デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP >
スポンサードリンク

【カープ情報】2020.07.18 広島対ヤクルト 公式戦4回戦 床田要所で逆球、5回持たずKO

2020年7月18日に行われた、広島対ヤクルトの公式戦4回戦の試合結果

ヤクルト 110 033 001|9
広  島 101 000 020|4

勝 小川 4勝0敗
負 床田 1勝2敗
S -

【本塁打】なし

床田の立ち上がりは、コースヒット、詰まらせた当たりがポテンヒット、スライダーの失投をセンター前ヒット。
3連打でノーアウト満塁のピンチを背負い、村上にスライダーが内に入ったところを捉えられライト前タイムリーヒット。
ただストレートは低めに決まっており、結果程内容が悪いとは思えない。
ライナーゲッツーで息を吹き返し、1回を24球1失点とまずまずの立ち上がりとなった。

一方のカープは、連打、進塁打、犠牲フライと、最低限の得点の奪い方で同点に追い付き、2回から仕切り直しが出来る展開に持ってこれた。

しかし、2回は牽制悪送球はあったものの、小川に逆球のストレートを逆方向へ弾き返され、ライト前タイムリーヒット。
低さはいいが、初回からストレートが逆球となっている分だけ、ヒットゾーンに飛ばされてしまっている。

ともかく、仕切り直しの2回に、しかもエラー絡みで勝ち越されたことで、試合の流れはヤクルトへ行ってしまう。
流れをつかむためには、勝ち越し機に一気に突き放すしかないが、小川相手には同点までは持って行けたが、勝ち越すには至らず。
そして中盤以降は、完全に試合の流れがヤクルトにわたってしまい、突き放される一方。

ケムナの投球と、どれだけ粘られてもストレートを投げ続け、力で捻じ伏せた島内の投球が救いの試合だった。

また、個人的な意見で申し訳ないが、今はテレビ観戦をしている。
メガホンかカンフーバットかは分からないが、物を叩くような音が続き、前田さんには申し訳ないがテレビの音を消して観戦した。
理解のできないリズムの音を常に聞かされる状態というのが、どれ程身体に影響を与えられるのか、実体験させられた。

スポンサーサイト



Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター