デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP > 【カープ情報】2012フェニックスリーグ(秋季教育リーグ)
スポンサードリンク

【カープ情報】2012.10.29 広島対斗山 フェニックスリーグ第17戦(最終戦)

2012年10月29日に行われた、広島対斗山のフェニックスリーグ第17戦の試合結果

広島 300 200 000|5
斗山 001 000 300|4

【本塁打】なし

【広島】齊藤-富永-伊東-弦本-金丸
【斗山】

<短評>
このフェニックスリーグで、全戦通して好調を維持していた菊池、岩本、松山、土生に加え、3番打者として堂林が機能したことで、打線がつながり先制攻撃で3点を奪うことに成功した。
昨日、松山は安打数の割に打点が少ないという話題を出した途端のタイムリーということで、良い締めくくりになったのではないかと思う。

ただ、この試合は投打ともリーグ戦通じて好調だった選手とそうでない選手の成績が、もろに数字に表れたような結果が出た。
特に投手では、齊藤が最終登板でもピリッとしなかったし、伊東はこの試合を含め、登板した4試合すべてで失点している。
伊東の与四球率11.12はプロの投手として疑問の残る数字だ。

一方で金丸はこの日も無失点で投げ切り、これでフェニックスリーグ自責点0を達成した。
秋季キャンプでも大いに期待したい選手として、注目が集まるのは間違いないのではないだろうか。
また、富永も登板機会は少なかったが、失点したのは初戦の1点のみと、秋季キャンプでチャンスを伺える位置は掴んだように思う。



打者通算成績
名前打数安打打点三振四死盗塁打率出塁率本塁打
松山542186220.3890.411 
土生552095400.3640.407 
岩本7023127320.3290.3562
菊池581988560.3280.381 
白濱30817200.2670.313 
會澤491253600.2450.3271
堂林5613710540.2320.2952
13313310.2310.375 
安部461028140.2170.2341
中村(憲)5712411330.2110.250 
庄司39822310.2050.262 
6113200.1670.375 
鈴木26413220.1540.214 
磯村18201400.1110.273 
中村(亘)3000100.0000.250 
チーム計580156617746250.2690.3236

投手通算成績
名前投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責防御率WHIP奪三振率与四球率
金丸12 1/34115646300.000.574.382.19
中田6248537400.001.1710.506.00
武内18692581212510.500.946.002.50
中崎17662511311321.060.945.821.59
富永83411684311.131.384.503.38
池ノ内1145192814521.641.1811.454.09
福井114014178221.640.826.551.64
篠田1257205135643.001.583.754.50
戸田2210135822101293.681.554.094.91
岩見836154511744.501.5012.387.88
弦本5186461235.401.601.803.60
齊藤14712532756117.072.363.213.86
伊東5 2/33513712471117.473.356.3511.12
チーム計15063723701409865503.001.375.883.90


スポンサーサイト

【カープ情報】2012.10.28 広島対日本ハム フェニックスリーグ第16戦

2012年10月28日に行われた、広島対日本ハムのフェニックスリーグ第16戦の試合結果

日ハム 020 001 200|5
広 島 001 300 04×|8

【本塁打】なし

【日ハム】上沢-植村-大塚
【広島】戸田-中田-福井

<短評>
先制され、逆転し、また逆転されるも、8回裏に再逆転し、クローザーが締めて勝利。
試合展開としてはスリリングで、劇的な勝ち方と言えるだろうが、エラーや四球絡みの失点が多く、内容としてはグダグダとも思える。
先発戸田にしても、1年目ということを考えればまずまずという投球はしているのだが、課題のコントロールが安定しない今の状態で1軍に呼ばれてキャンプを過ごすという手応えには乏しい。

福井も徐々にセットアッパーとしての経験が積み上がってきただろうし、秋季キャンプで仕上げをして、出来れば不安のない状態で春季キャンプに入って、そこでは調整程度になるとベストかと思う。

打線では久々スタメンの安部が2安打。バットが湿ったままフェニックスリーグが終了しては消化不良になるかと思っていたが、ここにきての2安打は何とか後につながった格好だろう。

また、この日は出番のなかった松山が、チーム内で打率トップをキープした。
オープン戦で首位打者をとったときの成績が、62打数25安打、打率.403、1本塁打、8打点、3四球、7三振というもので、内容とすれば似通っているかなという印象。
どうも、安打数の割に打点が少なかったり、四球が少ないというのは打撃スタイルのもたらす結果なのだろうが、守備・走塁面を含めスタメンで起用するには、使い勝手が難しいという感じを受ける。
左の代打の1番手というポジションが合っているのかなと思ってしまう。



打者通算成績
名前打数安打打点三振四死盗塁打率出塁率本塁打
松山511966220.3730.396 
土生511784400.3330.382 
岩本6622127320.3330.3622
菊池541877460.3330.379 
白濱28717200.2500.300 
會澤451153600.2440.3331
安部421028130.2380.2561
13313310.2310.375 
堂林5212610440.2310.2862
中村(憲)5512411330.2180.259 
庄司38822310.2110.268 
6113200.1670.375 
鈴木24413220.1670.231 
磯村18201200.1110.200 
中村(亘)3000100.0000.250 
チーム計546146567542240.2670.3206

投手通算成績
名前投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責防御率WHIP奪三振率与四球率
金丸124015446300.000.584.502.25
中田6248537400.001.1710.506.00
武内18692581212510.500.946.002.50
中崎17662511311321.060.945.821.59
富永6279974311.501.676.004.50
池ノ内1145192814521.641.1811.454.09
福井114014178221.640.826.551.64
篠田1257205135643.001.583.754.50
戸田2210135822101293.681.554.094.91
岩見836154511744.501.5012.387.88
弦本3.3333124141238.101.802.705.40
齊藤11571962414108.182.550.823.27
伊東3.66672499836819.643.827.3614.73
チーム計14159822331309362462.941.365.943.96

【カープ情報】2012.10.27 広島対DeNA フェニックスリーグ第15戦

2012年10月27日に行われた、広島対DeNAのフェニックスリーグ第15戦の試合結果

広島 010 010 001|3
DeNA 400 111 00×|4

【本塁打】なし

【広島】中崎-池ノ内-金丸
【DeNA】加賀美

<短評>
2試合続けて堂林が3番に座った。
走力、長打力面から考えると、将来的には3番が適しているようにも思える。
もちろん、そのためには三振数の減少、出塁率の向上は最低限の条件になってくるだけに、今後の自身の課題ポイントとも一致する。

また、ここまで好投が続いていた中崎だが、この試合はエラーをきっかけに一気に4失点。タイムリー3本に犠牲フライ1本と、ずるずると失点を重ねてしまった。

もっとも崩れたのは初回のみで、後は立て直した辺りは良かったと思う。
現時点では1軍の有力候補の一人だが、まだ確実に1軍と言う立場ではないだけに、結果よりも失敗を糧に成長していくことが大事になるだろう。

リリーフでは、最近の3試合中2試合で失点していた池ノ内だが、この日は文句なし。
2奪三振と、相変わらず高い奪三振率を誇っている。
コントロールを乱すと失点につながっている状況が続いていただけに、無四球で投球すると通用する見本のような結果だと思う。
そして、金丸がこの日も無失点継続。これで10試合連続無失点となった。



打者通算成績
名前打数安打打点三振四死盗塁打率出塁率本塁打
松山511966220.3730.396 
土生471784300.3620.400 
岩本6121117320.3440.3752
菊池491647450.3270.377 
白濱28717200.2500.300 
13313310.2310.375 
庄司35822210.2290.270 
會澤40943600.2250.3261
安部37828120.2160.2371
堂林471049430.2130.2752
中村(憲)5110411330.1960.241 
6113200.1670.375 
鈴木23313110.1300.167 
磯村16201200.1250.222 
中村(亘)3000100.0000.250 


投手通算成績
名前投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責防御率WHIP奪三振率与四球率
金丸124015446300.000.584.502.25
中田4165323300.001.256.756.75
武内18692581212510.500.946.002.50
中崎17662511311321.060.945.821.59
富永6279974311.501.676.004.50
池ノ内1145192814521.641.1811.454.09
福井103712977221.800.906.301.80
篠田1257205135643.001.583.754.50
戸田1672246166873.941.503.384.50
岩見836154511744.501.5012.387.88
弦本3 1/3124141238.101.802.705.40
齊藤11571962414108.182.550.823.27
伊東3 2/32499836819.643.827.3614.73

【カープ情報】2012.10.25 広島対ヤクルト フェニックスリーグ第14戦 試合結果

2012年10月24日に行われた、広島対ヤクルトのフェニックスリーグ第14戦の試合結果

ヤクルト 000 100 001|2
広  島 010 000 11×|3

【本塁打】岩本2号、堂林2号、雄平

【ヤクルト】
【広島】武内-金丸-福井

<短評>
岩本と堂林のアベックホームランが飛び出し、残り少なくなってきたフェニックスリーグで一応の手応えを感じていることだろう。
本来もっとアピールが必要となる打者に元気がなかったのは気掛かりだが、2013年の1軍の得点力アップには、岩本、堂林の長打力は不可欠となるだろうから、まずは良い締めくくりをして秋季キャンプに臨んでほしい。

また、フェニックスリーグで3度目の先発となる武内は、これで3試合連続の好投となった。
3試合の投球回数は、6回、5回、7回で失点したのはこの日の1点のみ。
武内は法政大学の抑え投手として、即戦力の期待を受けて今村、堂林に次ぐドラフト3位で入団し、今季で3年目となる
。ウエスタンリーグでも先発機会が増えており、今後は先発として1軍を狙っていくのだろうか。

また、金丸は安定の無失点継続。怪我で今季を棒に振った左腕の秘密兵器が、満を持して秋季キャンプに乗り込んでいく。
福井は、雄平のソロホームランにより1点を失ったが、ガタガタと崩れていかないようにするのが今後の、セットアッパーとしての地位を確立するために必要となる。
そういった意味では、本塁打の後にピンチを招いたのは反省材料だと思うが、以前ほど簡単に崩れる印象はなくなってきている。この印象付けというのが他球団に対して有効に働いてくるはず。




打者通算成績
名前打数安打打点三振四死盗塁打率出塁率本塁打
土生431673300.3720.413 
岩本5720117320.3510.3832
松山471666210.3400.367 
菊池451447450.3110.367 
白濱24616200.2500.308 
堂林431048430.2330.2982
13313310.2310.375 
庄司31712210.2260.273 
會澤36833600.2220.3331
安部37828120.2160.2371
中村(憲)4710410330.2130.260 
6113200.1670.375 
鈴木23313110.1300.167 
磯村16201200.1250.222 
中村(亘)3000100.0000.250 

投手通算成績
名前投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責防御率WHIP奪三振率与四球率
金丸103412745200.000.604.501.80
中田4165323300.001.256.756.75
武内18692581212510.500.946.002.50
中崎124216579010.750.586.750.00
富永6279974311.501.676.004.50
福井103712977221.800.906.301.80
池ノ内1042176812521.801.3010.804.50
篠田1257205135643.001.583.754.50
戸田1672246166873.941.503.384.50
岩見836154511744.501.5012.387.88
弦本3 1/3124141238.101.802.705.40
齊藤11571962414108.182.550.823.27
伊東3 2/32499836819.643.827.3614.73

【カープ情報】2012.10.24 広島対斗山 フェニックスリーグ第13戦 試合結果

2012年10月24日に行われた、広島対斗山のフェニックスリーグ第13戦の試合結果

広島 003 000 000|3
斗山 201 003 30×|9

【本塁打】なし

【広島】齊藤-岩見-弦本-伊東-富永
【斗山】

<短評>
岩本が3試合連続ノーヒット。反動が来ているという感じだ。8試合連続ヒットを放った後、どういう打撃になるか見ものだと書いたことがあったが、この波の大きさは今後も課題となってくるだろう。
とは言え、それでも打率.340を維持し、チーム最多の10打点を挙げているのだから、新井新コーチの指導で開花して貰いたい選手には違いない。

また、松山、菊池、土生の打率上位の選手は揃ってヒットを放っており、ますます好調の打者と不調の打者の差が大きくなってきた。
特に打率4位の岩本と、打率5位の會澤の打率が1割以上も差が開いている。
今季内野のレギュラー争いの足がかりを作った安部にしても、来季はまた一からの争いには違いないだろうが、昨年のフェニックスリーグで打撃好調だった堂林が春の1軍のキャンプ帯同となったことを考えると、チャンスが当たり前のようにある立場ではないだけに、あまりうかうかもしていられない。

投手は、ちょっと惨状が目につく試合だった。
以前も書いたこともある内容だが、
齊藤の被打率・・・19.7本
伊東の与四球率・・・14.73
岩見の奪三振率・・・12.38
岩見の与四球率・・・7.88

ちょっと言葉が出てこない。



打者通算成績
名前打数安打打点三振四死盗塁打率出塁率本塁打
土生411673300.3900.432 
松山431664210.3720.400 
菊池411446450.3410.400 
岩本5318106320.3400.3751
會澤34832600.2350.3501
13313310.2310.375 
白濱22515200.2270.292 
中村(憲)4510410330.2220.271 
安部37828120.2160.2371
堂林39838420.2050.2791
庄司28512200.1790.233 
6113200.1670.375 
磯村13201200.1540.267 
鈴木21313100.1430.182 
中村(亘)3000100.0000.250 

投手通算成績
名前投球回 打者 球数 安打 三振 四死 自責防御率WHIP奪三振率与四球率
金丸93011134200.000.564.002.00
武内114114677200.000.825.731.64
中田4165323300.001.256.756.75
中崎124216579010.750.586.750.00
福井93211957211.000.787.002.00
富永6279974311.501.676.004.50
池ノ内1042176812521.801.3010.804.50
篠田1257205135643.001.583.754.50
戸田1672246166873.941.503.384.50
岩見836154511744.501.5012.387.88
弦本3 1/3124141238.101.802.705.40
齊藤11571962414108.182.550.823.27
伊東3 2/32499836819.643.827.3614.73
Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター