デタスポ.com

スポーツ関連のニュースからデータを分析するサイトです。主にプロ野球(特に広島カープ)に関しての話題を取り扱おうと思っています。
デタスポ.com TOP >
スポンサードリンク

【カープ情報】2017.09.23 広島対巨人 公式戦25回戦 薮田、野手との信頼関係を強めるピッチングで15勝目

2017年9月23日に行われた、広島対巨人の公式戦25回戦の試合結果

巨人 000 101 000|2
広島 100 200 00×|3

勝 薮田 15勝3敗
負 畠 6勝3敗
S 中崎 4勝1敗9S

【本塁打】丸23号、小林2号

カープ先発の薮田の立ち上がりは、陽、マギー、坂本の3人連続で外野へフライが上がる。
マギーのライトフライは、野間の守備が十分活かせたが、逆に坂本のレフトフライはバティスタの守備の綻びが出た。
アウトコースのカットボールをバットの先で拾った打球で、失速して沈んでいく打球に対し、追い付きながらも簡単にグラブだけを出してボールをこぼした。
後続を打ち取って大事には至らなかったが、ボーンヘッドとも言える守備は、初回に出てしまった以上、残りイニングは集中して守ってもらいたい。

そしてカープの初回の攻撃は、田中、菊池は畠のスライダーにはタイミングが合わず、低めのストレートを打たされてともにショートゴロ。
低めのストレートはなかなか捉えるのが難しい球威があると思った矢先、丸はインコースのベルトの高さのストレートを捉えると、やや詰まり気味の打球にも思えたが、そのままライトスタンドに飛び込む先制本塁打となった。

そして薮田の2回表のピッチングは、ここのところカープの先発投手陣の仕様ともなっている、2イニング目の突発的なコントロールの乱れが出る。
2アウトまでは簡単に奪ったが、小林、畠に連続四球。
陽に対してもコントロールが戻り切るとまではいかなかったが、それでもフルカントから低めのフォークで空振り三振を奪い、ピンチを脱する。

3回は立ち直りの兆しを見せ、4回も順調に2つのアウトを取ったが、ここで落とし穴。
小林に真ん中低めのストレートを引っ張られ、レフトスタンドへの本塁打を浴びる。
失投というほどのボールではなかったが、タイミングがばっちり合ってしまった。

同点に追い付かれた直後の4回裏、今度は先頭の菊池がアウトコースのスライダーをバットの先で引っ掛けてレフト前に運ぶと、丸は四球を選んでノーアウト1、2塁。
ここで牽制悪送球があって、ノーアウト2、3塁に場面が変わり、松山はインコース低めのボール気味のフォークを上手く捉えてライト前タイムリーヒットで勝ち越し。
松山ならではのバットコントロールが、ここで出た。
さらにバティスタのライトへの犠牲フライでもう1点追加し、すぐさまリードを奪い返した。

薮田は6回表に併殺崩れの間に1点返されるが、投球自体は全般的にまずまず。
ただ、100球を超えた7回表には、ボールが浮き始めた。
1アウトから陽にはカーブを上手くライト前に運ばれたが、続くマギーにはスリーボールから高めに浮いたカーブをレフト前ヒット。
正直、ホームランボールのようなコースだったが、打球が上がらなくて助かった。
そして、1アウト1、2塁で坂本を迎え、薮田はこのイニングが最後ということになりそうで、球速が上がった。
しかし、追い込んでからのカットボールが高めに浮き、センター返しの強い打球が二遊間を襲う。
ここで菊池がポジショニングの妙で追い付き、4-6-3のゲッツー完成。
薮田は、守備に助けられ、7回2失点で投げ終えた。

思えば、初回のバティスタのエラーで招いたピンチは、薮田が投ゴロをがっちり捕球して凌ぎ、逆に7回表のピンチは味方の守備で救われた。

そして、8回表はジャクソンが登板。
今村がセットアッパーとして登板するには、まだ復調出来ていないということもあるだろうが、CSに向けてジャクソンをセットアッパーとして起用するプランも可能性が高くなってきているのだろう。
昨年のシーズン終盤は、ジャクソンの体調面を考慮して登録抹消する時期もあったが、今季はここからジャクソンが調子を上げられれば、少しでも終盤の投手リレーへの不安が薄れる。

そして、昨日はジャクソンに対し、磯村が常にジャクソンにミットを向けたまま真ん中に構えて見せたが、會澤はコースに寄ってミットを構えるのは投球の直前。
昨日はストレートでも空振りが取れていたが、今日は空振りが取れない。
スライダーも大きく外れるケースが増えている。
途端に不安定なピッチングに映ってしまうのは、ジャクソンの調子が、昨日と今日で違っているわけではなさそう。
少なくとも、今日に関しては會澤のミットの構えが早いケースでは、ストレートがミットに吸い込まれるように決まっていた。
最後は代打石川から、抜けたスライダーで空振り三振を奪い、ピンチは作ってしまったが、無失点で抑えた。

9回表は中崎が登板。
四球2つでピンチを招くなど、少し制球が乱れる場面はあったが、狙ったコースよりも絶対に甘くならないように気を付けての投球。
失投はほぼなく、坂本を狙い通りのインコースへのツーシームで併殺打に仕留めてゲームセット。

今日は打線活発という訳にはいかなかったが、大事なところで一本が出た。
そして、エラーが出ても投手がカバーし、その信頼関係が結局は守り勝ったという試合に繋がった。





スポンサーサイト
Google検索
【デタスポ内記事検索】


2017年優勝決定日
2017年セ・リーグ
優勝決定日
9月18日

2017年9月18日更新
広島カープネットラジオ中継
RCCラジオのネット中継radiko

カープの公式戦はネットラジオで中継

テレビ中継がない日はネットラジオ!
カテゴリ
カープニュース
スポンサードリンク

プロフィール

デタスポ

Author:デタスポ
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター