デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP >
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.02.19 紅白戦 

2017年2月19日に行われた、紅白戦の試合結果(3回0-0から試合開始)

紅 000 000 300|3
白 000 200 011|4

勝 -
負 -
S -

【本塁打】なし

福井と岡田の先発で、3回0-0という状況で始まった紅白戦。
福井の立ち上がりは、ストライクゾーンにボールが集まり、ストライク先行のピッチング。
2アウトからメヒアが、インコース低めのストレートをレフト前ヒットを放つが、これは昨日本塁打を放ったコースに近かった。
ここまで、メヒアがローボールヒッター、バティスタがハイボールヒッターという特徴が出ている。

そして福井はランナーを出してから、ややバランスを崩すようなシーンも見られたが、基本的にはストレートの走りは悪くない。
スプリットもストライクゾーンから低めに落ちて、コースにも決め切れており、内容は悪くない。

また、岡田のピッチングは、ストレートの球威は福井にも劣らず、カットボールも左打者のインコースによく食い込んでいる。
スライダーも右打者のアウトローにしっかり決めきっており、甲乙付けがたい立ち上がりを見せてくれた。

福井は2イニングを問題なく抑えたが、岡田の2イニング目は、ストレートが真ん中に集まってしまう。
ほとんどの打者が初球のストレートを狙い打っており、會澤が右中間突破の2点タイムリーを放ち、船越もストレートをライト前ヒット。
2イニング目は極端に変化球が少なくなっており、何らかの意図を持ってストレート中心で勝負に行ったと思うが、ファールにすることが出来なかったと言うことは、コースが甘かったと捉えるべきだろう。

さて、白組の2番手はルーキーの床田。
少なくともコントロールに苦しむ様子はなく、纏まったタイプの投手という印象。
投球テンポもよく、先発としての適性は高いように思えた。

紅組の2番手もルーキーの加藤。
前評判通り、ストレートの威力は感じ、高めでもファールに出来るため、軸になるボールがあるのはセールスポイントになる。
スライダー、フォークでもカウントを稼げるだけに、先発、リリーフのどちらでも起用できる可能性が残ったように思う。

白組の3番手はブレイシア。
ただ、コントロールに苦しむ場面が多く、ややストライクを取りに行くようなストレートのため、前評判ほどの威力は感じない。
2アウトから、高めに浮いたところを捉え、石原がセンターオーバーの二塁打を放つと、磯村はフルカウントから四球を選び、2アウト1、2塁。
田中はファールで粘った末に、レフト線へ落とすタイムリーで1点を返す。
堂林は初球のストレートを捉えて、レフト前2点タイムリーヒットを放ち、紅組が逆転。

昨日の薮田、塹江も同じようにストレートを捉えられていた様に、コントロールに不安なく投げ込めるかどうか、次の登板で修正してくれることを期待したい。

紅組3番手は一岡で、ストレートをどんどんストライクコースに投げ込んでくる。
會澤のピッチャー返しが、グラブをかすめてコースが変わり、帽子のつばに当たるというヒヤリとした打球があった。
直撃を避けて事なきを得たが、順調に来ている投手だけに、怪我がなくて何より。

白組4番手は中村恭。
2番手で床田を見ているだけに、投球テンポの違いと、大きく外れるボールがあったり、ストライクが取れるとしても、インコースには決めきれない投球の違いが感じられた。
それでも2イニングを無失点に抑え、悪くはないのは間違いないが、昨年までも良いときはこれくらいの投球は出来ている投手。
どれだけ長く良い状態をキープできるか、というところが焦点になってくる。

紅組4番手はオスカル。
ストレート、変化球のコントロールは、どちらもそこそこ纏まっているし、ピンチを背負っても逃げている様子は見られない。
それでも、もう一つ安定感が欠けている様に見えるのは、インコースを突く投球が見られなかったためか。
バティスタには、外から曲げてくるスライダーを、溜めてレフト前に運ばれるタイムリーヒットを打たれて、同点になる。

また、この試合では、下水流のファースト、菊池のサード、庄司のセカンドといった守備では、良い動きが見られたが、バティスタのファースト守備はもう少し向上の余地がありそうに思えた。
昨日の練習試合でも、メヒアがわずかに一二塁間よりのゴロを処理しきれなかったが、この日のバティスタも同じようにゴロの処理が拙かった。

紅組5番手は藤井。
好調の安部のレフト前ヒットは、高め要求のボールが、甘く入ったコントロールミスのボールを捉えたもの。
それ以外でも、逆球があったり、捕手の要求とは違うボールが多く、安定感と言う点では、まだこれからという状態だろう。
1アウトから西川のヒットで、1アウト1、3塁となり、一打サヨナラの場面が訪れる。

打席に向かうのは會澤で、守備側からすると、狙ってゲッツーが取れれば最高の場面。
しかし、追い込んでから逆球があったり、狙い通りのコースに投げられない。
犠牲フライも許されない場面で、追い込んでから高めにストレートを投げてしまう辺り、まだ勉強することは多そうに感じた。

スポンサーサイト
Google検索
【デタスポ内記事検索】


広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター