+)17179404.10 105.1 4810810451111.45 3.84 9.48
2007(AA)24244905.51 119.1 7314711611001.74 4.60 7.54
2008(AA)25177704.32 118.2 5711611561061.45 4.25 8.04
2008(AAA)712113.71 17.0 71529211.41 4.76 11.12
2009(AAA)5302464.48 60.1 3067540531.77 5.97 7.91
2010(AAA)4005042.48 54.1 1533410510.79 1.66 8.45
2011(AAA)6308233.89 69.1 3066424591.30 3.12 7.66
2012(AAA)3062113.45 57.1 2249320491.20 3.14 7.69
2012(AAA)400003.38 5.1 250050.00 0.00 8.44
2013(AAA)16163604.48 84.1 4292834681.49 3.63 7.26
マイナー通算308985042154.14 809.0 372830643367221.44 3.74 8.03
AAA通算213232214153.85 346.0 148327261373061.34 3.56 7.96
 試合先発セーブ防御率イニング自責点被安打被本塁打与四球奪三振WHIP与四球率奪三振率
2008800106.75 4.0 390222.75 4.50 4.50
20101200106.23 13.0 9213552.00 3.46 3.46
2012700007.71 4.2 4100242.57 3.86 7.71
2012400009.00 3.0 321131.00 3.00 9.00
メジャー通算3100206.84 25.0 1942410142.08 3.60 5.04








2013年 全12球団 新外国人獲得リストと数値で見る期待度

2013年 全12球団 新外国人獲得リストと数値で見る期待度

★★★★★・・・期待大
★★★★☆
★★★☆☆
★★☆☆☆
★☆☆☆☆・・・期待小

各選手の個別記事については、カテゴリー、または選手名をクリックしてください。
期待度は、1年目からタイトルに絡める活躍が出来そうかということを目安に考えて、管理人の主観と自分なりの分析結果に基いています。

投手であれば、最多勝、最優秀防御率、奪三振王、30ホールド、セーブ王など。
打者であれば、首位打者、本塁打王、打点王など。

また、国内移籍、残留選手については、期待度を表示しません。

<参考データ>
2012年の期待度の結果と考察)・(2011年の期待度の結果と考察

<セ・リーグ>
【巨人】
マニー・アコスタ投手(31)・・・★★★★☆
ホセ・ロペス内野手(29)・・・★★★☆☆
<残留>
D・J・ホールトン投手
スコット・マシソン投手
林イー豪投手
ジョン・ボウカー外野手

【中日】
ブラッド・バーゲセン投手(27)・・・★★☆☆☆
ダニエル・カブレラ投手(31)・・・★★★☆☆
エクトル・ルナ内野手(32)・・・★★★☆☆
マット・クラーク内野手(26)・・・★★★★☆
ワーナー・マドリガル投手(29)・・・★★☆☆☆
<残留>
ビクトル・ディアス外野手

【ヤクルト】
クリス・ラルー投手(29)・・・★★★☆☆
<残留>
トニー・バーネット投手
オーランド・ロマン投手
ラスティングス・ミレッジ外野手
ウラディミール・バレンティン外野手

【広島】
ミゲル・ソコロビッチ投手(26)・・・★★★☆☆
フレッド・ルイス外野手(31)・・・★★★☆☆
キラ・カアイフエ内野手(29)・・・★★★★☆
<残留>
ブライアン・バリントン投手
キャム・ミコライオ投手
ブラッド・エルドレッド外野手
ニック・スタビノア外野手

【阪神】
ブルックス・コンラッド内野手(32)・・・★★☆☆☆
ブレイン・ボイヤー投手(31)・・・★★★☆☆
<残留>
ジェイソン・スタンリッジ投手
ランディ・メッセンジャー投手
ロバート・ザラテ投手
マット・マートン外野手

【DeNA】
ナイジャー・モーガン外野手(32)・・・★★★★☆
ティム・コーコラン投手(35)・・・★★☆☆☆
<残留>
王溢正投手
アレックス・ラミレス外野手
<移籍>
ホルヘ・ソーサ投手(前中日)
エンジェルベルト・ソト投手(前中日)
トニ・ブランコ内野手(前中日)



<パ・リーグ>
【日本ハム】
ミチェル・アブレイユ外野手(34)・・・★★★☆☆
ジャスティン・トーマス投手(29)・・・★★★☆☆
<残留>
ダスティン・モルケン投手
ブライアン・ウルフ投手
ボビー・ケッペル投手
マイカ・ホフパワー外野手

【西武】
ライアン・スピルボーグス外野手(33)・・・★★★☆☆
<残留>
ランディ・ウィリアムズ投手
エステバン・ヘルマン内野手
ホセ・オーティズ内野手
<再獲得>
クリス・カーター内野手
<移籍>
デニス・サファテ投手(前広島)
ブライアン・シコースキー投手(前西武)

【ソフトバンク】
ビセンテ・パディーヤ投手(35)・・・★★☆☆☆
ブライアン・ラヘアー内野手(30)・・・★★★★☆
ポール・オセゲラ投手(29)・・・★★★☆☆
<残留>
ブライアン・ファルケンボーグ投手
陽耀勲投手
ウイリー・モー・ペーニャ外野手
エディソン・バリオス投手(29)(育成枠から7月31日に支配下登録)


【楽天】
アンドリュー・ジョーンズ外野手(35)・・・★★★★☆
ケーシー・マギー内野手(30)・・・★★★☆☆
ケニー・レイ投手(38)・・・★★★☆☆
<残留>
ダレル・ラズナー投手
ブランドン・ダックワース投手
ジム・ハウザー投手

【ロッテ】
<残留>
セス・グライシンガー投手
ウィル・レデズマ投手
カルロス・ロサ投手
ジョシュ・ホワイトセル内野手
<移籍>
ディッキー・ゴンザレス投手
クレイグ・ブラゼル内野手(前阪神)

【オリックス】
ブランドン・ディクソン投手(28)・・・★★★☆☆
スティーブ・ハモンド投手(30)・・・★★☆☆☆
ビニー・ロティーノ外野手(32)・・・★★☆☆☆
ブラッド・ミルズ投手(28)・・・★★☆☆☆
<残留>
シュウ・ミンチェ(許銘傑)投手
アルフレド・フィガロ投手
アレッサンドロ・マエストリ投手
アーロム・バルディリス内野手
イ・デホ(李大浩)内野手
<移籍>
マイク・シュルツ投手(元広島)
ホセ・フェルナンデス内野手(元楽天)



2013年7月31日現在
履歴
7月31日 追記
7月25日 追記
7月21日 追記
7月19日 追記
7月8日 追記
6月22日 追記
6月16日 追記
6月14日 追記
6月11日 追記
6月4日 追記
5月27日 追記
5月2日 追記
1月4日 掲載
Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター